• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

乾燥肌必見!ファンデーションは保湿力と肌への優しさで選ぶ

Date:2018.01.09

この記事のタイトルとURLをコピーする
乾燥肌必見!ファンデーションは保湿力と肌への優しさで選ぶ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/uruoifande1122/

普通の女性でも慎重になるのに乾燥肌だとさらに慎重になってしまうこと…そう、”ファンデーション選び“です。

乾燥肌に不向きなファンデーションを使うと、そもそも朝のメイクの時点でファンデーションがうまく肌になじまずにムラになってしまいます。

やっとメイクできたと思っても日中ひどくカサつきが目立ったり、乾燥による化粧崩れが起きたり、時には乾燥状態そのものがひどくなってしまう…なんてこともあるから厄介です。

しかし、仕事をしていたり人と顔を合わせる生活をしている以上、まったくファンデーションを使わないなんていうわけにはいきません。

乾燥している肌には一体どのようなファンデーションを使えば良いのでしょうか?


乾燥肌なら知っておきたいファンデ選びの2つのポイント

まずは乾燥肌なら知っておきたいファンデーション選びの2つのポイントを説明します。

1.保湿成分配合のものを選んでカサつきを目立たせない

ファンデーションは肌をキレイにみせるためのものです。

乾燥肌が頭を抱える、肌の”粉っぽさ”や”カサカサ感”を上手にカバーしてくれるファンデーションは、ズバリ

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • 植物エキスやオイル

などの保湿成分配合のファンデーションです。

保湿成分配合のファンデーションを使うだけで、

  • 乾燥を防ぐ
  • みずみずしいツヤ肌になる
  • ファンデーションを塗っても粉っぽさが目立ちにくい

といったメリットがあるので乾燥肌の人にはぴったりです。

頼もしいのは乾燥対策としてだけでなく、保湿成分はホコリや細菌などの外的刺激から肌を保護する効果があるということ

乾燥しているとちょっとしたことでも肌の刺激となってしまうので、保湿成分で肌を守ってあげましょう。

2.肌トラブルを防ぐため注意すべき成分を把握しておく

乾燥肌は肌のバリア機能が弱くなっている状態なのでメイクによる刺激も受けやすくなっています。

乾燥を悪化させないため、他の肌トラブルを招かないために、肌への刺激となる成分を把握しておきましょう

以下は一般的なファンデーションによく使われる成分です。

合成ポリマー
肌の表面をなめらかにするために配合されている成分です。毛穴に残りやすく落ちにくいため、入念なクレンジングが必要になります。
合成界面活性剤
水と油を乳化させるために含まれている成分で、肌のバリア機能を破壊したり肌トラブルを起こすリスクがあります。
合成防腐剤
微生物の繁殖を防ぐなど品質を安定させるために含まれており、肌アレルギーを起こす場合があります。
合成色素(タール色素)
石油から合成される色素で、「○色○号」などの名称で表示されます。肌が刺激を感じてメラニン色素が生成されるなどしてシミの生成や色素沈着につながる場合があります。

健康な肌状態ならトラブルにならなくても、乾燥状態が深刻だったり敏感な状態に使用すると刺激が強すぎることもあります

ファンデーションを選ぶときは成分表示を確認するようにしましょう。

ファンデを選ぶ前に肌を確認!乾燥レベルをセルフチェック

“乾燥肌”と一口にいっても、時々カサつきを感じる人もいれば、1年中乾燥が気になって仕方がないという人もいます。

また、目でわかるような症状がでる人もいれば、コスメカウンターで言われて初めて気がついたという人もいますよね。

つまり、乾燥肌は人によって程度も症状も様々なんですね。

そのため、リキッドやパウダー、クリームなど数多くあるファンデーションのタイプの中から「これなら絶対大丈夫」「これ以外はだめ」など言い切ることができません。

大切なのは今現在のあなたの肌状態、乾燥の程度に合ったファンデーションを選ぶことです。

ここで、軽度の乾燥肌なのか、それとも深刻な乾燥状態になっているのか、乾燥レベルをチェックしておきましょう。

~チェックリスト~

【軽度の乾燥肌】

  • 洗顔後は肌がつっぱる感じがする
  • 肌がザラついたりくすんでいる
  • 肌のカサつきが気になる
【超乾燥肌】

  • 皮膚が浮いて白く粉っぽい
  • 髪の毛などが肌に触れるとかゆみを感じる
  • 皮膚がめくれる

軽度の乾燥肌向け:保水力、保湿力のファンデーションを選ぶ

最初に紹介するのは、セルフチェックで“軽度の乾燥肌”に当てはまった人向けのファンデーションです。

乾燥レベルが軽い場合は、

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション
  • エマルジョンファンデ―ション
  • クッションファンデーション

