• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男ウケするメイクの仕方。ポイントは「目」と「口」にある!

Date:2018.10.12

この記事のタイトルとURLをコピーする
男ウケするメイクの仕方。ポイントは「目」と「口」にある!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/otokoukemake4562/


デートや合コン、パーティーなど、男性と一緒の場に出かける時にはいつもよりメイクに気合が入りますね。男性に少しでも「かわいいな」、「きれいだな」と思ってもらえるとうれしいものです。

そんな、いわゆる“男ウケメイク”の正しいやり方を、あなたは知っていますか?男性と女性は価値観が異なるので、好みも美しさを感じるポイントも異なります。

それを理解していないと、男ウケとはかけ離れたメイクになってしまう可能性もあります。この記事では、男性の価値観をふまえて男ウケするメイクの仕方をご紹介します。


男性と女性の感覚の違いを知ってメイクに活かそう

普段、私たちはビジネス用やプライベート用など、TPOに応じてメイクの仕方を分けていますが、一般的に女性のメイクは男性からどのように思われているのでしょうか。

トレンドのメイク=男ウケするメイクとは限らない!

毎年、雑誌やSNSはトレンドのメイクの情報でにぎわいます。「自分では選ばないかも?」と思った色や、「自分にはハードルが高いかも…」と思うテイストのこともありますが、挑戦するのはとても楽しいですよね。

巷でトレンドのメイクをしている女性がたくさんいるのだから、男性もそれを当たり前のものとして受け入れているかのように思いますが、実はそうでないことが多いのです。

トレンドのメイクとは女性に人気なのであって、決して男ウケを意識したものではありません。仮にトレンドのメイクが男ウケする場合は、たまたまその時のトレンドが男性の好む傾向に合っていた、ということになります。

男性と女性では好みや視点が違う!

ここで、近年トレンドになったメイクから、男性があまり好みとしないものの例をご覧いただきましょう。

  • 赤いリップ
  • 二日酔いチーク
  • 太眉

いかがでしょうか。こうして見てみると、なんとなく共通点がありませんか?これらはすべて、パーツを濃いめにしたものです。

つまり、男性は濃いメイクや濃く見えるメイクが苦手で、さらに言えばナチュラルメイクを好む傾向があるということです。

「男性にとっての美人はかわいい人、女性にとっての美人はかっこいい人」という言葉があります。同じ美人でも、かわいいのとかっこいいのでは全く違う雰囲気になります。男女で美意識の感覚が大きく異なるのがわかりますね。

男ウケするメイクはナチュラルメイクが基本!

男ウケメイクはナチュラルメイクと思っていただいてほぼ間違いありません。今まで、男ウケを意識して派手なメイクになってしまっていた方は、メイクの方向性を少し変えてみましょう。

ナチュラルメイクというと、ほとんど何もしないのかと思ってしまいますが、それは本当に何もしていないのではなく「していないように見せている」のです。

男ウケを狙うなら、作り込んだように見えない「ナチュラル風メイク」を目指しましょう。それでは具体的なやり方をご紹介していきます。

男ウケメイクで大事なのは「目と口」。ポイントを絞ろう

男性は女性の顔を見る時、まず目と口に視線が行くそうです。ということで、目と口を重点的に男ウケメイクを作っていきましょう。

男ウケするアイメイクは、黒よりブラウンで

男性は濃く見えるメイクが苦手だと、前の項でお伝えしました。アイメイクには黒を多用しがちですが、黒や濃い色が多いと目元が強調されすぎたり、きつい印象になってしまいます。

やわらかい印象になるよう、ブラウン系の色身を使い、ボリュームにも気をつけましょう。

アイシャドウ
アイシャドウは、ピンクやオレンジ系のベージュやブラウン系がおすすめです。アイライナーはブラウンのものを使うと、自然に目力をアップさせられます。囲みすぎはNGです。
カラコン・つけまつげ
カラコンやつけまつげは不自然に見えやすいため、できれば使わないのがベストです。しかし、急に手放すのが難しいという方は、控えめなタイプのものを選びましょう。
マスカラ
マスカラはボリュームタイプよりロングタイプのものを選び、長さを出しましょう。ほどよく目元を強調できます。
眉はゆるやかなアーチ状にし、薄く書きます。眉がもともと濃いめの方は、形を整えるだけで十分です。

