• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お菓子の食べ過ぎを確実に防ぐ!効果的な5つ方法

Date:2018.03.12

この記事のタイトルとURLをコピーする
お菓子の食べ過ぎを確実に防ぐ!効果的な5つ方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/sunakkugashitabesugi3102/

小腹が空いたとき、リフレッシュしたいとき…。日々の癒しや楽しみに、お菓子を好んで食べる人は多いですよね。

ちょっとだけと思って食べ始めたつもりが、

「気づいたら1袋食べていた!」
「お菓子でお腹いっぱいになってしまった」

という経験はありませんか?

お菓子を食べ始めると止まらなくなってし、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか。

ここではそんなお菓子の食べ過ぎを防ぐ、効果的な方法をご紹介します。

「食べすぎでいつのまにか太ってしまった…」なんて悲しいことにならないように、しっかり予防線を張っておきましょう。


1.お菓子を食べるときは飲み物と一緒に摂る

チョコとコーヒーの写真
お菓子を食べるときは、飲み物も一緒に飲むようにしましょう。

同じ量でも水分でお腹がふくれることで、少量でも満足感を得ることができます。

また温かい飲み物だとゆっくり飲むため、空腹感がおさまるので、より食べ過ぎを予防することができますよ。

下記の3つは、特におすすめの飲み物です!

純ココア

砂糖を含まない純ココアは、食物繊維が豊富。お菓子と一緒に飲むことで、お菓子の食べ過ぎを防止してくれます。また摂取する脂質や糖質の吸収をおさえる効果も期待できます。

ブラックコーヒー

コーヒーには空腹感をおさえられるという研究結果が。またコーヒーには糖分を分解するクロロゲン酸が含まれているので、お菓子の糖分の吸収もおさえてくれます。

お湯

沸騰させた温かいお湯は、胃をあたためて空腹を和らげる効果が。何か物足りないときは、お湯を多めに飲むといいでしょう。胃の負担が少なく体も冷やさないので、水分補給にもおすすめです。

お菓子を一口食べたら、飲み物を一口ゆっくり飲み、少し休んでからまた一口食べる…というように、お菓子と飲み物を交代で摂ることが、食べ過ぎを予防するポイントです。

加糖されている飲み物だと、糖の摂りすぎになってしまう可能性が高いので、飲み物はかならずノンシュガーを選ぶようにしましょう。

2.ながら食べはNG!「おやつの時間」をあえてとる

お菓子を食べるとき、テレビを観ながら、仕事をしながら、本を読みながら…など、何かしながら食べることが多いはず。

その「ながら食べ」が、実は食べ過ぎの大きな原因に!

お菓子とは別の何かに集中していると、自分が食べていることから意識が離れてしまい、食べ過ぎに気づかないという事態になってしまいます。

本人的には食べ過ぎている実感もないため、無意識の欲望のままに、どんどん食べてしまうのです。

そういう人はだらだら食べるのをやめて、「おやつの時間」を、しっかり取りましょう。

「おやつの時間」は、お菓子を食べることへかならず意識が向きます。

自分が食べている量を理解しながら食べるので、意識的に食べ過ぎを防ぐことができますよね。

また「おやつの時間」では、食べる量を事前にしっかり決めることが大切です。お菓子の食べる量は、1日およそ200キロカロリー以内におさめましょう。

3.お菓子のストックは不要!買い置きはしない

お菓子の食べ過ぎの原因のひとつに、「お菓子の買い置き」があります。

もともとそんな食べるつもりはなくとも、お菓子が目に入ると、ついつい食べたくなってしまいますよね。

一旦その“食べたいスイッチ”が入ると、誘惑に勝てず目に入ったお菓子を食べてしまう人が多いはず。

そうなってしまうと、1週間分で買ったお菓子が3日でなくなる、なんてことも。

逆を言えば、最初からお菓子がなければ、その“食べたいスイッチ”も入ることはありません。

お菓子の買い置きをやめることで、自然とお菓子の食べ過ぎも防ぐことができます。

「セールやまとめ買いなどでお得だから…」という考えは捨てましょう。個袋のものがたくさん入っているバラエティパックも要注意。

1人なら1人分のお菓子を買うようにして、食べ過ぎを防ぎましょう。

あればあるだけ食べてしまうという人は、その日その時、食べたい分だけ買う方がかえってお金も節約できますよ。

「お菓子がもっと食べたい!」となったときは、3分だけ我慢してみましょう。本当に食べたいのか、ただなんとなく食べたいだけなのか、時間を置くことで、一時的な食欲に流されずに済みます。

4.お菓子だけで満腹にしない!食事をしっかり摂る

食事用お皿の写真
お菓子を食べ過ぎると、摂取カロリーを減らそうと、食事の量を減らそうとする人がいますが、それは言語道断!

