• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今すぐ目の下のクマを消したい!クマの種類と原因別解消方法

Date:2016.12.16

この記事のタイトルとURLをコピーする
今すぐ目の下のクマを消したい!クマの種類と原因別解消方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/undertheeyes1651/

shutterstock_418240192朝起きたら目の下にはクマが…。もう憂鬱、仕事にも行きたくない!疲れた印象を与えてしまう顔では外出するのもイヤになりますよね。

何より、実年齢よりも老けた顔になってしまいますから隠せるものなら隠したい!

でも、隠すよりも消すことが出来たらその方がいいと思いませんか?

クマには種類があるので、タイプ別のクマの改善法とクマを作らないようにする方法をご紹介します。

これでクマともおさらば。気分よくお出かけできるでしょう。


なぜクマができるのか?クマの原因と種類

どうしてクマができてしまうのか、まずはその原因を知っておくことが大事です。クマには種類があるんですよ。

それよっても対処法が違ってくるので、自分のクマがどれに当たるのかを探してみて下さい。

クマができてしまう原因

クマができてしまうのは何も女性だけではありません。男性にもクマは出来ます。つまり、性別は関係ないということですね。

ですから、クマの原因は女性特有の理由ではなく、目の周りの構造にあるようです。

目をこすったりして色素沈着を起こしたり、毛細血管に栄養が送られなくなったりすると目の下にクマができやすくなります。

とはいえ、女性の3人に1人が悩んでいるという目の下のクマ。女性の方が男性よりもクマで悩む人とが多いのは、冷え性が多いこととも関係があるようです。

クマのタイプごとに原因が違うので、まずは自分のクマの色が何色かよく見て下さいね。

色素沈着が原因の茶クマ

目の周りの皮膚は元々とても薄く、刺激を受けやすいところ。こするだけでもシミが出来やすい場所なんです。

  • ごしごしこすって顔を洗っている
  • 目をよくこする
  • 紫外線をよく浴びる
  • 加齢による肌のターンオーバーの乱れ
  • 濃いアイメイク
  • マッサージのし過ぎ

などによって、肌に刺激を与えていませんか?これらはすべて色素沈着の原因になります。

アイメイクを専用のリムーバーでしっかり落とさなかったり、乾燥してかゆみが出たときにごしごしこするのもだめ。すべての刺激が茶クマの原因になると思って下さい。

シミということは、顔の他の部分と同じように適切なメラニン対策が必要になってきます。

肌の表面、表皮の色素沈着であれば、まだ美白化粧品で対策できる可能性もありますが、真皮の奥深くに出来た両側性遅発性太田母斑様色素斑というシミは、化粧品で薄くすることは出来ません。

やや青みがかった茶色のこのシミは、目の周りだけでなく頬などにも出来ますが、大人になってから出来るシミなんです。

これが目の周りに出来ていると茶クマになってしまうのですが、レーザー治療などによるケアが必要です。

血行不良が原因の青クマ

目の下が青くなっていると、老けた印象プラス、不健康なイメージになってしまいますね。このクマの原因はずばり血行不良です。

顔には毛細血管がたくさん集まっていますが、目の周りには特に多く、かつ皮膚も薄いので血管の色が見えやすいところですね。

毛細血管は7ミクロン、髪の毛の14分の1という細さですから、ちょっとしたことですぐに血流が悪くなってしまうのです。

血流が悪くなると酸素や栄養を十分に行き渡らせることが出来ずに、血液もやや黒みがかった色になります。それが透けて見えて青いクマになってしまうんですね。

血行不良が起きる原因は、

  • 冷え性
  • 肉体疲労
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

などがあげられます。寝不足でクマができる人は多いでしょう。スマホやパソコンの見過ぎも目に力が入るのでよくありません。

皮膚が薄くなりたるんだことが原因の黒クマ

目の周りの皮膚はとても薄く、頬に比べるとその半分くらいしかありません。また、元々脂肪が少ない部位でもあります。

加齢に伴って目の周りの皮膚がさらに薄くなり、かつ筋肉がたるんでくると、脂肪が少ないのでふっくら感がなくなり影が目立ちます。

つまり、目の下がくぼんだ状態、筋肉のたるみが原因で出来るクマで、むくみやすい人に多いといわれています。

コラーゲンが減ってまぶたの皮膚自体もたるんでくるので、メイクではなかなかカバーできないタイプのクマです。

複合型もあるので注意が必要

クマは1つの原因だけではなく、重なって出来ていることもあります。たとえば目をこすってばかりで茶クマができているところに血行不良の青クマが重なる、というような場合です。

そうなると、2つのクマに対するケアが必要になってくるので、どのタイプのクマなのかをしっかり見極めることが大切なのです。

色素沈着タイプの茶クマは徹底して美白!

