• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オイリー肌のメイクは下地で変わる!化粧下地の選び方と塗り方

Date:2018.01.23

この記事のタイトルとURLをコピーする
オイリー肌のメイクは下地で変わる!化粧下地の選び方と塗り方|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/oilyhadashitaji5799/

肌を保護し、化粧の仕上がりをきれいにしてくれる化粧下地は、メイクには必ず必要になるアイテムです。

肌に一番初めに接するコスメですから、自分の肌質にあったものを選ぶ必要があります。しかし、下地の持つ効果や色味を見ても、どれがどの肌に向いているかが分かりにくいコスメでもあります。

今回は、オイリー肌の人の人に向いている化粧下地の特徴や、正しい化粧下地のぬり方等を紹介していきます。

オイリー肌の人の中には、必要性を感じられないからといって化粧下地を使わない人もいますが、化粧下地は崩れにくいメイクを作るには重要なアイテムです。

オイリー肌でも崩れにくいメイクを作りたい、よりきれいな肌を作りたい人は、ぜひ参考にして下さい。


オイリー肌に良い化粧下地の選び方

まずは、オイリー肌に適した化粧下地の選び方を紹介していきます。化粧下地には様々な効果があり、その中から自分の肌に合った効果を持っている化粧下地を選ぶ必要があります。

ここではオイリー肌向けの化粧下地の効果を紹介していきます。

まずはオイリー肌用下地を試そう

一番間違いがないのが、オイリー肌用に作られた化粧下地です。

テカリや皮脂の分泌を適度に抑える効果があるタイプが多く、メイクを長持ちさせてくれます。ドラッグストア等で化粧下地を探す際は、まずはオイリー肌用下地を探すといいでしょう。

オイリー肌向け下地がない場合は、オイリー肌用下地と同じ効果のある下地を選ぶようにして下さい。オイリー肌用下地と同じ効果のある下地は、以下のような特徴を持っています。

油分が少ない物もオイリー肌向き下地

オイリー肌用と明記されていなくても、油分が少ない、皮脂を吸着する成分が配合されている等の特徴がある場合、オイリー肌用下地として使う事ができます。

皮脂が多い状態になっているオイリー肌に油分が多いタイプの化粧下地を使ってしまうと、化粧崩れをしやすい状態を作ってしまいます。

オイリー肌の場合は、できるだけ油分が少ないタイプを選ぶようにして下さい。

保湿よりも、

  • 化粧崩れに強いタイプ
  • 皮脂を吸着するパウダーが配合されているタイプ

がおすすめです。

ニキビや毛穴汚れが気になるなら、毛穴をふさがない処方の物を

化粧下地の中には肌をきれいに見せる為に毛穴を埋めるような成分が配合されている事があります。

しかし、皮脂が毛穴に詰まりやすいオイリー肌の人が使ってしまうと、肌トラブルの原因となってしまうのです。

オイリー肌でニキビができやすい人や、毛穴汚れが目立ちやすい人は、

  • 毛穴を塞ぐ成分が入っていないタイプ
  • ニキビができにくい成分が配合されているタイプ

を選びましょう。

抗酸化作用のある成分が配合されている物もおすすめ

化粧下地には肌を健やかな状態に保つ成分が配合されている事があります。そうしたタイプでおすすめなのが、抗酸化作用のある成分が配合されている化粧下地です。

皮脂は紫外線や酸素によって刺激を受けると酸化し、変色します。オイリー肌の人は普通の状態の肌よりも皮脂が多いので、この酸化の影響を受けやすいのです。

化粧をしてしばらくすると肌の色がくすんで見えてしまう人や、化粧崩れが気になる人は、抗酸化作用のある成分を含んでいる化粧下地を使うと、これをある程度防ぐ事ができます。

紫外線による刺激が気になる人はUVカット効果の高いタイプを選ぶといいでしょう。

肌色が気になる人は、コントロールカラーも使おう

皮脂の酸化によるくすみや、炎症による赤みが肌に起きている場合は、コントロールカラーを使うときれいにメイクする事ができます。

くすみが気になる場合は、肌に透明感を与えてくれるパープルやブルー系の下地を使うときれいになります。

ブルー系は肌の赤みを軽減する効果もあるので、おすすめです。肌の色や赤みの状態によっては、グリーン系の下地も有効です。

毛穴が気になる場合はイエロー系の下地を使うと目立たなくなります。

肌の状態によっては、複数のコントロールカラーを使った方がよい場合もあります。

量は少量を、均等に

化粧下地は適量が決まっています。使い方の項目に書いてある適量を守って使用するようにして下さい。化粧下地の量が多いと化粧崩れの原因となります。

化粧下地を塗るときは、まず手の甲に化粧下地をとり、そこからスポンジで少量を顔の5点に置きます。

  • 両頬

頬は少し多めに置くようにすると、丁度良い量で均一に塗る事ができます。

毛穴を埋めるようなイメージで塗る

化粧下地を塗っていく際は、毛穴を埋めるようなイメージで塗っていきます。

下記の点に注意しましょう。

  • 額に置いた分は生え際に向かって伸ばしていく
  • 鼻に置いた分は鼻筋に化粧下地を塗ってから、小鼻に塗り込む
  • 両頬は中心から外へ、下から上へ塗るときれいに塗る事ができる
  • 顎も同様に、フェイスラインに沿いながら下から上へ塗る

目の周りや口の周りは動きやすい分ヨレやすいので、他の部分よりも薄めに塗るようにして下さい。

最後に余分な成分を拭き取ろう

最後に、ティッシュを顔に優しく押し付け、余分な油分や化粧下地を拭き取ります。ファンデーションは下地が肌になじんでから塗るようにしましょう。

ファンデーションを塗る時も、こすらずに肌に叩き込むようにして塗ると、よりきれいに塗る事ができます。

オイリー肌こそ、肌に合った下地と塗り方が大切

オイリー肌の人の中には、下地を使わない人もいます。

しかし、化粧崩れが起きやすいオイリー肌の人こそ、肌に合った化粧下地と正しい化粧自他時の塗り方が大切です。

自分の肌に合った、正しい化粧下地を使うようにして下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする
オイリー肌のメイクは下地で変わる!化粧下地の選び方と塗り方|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/oilyhadashitaji5799/

この記事をシェアする

関連記事

コメント