• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美味しい豆乳でダイエット!続けられる豆乳ダイエットの効果とやり方

Date:2018.07.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
美味しい豆乳でダイエット!続けられる豆乳ダイエットの効果とやり方|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/seirimaetounyuudiet64587/


いつになってもどの時期になっても、女性にとっては頭の片隅に『ダイエット』というワードが佇んでいるのではないでしょうか?

これが終わったら…次の夏までに…あの会までには…と。

食事制限ダイエットや運動ダイエットなどさまざまなダイエット法がありますが、なかなか続かないのがダイエットです。

そんな方に朗報です。簡単に言うと豆乳ダイエットは、ただ豆乳を飲めば良いだけのダイエットなのです。

豆乳というと、ヘルシーで女性にやさしいイメージですよね。最近ではさまざまな豆乳製品をお豆腐コーナーや飲料コーナーで見かけるようになってきました。

冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか?

今回は、その手に入れやすく種類も豊富で続けやすい豆乳をダイエットに使う豆乳ダイエットをご紹介しましょう。


簡単に始められる!豆乳ダイエットとは豆乳を飲むだけダイエット

豆乳ダイエットは、豆乳を何らかの形で食事に取り入れたダイエット法です。具体的にどのような方法があるのか見ていきましょう。

豆乳ダイエットのやり方

豆乳ダイエットには、3つのやり方があります。ご自身のライフスタイルに合わせてぴったりな方法を選んでくださいね。

食前豆乳ダイエット
朝昼晩の食事の30分位前にコップ一杯の豆乳を飲むだけのダイエット法です。豆乳に含まれる大豆サポニンが満腹中枢を刺激し、食べすぎを抑制します。また、脂肪や糖質の吸収を抑える効果があります。
置き換え豆乳ダイエット
三食の食事のうち一食を豆乳と野菜ジュースをミックスしたものに置き換えるダイエット法です。豆乳と野菜ジュースには、ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれているので栄養たっぷりの腹持ちの良い置き換えになります。

豆乳と混ぜる野菜ジュースは市販のもので構いません。もちろんミキサーでお好みの野菜や果物をミックスして豆乳と合わせる手作り豆乳スムージーは新鮮で栄養価がさらに高くなります。

間食豆乳ダイエット
間食を豆乳に置き換えるダイエット法です。普段の食事はそのままに、間食を止められない方は、間食を豆乳に変えるだけでダイエット効果を得られるでしょう。

間食代わりの豆乳は、温めて飲むことをそすすめします。温めた豆乳は糖度が増し、満足感を得られるはずです。コーヒー好きな方は、インスタントコーヒーを入れてソイラテにすると続けやすいでしょう。

どんな豆乳を使ったらいいの?

以下の豆乳の種類がありますが、自分が続けられる豆乳を選びましょう。飽きてしまわないように、気分に合わせていろいろな豆乳を試してみても楽しいでしょう。

無調整豆乳
大豆を絞ったままの調整をしていない豆乳のことで、濃度が高くお豆腐をそのまま飲んでいるようなドロッとした感じです。脂肪の吸収を抑える効果を高めたい場合には、この無調整豆乳をおすすめします。
調整豆乳
大豆を絞ったままの無調整豆乳に、糖類などを加えて飲みやすくした豆乳です。よって、濃度は必然的に低くなります。
豆乳飲料
豆乳に果汁や糖類を加えて作った、ジュースのような豆乳です。おいしく飲めるようにさまざまなフレーバーが揃っており、飽きずに飲み続けることができそうですが、濃度は無調整豆乳の半分くらいになってしまいます。
効果の高い無調整豆乳が苦手な方は、効果が半減しても美味しく飲める豆乳飲料を選んでみても良いかもしれませんね。

豆乳ダイエットを成功させるための3大注意点

豆乳ダイエットを行う時期
豆乳ダイエットは今すぐに始められるダイエット法ですが、最適な期間は、生理七日前から生理日までとされています。この生理前の七日間に女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが、生理前の水分や脂肪を溜め込もうとする働きを阻止することで、ダイエットになるのです。
豆乳を飲むタイミング
食事前の30分以内に飲みましょう。満腹中枢を刺激するまでには15分くらいかかるので、飲んですぐに食事をしないようにしましょう。
豆乳を飲む量
食事前には、コップ一杯200mlが最適です。間食には一日200mlにしておきましょう。豆乳はヘルシーなイメージですが、結構カロリーが高いです。ダイエット効果が高い無調整豆乳ほど濃度が濃くカロリーが高いので、注意しましょう。