茶クマの症状を改善するには、いかにして色素沈着をさせないか、ということがポイント。

メラニンを作らないようにすれば、顔全体の美白対策にもなりますから、目の周りのケアをしながら透明感のある肌も同時に作っていきましょう。

美白化粧品を使って美白する

美白作用のある化粧品といえば、

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • アルブチン

などの成分が配合されているものを選びましょう。

ただし、ハイドロキノンは敏感肌の人には刺激が強い場合があるので、パッチテストを必ずして下さい。

目元は皮膚が薄いので、目元専用の美容液やクリームを使う方がいいでしょう。

美容クリニックで薬を処方してもらう

自分で美白ケアしても効果が出ない、もしくは作用の強いものを使うのが心配であれば美容クリニックなどできちんと診断してもらって、外用薬を出してもらうのもいいですね。

クリニックでは、

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

を併用していくことが多いようですが、それもシミの状態によるので、1度受診してみてもらうといいでしょう。

徹底した紫外線対策でUVカット

これ以上メラニン色素を作らないように、徹底して紫外線対策をしていきましょう。特に秋から冬は注意が必要です。

気温が下がるとどうしても油断しがちですが、真冬の雨や雪の日以外は紫外線が降り注いでいると思って必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

肌のターンオーバーを促進してメラニンを排出

これからメラニンを作らないようにするには紫外線対策も大事ですが、出来てしまった色素沈着を薄くしていくには、肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを排出していくことも大切です。

たまってしまった古い角質を落とすためにピーリング化粧水を使ったり、新陳代謝が良くなるようにビタミンB群や抗酸化作用のあるビタミンEを含む食品を摂るなどして、身体の内側からのケアも同時にしていきましょう。
  • レバー
  • まぐろ
  • かつお
  • 牛乳
  • うなぎ
  • ナッツ類
  • オリーブオイル

などを取り入れながら、肌の新陳代謝を良くしていきたいですね。緑黄色野菜のビタミンも忘れずに摂るようにして下さい。

洗顔方法などのスキンケアも見直す

顔を洗う時、タオルで拭く時にごしごしと顔をこすっていませんか。それも色素沈着の原因になります。

<正しい洗顔方法>

  1. 洗顔料はよく泡立てて顔をこすらないように泡の力で洗います。
  2. すすぎはぬるま湯で。熱いお湯は肌への刺激になります。
  3. タオルで拭く時もこすらないようにする
  4. 化粧水などは丁寧になじませるようにつけます。コットンでパッティングをしすぎないように。