涙袋メイクでナチュラルに目元を強調する

トレンドメイクとして話題になった涙袋メイクは、男ウケメイクにも使えます!小顔効果があり、美人顔の条件として定番になりつつある涙袋を、メイクでナチュラル風に演出しましょう。

  1. 薄いブラウンのアイライナー(アイブロウペンシルでも可)で涙袋のラインをなぞる
  2. 引いたラインを軽くぼかす
  3. ピンクのアイシャドウを乗せる

ピンクのアイシャドウは血色が良くなり、肌なじみがいいので不自然になりません。しかし、あくまでナチュラル風ですので、涙袋のラインも含めて塗りすぎには注意しましょう。

男ウケする唇はうるおいが大事!必ずベースにリップクリームを

男性は、ふっくらとした厚みのある唇を好みます。そのために必要不可欠なのが、うるおいです。ベースにリップクリームを必ず塗りましょう。

このとき、色つきのリップクリームを使ってもいいでしょう。自分の唇の色に近いものを使って下地がわりにしたり、発色のいいものを使って色つきリップクリーム一本で済ませたりしてもOKです。

色つきリップクリームは薄付きのものが多いので派手になりすぎないですし、また製品によっては口紅に負けない発色や持ちのものもあるので、唇が荒れやすい方には特におすすめですよ。

ピンク系の口紅に、グロスを少し乗せて男性が喜ぶふっくら唇に

口紅を使う場合は、ピンクベージュやコーラルピンクなど、肌なじみのいいピンク系のものを使います。ティント口紅やマット系の色は、男ウケメイクのときには控えましょう。

リップグロスは、仕上げに唇の中央にのみ乗せると立体感が出て魅力的な唇を演出してくれます。

普段のメイクと比べると引き算のような状態になる方もいるかもしれませんが、男ウケメイクはナチュラルに見えることが大切なので、このくらいがちょうどいいのです。

男ウケする目と口を引き立たせる肌づくりも忘れずに

男ウケする目と口のポイントメイクを引き立たせるには、ベースメイクも大事です。男ウケを意識したベースメイクでは、透明感を出すようにしましょう。

ファンデーションよりも下地に重点を置く

ファンデーションの厚塗りはケバい印象になってしまうので、下地をしっかりと塗って肌の調子を整えます。

このときおすすめなのが、CCクリームです。下地とコントロールカラーを兼ねているので厚塗り感がなく、きれいなすっぴん肌のように仕上げてくれます。

肌の状態に応じて、コンシーラーも使用します。ファンデーションを厚塗りしなくていいように、肌の悩みは下地づくりのうちに対策しておきましょう。

ファンデーションは薄めに。フェイスパウダーで透明感をプラス

パウダーファンデーションは薄めに塗り、透明のフェイスパウダーで仕上げます。チークは薄いピンク系のものを、うっすら乗せる程度にしましょう。

下地をしっかり塗っていればファンデーションは厚塗りしなくて済むと思いますが、ファンデーションは厚塗りするほど崩れやすくなるため、肌の悩みや質感の調整をファンデーションだけに頼るのは避けましょう。

ナチュラル風の男ウケメイクで男性のハートをつかもう!

男ウケメイクは、作り込んでいるように見えない「ナチュラル風メイク」です。男性を意識してメイクに気合が入るのは当然ですが、男性の好みをしっかり押さえた上で男ウケメイクを頑張ることが必要です。

メイクはあなたを輝かせるツールであるとともに、気分を明るくしたり前向きにさせてくれたりといった、さまざまな効果があります。

仕事用、プライベート用とTPOによってメイクの仕方を分けるように、男ウケメイクも目的に合わせて行うようにしてみましょう。男ウケメイクを正しく行い、自信を持って出かけてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
男ウケするメイクの仕方。ポイントは「目」と「口」にある!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/otokoukemake4562/
ライター:まいす

この記事をシェアする

関連記事

コメント