女性にうれしい栄養が豊富な豆乳で行うダイエットの効果

豆乳自体にダイエット効果があるわけではなく、満腹中枢を刺激して食欲を抑えて食事の量を減らすことがダイエットに直結します。

しかし、豆乳には女性にうれしいさまざまな効果があり、ダイエットしながらもキレイを保てる点が注目されている所以ですね。

豆乳のダイエット効果

美肌効果
ご存知、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似ている働きをするので、肌の保湿力と新陳代謝を高めてくれます。
便秘解消
大豆に含まれるオリゴ糖が善玉菌の働きを助け、腸内環境を整えて便秘を解消に導いてくれます。
きれいに痩せられる
無理な食事制限をせずに、栄養たっぷりの豆乳で満腹中枢を刺激して食事の量を自然に減らすので、無理のないダイエットになります。
リバウンドがない
無理な食事制限をしておらず、食べたい!という欲求を我慢しているわけではないので、暴飲暴食をしない限りリバウンドはありません。

豆乳に含まれる女性にうれしい栄養素

『畑のお肉』とも言われている大豆は、その名の通りお肉と同じくらいのタンパク質を摂ることができるのに、お肉よりもカロリーが低く、その他の栄養もバランスよく含んでいる健康食品なのです。

しかも、その大豆を液体にした豆乳は、体に吸収されやすく簡単に摂取できる点がダイエット向きなのです。

大豆サポニン
余分な脂肪の蓄積を抑制し、満腹中枢を刺激して食べすぎを防いでくれます。
また、抗酸化作用があり、身体のサビの元となる活性酸素を除去してくれ、体の老化を防止してくれるのです。
大豆ペプチド
ストレスや疲労感を抑え元気になる効果があります。食事後のカロリーの消費を高め、脂肪燃焼を促進させます。脂肪を燃焼するには必要不可欠な筋肉を作るのに最適な成分でもあります。
大豆たんぱく質
私たちの体のほとんどがタンパク質でできています。タンパク質は、ダイエットしていても欠かせない栄養素なのです。
オリゴ糖
オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになり腸内環境を整えることに一役買っています。腸内環境を整えれば、ダイエットにもつながっていきます。
大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ており、同じような働きをするので、お肌や髪の毛にツヤが戻ったり、エストロゲンの働きの低下による女性ホルモンのバランスの乱れを補正する効果があります。
ビタミンB1・B2・B6
脂質や糖質をエネルギーに変換する働きがあり、疲労回復効果もあります。お肌のハリや潤いを整えてくれる美容面でも欠かせない栄養素です。
不飽和脂肪酸
中性脂肪を下げ、血液をサラサラにする効果があります。
鉄分
女性の大敵貧血には鉄分が重要です。ダイエットでは貧血になりやすいので貧血予防にもなります。

ダイエットに欠かせない豆乳は女性をキレイにする名サポ-ター!

こんなにも女性にうれしい効果があるとは驚きですね。これからダイエットしようと考えているならば、絶対に豆乳を取り入れようと思ったはずでは?

ただし、食事制限がないからと言って暴飲暴食したらNGです。豆乳を飲んでいれば痩せるわけではありません。

規則正しいバランスの取れた食事を心掛け、普段エスカレーターを使うところを階段にしたり、ストレッチなどの運動を取り入れたりと、自分はダイエットしているんだという意識を持って生活しましょう。

美味しく飲めてダイエットもでき、キレイになれる栄養も補ってくれる豆乳は、女性のダイエットをサポートしてくれる縁の下の力持ち。自分に合った豆乳ダイエットでキレイに痩せて、豆乳の恩恵で女子力も上げちゃいましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
美味しい豆乳でダイエット!続けられる豆乳ダイエットの効果とやり方|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/seirimaetounyuudiet64587/
ライター:kaco

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • 51歳ママ

    豆乳ダイエットは生理の始まる前に飲めは良いとありますが閉経まじかの生理不順の私はいつ飲めば良いのでしょうか?

    返信

コメント