毎日のスキンケアの手順を見直すだけでも肌への刺激はずいぶんと抑えることが出来ます。

目の周りはとにかく優しく触れるようにして茶クマを防ぎましょう。

とりあえず茶クマを消したい時はコンシーラー

茶クマをメイクで隠すには、イエローベースのコンシーラーがおすすめです。色素沈着している部分よりもひと回り大きく塗るように伸ばして下さい。

クマにはペンシルタイプよりも

  • 筆タイプ
  • リキッドタイプ

がおすすめです。

血行を良くすることで青クマを予防する

冬になって冷え性がひどくなるとクマができる女性も増えるそうです。青クマの一番の原因は血行不良ですから、いかにして血行を促進していくか、ということが大事です。

クリームを使って目の周りのマッサージ

目の周りはとても刺激を受けやすいところですから、手の滑りを良くするためにかならずマッサージクリームなどを使って行いましょう。

ごしごしこすったら色素沈着の原因となり、青クマに茶クマがプラスされることになりますから気をつけて下さい。

手の指で一番力が入りにくいのは薬指です。マッサージをする時は薬指の腹を使ってするといいですよ。こすらずにポンポンと軽く叩くようなイメージで。

夜お風呂に入った後に目の周りをマッサージして血行を良くしておけば、翌朝青クマに悩まされることもなくなるでしょう。

ホットアイマスクで血行促進

レンジで温めて使うタイプのホットマスクで目の周りの血行を良くしていきましょう。ホットタオルでも十分です。これで血流改善できれば、青クマを消すことが出来ます。

熱すぎるとそれは肌への刺激になりますから、じんわりと温まる程度で大丈夫ですよ。

顔全体にのせれば目の周りだけでなく、顔の毛細血管の流れも良くなって、肌色もきれいに見えるようになりますから一石二鳥ですね。

徹底して冷え性を改善すること

目の周りだけ血行を良くしても、体全体の巡りが悪ければクマ解消の効果は出てこないでしょう。青クマタイプは徹底した血行促進対策が必要です。

  • シャワーだけで済まさずに湯船に入って身体を芯から温めること
  • 冷たいものを摂り過ぎないこと
  • 寒い時に薄着で外出しないこと
  • ストレッチなど適度な運動で体温を上げること
  • たんぱく質やビタミン、ミネラルなど栄養バランスの良い食事をすること

冷え性対策はひとつではありません。生活習慣全般を見直していく必要があります。

冷え性を改善することは目のクマだけでなく、健康にも美容にもいいことですから、ぜひ実践して欲しいです。

ツボ押しで血行を促進する

目の周りのツボを刺激することで、血行を促進しましょう。

清明(せいめい)
目頭と鼻の間にあるつぼです。
承泣(しょうきゅう)
黒目の下にあるつぼです。
瞳子髎(どうしりょう)
目尻のやや外側にあるくぼみです。
お風呂に入りながら、またはお風呂の後など血行が良くなっている時に行うとさらに効果的です。

スプーンで青クマを取る方法

朝起きて、うわっクマだ!と思った時の応急処置として使える方法です。

  1. 40度くらいのお湯と冷たい水をコップなどに用意します。
  2. 大きめのスプーンを2本用意します。それぞれのコップに入れておきます。
  3. タオルで水気を拭き取ってから、温かいスプーンを30秒クマに当てます。
  4. 次に冷たいスプーンを同じように30秒クマに当てます。
  5. これを数回繰り返して血行を良くしていきます。

スプーンの背(丸い方)を当てるようにして下さいね。熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びると血行が良くなるのと同じことです。

メイクをする前にこれをしておくとクマも隠しやすくなります。

それでも隠れない時にはコンシーラーを使う

茶クマと同じように、手っ取り早く青クマを隠すにはコンシーラーを使いましょう。ピンク~オレンジ系の色を使います。

肌の色よりもワントーンくらい色を選びます。明るすぎる色を使うと、よりクマが強調されてしまうためです。

コンシーラーには色々なタイプがありますが、クマ隠しにはリキッドタイプが塗りやすいでしょう。

黒クマ対策は肌の弾力を回復させること

黒クマで大事なのはとにかく肌の弾力回復です。

繊維芽細胞を増やして肌の弾力アップ

加齢によってコラーゲン繊維はどんどん減少していきますから、補給しつつ減らないようにすることが大事ですね。

大事なのはコラーゲン繊維だけでなく、

  • エラスチン繊維
  • ヒアルロン酸

なども必要です。

これらの肌の弾力を維持するために必要な物質を作り出しているのが繊維芽細胞です。

ところが加齢とともにこの細胞の活動が弱くなるために、コラーゲンなどが減少していくんですね。

ですから、繊維芽細胞自体を元気にすれば、肌の弾力もアップするというわけです。そこでおすすめなのがプラセンタ入りのサプリメント。

プラセンタには繊維芽細胞を活性化させるたんぱく質である繊維芽細胞増殖因子が含まれているので、コラーゲン生成をサポートしてくれるのです。

眼輪筋トレーニングでクマを解消

目の周りの筋肉は眼輪筋(がんりんきん)といいますが、ここを鍛えることでクマを予防し、目も大きく見せる効果が期待できます。

  1. ぎゅっと目を閉じ、5秒経ったら思い切り目を開く
  2. その時見る方向は正面、上、下、右、左の5カ所。閉じて開いて上、開いて下、というように5回行います。
  3. 次は目を見開いたままぐるぐると黒目を回しましょう。左回り、右回りと交互に行います。
これで下まぶただけでなく上まぶたも鍛えることが出来ます。目元がくぼんでいると老け顔になりますから、毎日続けてぱっちりした目元を作って下さい。