普段のごはんを食べずにお菓子を食べることは、健康に良くないことはもちろん、太りやすい体になってしまう原因にもなります。

そもそも私たちのからだは、血糖値が急激に上がると、血糖値を早く下げるためにインスリンを大量に分泌します。インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすくなります。お菓子で使われている「糖」は、血糖値を急上昇させるため、少量食べただけでも脂肪になりやすいのです。

お菓子だけではなかなかお腹も満たされないため、結果的に食べ過ぎてしまう危険が。

お菓子の「糖」を摂りすぎるくらいだったら、ご飯を食べる方がよっぽど体に良いですし、太りにくいです。

  • 1日3食は欠かさない
  • ご飯はしっかり食べる
  • よく噛んで食べる

お菓子の食べ過ぎを防ぐ、1番簡単な方法は、毎日3食しっかり食べることです。

よく噛んで満腹中枢を刺激しながら、必要な栄養素をまんべんなく摂ることを意識しましょう。

近年の糖質ダイエットの流行で、「糖質=ご飯=太る」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、糖質は私たちのからだに欠かせない栄養素のひとつです。

ご飯をしっかり食べることで、満腹感を感じることができますし、お菓子の食べ過ぎの予防にもなります。

毎日3食、しっかり食事をしていれば、お菓子を食べ過ぎるほどお腹は空かないはず。

お菓子を食べ過ぎの人は、いま一度食生活を見直すことが大切です。

5.「お菓子禁止」は逆効果!お菓子は悪ではない

「お菓子を食べ過ぎてしまうなら、いっそのこと禁止にした方がいい!」という人も多いかも知れませんが、それも逆効果。

なぜなら、それが逆にストレスになってしまい、我慢しきれなくなったときに爆発して、ドガ食いしてしまう可能性があるから。

また禁止していたものを解除すると、ブレーキが利かなくなり、ある種の依存傾向におちいってしまうこともあります。

お菓子は生活の楽しみやリフレッシュにもなるため、一概に“悪い”と決め付けてはいけません。

お菓子そのものの存在を否定し、生活から排除してしまうのではなく、上手な食べ方を見つけることが大切です。

おすすめのお菓子をご紹介

お菓子の食べ過ぎを防ぐには、お菓子の選び方も大切!

ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富で、なおかつ満足感の高いお菓子がおすすめです。

  • 果物
  • ヨーグルト
  • ドライフルーツ
  • 寒天
  • 雑穀入りのクッキー・シリアル
  • わらびもち・くずもちなどの和菓子

など

不足しがちな栄養素を補うはたらきがあったり、満足感が高いのにカロリーが低いなど、お菓子とはいえさまざまな種類があります。

▼おやつの選び方についてはコチラも参考にしてください!

太らないおやつ10選の記事のトップ画像

自分の好みやニーズに合わせて、お気に入りを探してみてくださいね。

お菓子と上手く付き合っていこう!

いかがでしたか?

お菓子の食べ過ぎは、後悔するし、健康にも良くない。かといって過度の我慢のしすぎは、反動で食べ過ぎてしまう原因にも。

楽しみや癒しになるお菓子だからこそ、食べ過ぎず、我慢しすぎず、自分のお腹の空き具合を冷静に判断しながら、バランスをとることが大切です。

最近では美容や健康を意識したお菓子がたくさん出ているので、上手に取り入れてみるのもおすすめ!

食べ過ぎは意識ひとつで確実に防止できます。上記の方法を、ぜひ今日から試してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
お菓子の食べ過ぎを確実に防ぐ!効果的な5つ方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/sunakkugashitabesugi3102/

この記事をシェアする

関連記事

コメント