• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ラズベリーリーフティーの効果効能。ママに嬉しいハーブティー!

Date:2018.02.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
ラズベリーリーフティーの効果効能。ママに嬉しいハーブティー!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/raspberryleaftea1798/

ママになるなら飲んでみて欲しいハーブティーがあります。それが、ラズベリーリーフティーです。

ラズベリーの葉っぱをお茶にしたものですが、安産を目指すなら是非飲んで欲しいのです。

私は3回出産していますが、2人目、3人目の時はこのお茶のおかげなのか、超安産でした。

ラズベリーリーフティーにはどのような効果が期待できるのか、何がママにお勧めなのかということを詳しくご紹介しますね!


ママに飲んで欲しい、ラズベリーリーフティーの効果効能

ヨーロッパでは「安産のお茶」として古くから親しまれてきたラズベリーリーフティー。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • ポリフェノール
  • フラリガン

などの成分が健康に良いといわれています。

実際どのような効果が期待できるのか、見ていきましょう。

リラックス効果

ハーブティーの中には薬のような香り、味のものもありますが、ラズベリーリーフティーはとても香りが良くて、飲みやすいお茶です。

リラックス効果も高く、ノンカフェインなので寝る前に飲んでも大丈夫です。

生理にまつわる不調を改善

ラズベリーリーフティーに含まれるフラリガンという成分が女性特有の症状をサポートしてくれます。

  • 生理痛
  • 生理不順
  • PMS(月経前症候群)

などに悩んでいる方には是非一度試してみて欲しいと思います。

フラリガンには

  • ホルモンバランスを整える
  • 子宮強壮作用

などが期待できるので、女性の不調によいとされています。

ホルモンバランスを整えるということは、更年期の諸症状にも有効です。

ホルモンバランスの乱れによる不調を感じる年齢になったら、ラズベリーリーフティーが役立つでしょう。

陣痛を和らげ、出産をサポート

ラズベリーリーフティーがママのためのお茶といわれるのは、子宮の収縮を促して、出産をサポートするといわれているからです。

お茶ではなくラズベリーリーフの抽出物(錠剤)を飲んだ研究ではありますが、子宮口が全開になってから赤ちゃんが出てくるまでの時間が、平均10分も短くなった、ということが確認されています。

出産までの時間が短くなるので、分娩時の出血が少なくなるというメリットも。

お茶になれば効果はやや低くなるかもしれませんが、ラズベリーリーフの成分が出産に役立つ、ということが分かっているというのは嬉しいですね。

子宮の回復を早める

ラズベリーリーフティーは子宮の収縮を促すので、産後に飲めば母体の回復を早めるという効果も期待できます。

産後は早く子宮が元に戻るほど身体の回復も早くなり、育児が楽になってきます。

ラズベリーリーフティーを飲んでおけば、少しでも体力の戻りが早くなるかもしれません。

子宮が早くもとの大きさに戻れば、お腹の引き締めにも役に立ちますから、体型を早くもとに戻したい人にも嬉しい効果でしょう。

母乳の出を良くする

子宮収縮を早めると、母乳の出も良くなります。

ラズベリーリーフティーにはカフェインが入っていませんから産後も安心して飲むことが出来ますし、お茶を通してビタミンなど赤ちゃんに栄養を与えることも出来ますよね。

母乳の出も良くなり、栄養価が高くて赤ちゃんにもいい。ママにとっては本当に嬉しいお茶だと思います。

民間療法ではあるけれども

先ほどお話しした「陣痛を和らげる」という効果はラズベリーリーフの錠剤によるものでした。

ラズベリーリーフティーそのものを飲んだことによる陣痛緩和効果についての論文や科学的なエビデンスを見つけることは出来ませんでしたが、メディカルハーブは漢方などと同じように捉えることが出来ます。

薬と違って成分が単一ではなく、一つの植物に含まれている数十種類の成分がお互いに作用しあって穏やかな効果を発揮します。

実際に、ラズベリーリーフティーは民間療法として古くから妊婦さんに愛されてきたお茶です。

実際に出産時の痛みが軽減された、と感じている人も多く、科学的根拠や臨床データが乏しいという理由で「効果がない」と決めつけてしまうのはもったいないと思います。

痛みというのは感じ方に個人差があるので、このお茶を飲めば必ずお産が軽くなるとは言い切れません。

でもお茶ですから飲んで害になるようなものではありませんので、実際に試してみるのが一番だと思います。

ラズベリーリーフティーの美味しい飲み方

ハーブティーは苦手、という人もいるかもしれませんが、ベリー系のハーブティーは香りが良くて飲みやすいものが多いですよ。

ラズベリーリーフもその一つです。

ティーバッグまたはリーフティーで

茶葉で入れる場合は、1杯分でティースプーン1杯(2g)くらいが適当です。

  1. ティーポットに入れて、わかしたてのお湯を入れます。
  2. 蓋をして3~5分くらい蒸らします。
  3. 茶こしでこしながらカップに注いでください。

ラズベリーリーフティーは抽出時間を長くしても苦くならないので、濃いめで飲みたいときは10分くらいおいても大丈夫です。

ポットで入れるのが面倒であれば、ティーバッグを使ってください。これも抽出時間が長くても大丈夫。カップに入れっ放しでもOKです。

ブレンドティーもおすすめ

単品でも飲みやすいですが、他のハーブティーとブレンドしても美味しいですよ。

  • ルイボスティー
  • ローズヒップティー
  • レモングラスティー

などがおすすめです。特にローズヒップティーはビタミンCの宝庫。美容にもとてもいいので、お肌の調子が気になる時にはとてもいいですよ。

ラズベリーリーフティーを飲む時の注意点

ラズベリーリーフティーはお茶ですので、いつ飲んでもいいものですが、少しだけ注意して欲しいことがあります。

有機栽培の原料を選ぼう

ハーブティーは有機栽培の質の高いものを選びましょう。

あまりに安いものや、どのようなメーカーのものか分からないものは残留農薬の心配もあるので、製法なども確認してから購入した方が良さそうです。

1日2~3杯くらいまで

ラズベリーリーフティーは飲めば飲むほど健康になる、というものではないので、毎日たくさん飲めばいいというものでもありません。

量としては、1日2~3杯くらいまでにしておきましょう。

妊婦さんは妊娠後期に入ってから

出産への効果がいくら科学的な根拠が乏しいとはいっても、実際に妊婦のお茶として愛用されてきたものです。妊娠初期にたくさん飲むのは控えてください。

妊婦さんが飲む場合は、妊娠後期(8ヶ月以降)にするようにしてください。

また、

  • 切迫早産と診断されている時
  • 鉄剤を処方されている時
  • お腹の張りを感じる時

などは飲むのを控えてください。

もし心配であれば、主治医に確認してから飲むといいでしょう。

妊婦さんはホットで

ラズベリーリーフティーはアイスでもホットでも美味しいですが、妊婦さんは身体を冷やさないように、ホットで飲むことをおすすめします。

ラズベリーリーフティーは女性のためのお茶

初めての出産だと色々と不安なこともあると思います。陣痛はどのくらい痛いのか、出産はどのくらい時間がかかるのか、経験してみないと分からないことだらけです。

でも、ラズベリーリーフティーがそのサポートをしてくれると思ったら、少し気持ちが軽くなりませんか?

また、出産後にも役立ちますし、女性特有の症状を改善してくれるお茶なので、まさに女性のためのお茶といっても過言ではないでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ラズベリーリーフティーの効果効能。ママに嬉しいハーブティー!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/raspberryleaftea1798/

この記事をシェアする

関連記事

コメント