表情筋全体を鍛えて弾力アップ

眼輪筋トレーニングにプラスして、口輪筋(こうりんきん)や頰骨筋(きょうこつきん)も鍛えることが効果的。

むしろ口周りや頬の筋肉を鍛えた方が、表情筋全体を動かすことができるようになり、目の周りのたるみを改善するのにも効果があります。

それには「あいうー体操」がおすすめです。大きな口を開けて、「あー」「いー」「うー」と言うだけの簡単な体操ですが、真剣にやるとかなり顔が疲れますよ。

それだけ表情筋を使えていないということでしょうが、これを思い立った時にやるだけで表情筋を鍛えることが出来ます。

目のクマだけでなくシワの予防にもなりますから、ぜひやってみて下さい。

目の周りのリンパマッサージでむくみを解消する

目の周りのリンパを流して老廃物を流し、むくみをとってスッキリさせましょう。

  1. 目尻をスタート地点として、目の下、目頭、眉のラインにそって1周マッサージ。
  2. 次は目頭を少し押して、さらに目の下から目尻にマッサージ。
  3. そこからこめかみ、耳の下までマッサージ。
  4. 耳の下から鎖骨の方にリンパを流す。
これを一連の流れとして何度か繰り返します。肌への刺激にならないように、必ずマッサージクリームなどを使ってやって下さい。

むくみを解消する食べ物を摂る

よく水太りといいますが、水を飲んでも太りません。ただ、飲んだ分をしっかりと排出しないとむくみの原因となり、目の周りも腫れぼったくなってしまうのです。

むくみを解消するには塩分を取りすぎないことと、カリウムを摂取することが大事。カリウムを含む食品には、

  • リンゴ
  • バナナ
  • イチゴ
  • スイカ
  • メロン
  • 海藻類
  • 里芋
  • ほうれん草

などがあります。果物は手軽にとれますから、デザートや朝食などに取り入れてみて下さい。

美容クリニックでヒアルロン酸を注入

もしかしたらこれが一番手っ取り早く、結果の出る方法かもしれません。へこみをなくすためにはヒアルロン酸を注入すればすぐに目元がふっくらするからです。

黒クマは加齢が原因のひとつなので、セルフケアだけで改善するのには少し限界があるかもしれませんので、専門家による治療法を試してみるのもひとつの方法です。

眼窩脂肪をとる脱脂術で影を消す

筋肉がたるんで眼窩脂肪(がんかしぼう=目の下の脂肪組織)が目立ってしまっている場合には、その脂肪を取ることで影を消すことが出来ます。

脱脂術だけだとだいたい20〜40万円くらいの料金が相場です。これが切らないタイプの施術、下まぶたから脂肪を取り出す方法だと70万円以上する場合もあります。

また、脂肪を取っただけだとかえってくぼみが目立ってしまうため、脂肪注入を併用することが多いようです。その場合はさらに25〜50万円ほどかかります。

目は口ほどに物を言う…目のクマを無くして目ヂカラアップ!

顔の中でも目元は一番印象の強いパーツです。ですから、ここが老けた印象になると、全体的におばさん顔になってしまうのです。

せっかくスキンケアをがんばって、美肌を保っても、クマひとつで台無しになってしまう可能性もあります。

それに、なんだか疲れた印象を与えるので、女性としての魅力も半減してしまいます。

目に力があると元気に見えますし、顔全体が明るく見えます。日々のスキンケアや食生活にも気をつけて、クマを作らないようにしていきたいものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
今すぐ目の下のクマを消したい!クマの種類と原因別解消方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/undertheeyes1651/
ライター:奈南有花

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • niconico☺

    すごく青クマに悩まされていました。
    しかし、このページを見て実践してみると一週間ぐらいで小さいときみたいにクマがなくなっていました!

    返信
  • 夢川ゆい

    参考にしてみます!

    返信

コメント