などの油性の成分が多く保湿力の高いファンデーションを選びましょう。

リキッド・クリームファンデーションは保湿力が高い

乾燥の度合いが軽いなら、油分が豊富で保湿力が高い液状タイプの”リキッドファンデーション”と”クリームファンデーション”がおすすめです。

タイプは似ていますが、

  • 保湿力
  • カバー力
  • テクスチャー
  • 仕上がり

といった点で以下のような違いがあります。

リキッドファンデーション クリームファンデーション
保湿力 高い リキッドより高い
カバー力 高い リキッドより高い
テクスチャー サラッとしていて伸びが良い 保湿クリームのようにこってり
仕上がり みずみずしいツヤ肌
なめらかな肌
マット肌
しっとりとした肌

好みで選べば良さそうに感じるかもしれませんが注意点もあります。

注意1:添加物
液状タイプのファンデーションには、”合成界面活性剤”や!防腐剤”などの添加物が粉状タイプに比べて多く含まれています。それだけ肌への負担がかかるということです。
注意2:クレンジング
どちらも肌への密着度が高いためクレンジングに時間がかかります。メイク汚れや肌汚れを落とすためのクレンジングですが、場合によっては肌の潤い成分を奪ったり摩擦が刺激となったりして、肌にとってはダメージリスクの高い行為です。
注意3:クリームタイプのほうが負担が大きい
クリームファンデーションはリキッドファンデーションに比べてテクスチャーが高いので伸びにくく、慣れないうちはムラにもなりやすいのが難点。また、クリームタイプの方が油分が多いので肌への負担もかかります。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを選ぶときは、乾燥の度合いが軽いからといって油断せず、本当に肌質や肌状態に合っているのかをきちんと見極めることが大切です。

不安に感じたり違和感を感じたら使用を控え、液状タイプにこだわらず違うタイプのファンデーションを使用しましょう。

エマルジョンファンデ―ションは保湿+軽い付け心地が魅力

クリーム状のファンデーションがプレストされてコンパクトに入っているエマルジョンファンデーション。

  • リキッドやクリームタイプのような高い保湿力と密着力、なめらかな塗り心地
  • パウダータイプのような軽い仕上がりと持ち歩きのしやすさ

を兼ね備えていて、一言で言うとリキッドとパウダーの良いとこどりのファンデーションです。

パフを使って肌にのせていきますが、肌にのせるときはリキッドやクリームのような液状で、肌になじむとパウダーのような軽やかな質感へと変わります

そのため、通常はリキッドやクリームファンデーションの仕上げにフェイスパウダーを使いますが、エマルジョンファンデーションの多くはフェイスパウダー要らずです。

乾燥の程度が軽い人の中でも、

  • 乾燥が気になるけどリキッドやクリームタイプのベタつきやこってり感が苦手という人
  • パウダーファンデーションの軽い仕上がりが好きだけど保湿もしたいという人

などにおすすめのタイプです。

ただし、元々が液状なので配合されている添加物のリスクや丁寧なクレンジングが必要なことはリキッド・クリームタイプと同様です。

エマルジョンタイプを選ぶときも、乾燥の度合いや肌状態をしっかり確認してから購入しましょう。

クッションファンデーションは乾燥肌の強い味方

ファンデーションを染み込ませたスポンジが内臓してあるコンパクト型のクッションファンデーション。

専用パフを使ってぽんぽんと叩き塗りしていくというこれまでにない斬新なタイプですが、実は乾燥肌にとって嬉しいポイントが多く使いやすいファンデーションです。

水分量が多い
スポンジに染み込んでいるのはリキッドファンデーション。水分たっぷりで保湿力が高いので潤いのあるツヤ肌に仕上がります。
保湿成分やスキンケア成分が配合されている
肌に潤いを与える保湿成分や植物エキスなどのスキンケア成分が配合されているものが多いのもクッションファンデーションの魅力です。
UVカット機能・化粧下地機能を兼ね備えている
多くのクッションファンデーションが肌をキレイにみせる効果だけでなく、UVカット機能や下地機能を兼ね備えています。乾燥肌にとって選ぶのが難しい日焼け止めやベースメイクに欠かせない化粧下地など、別で用意する必要がありません。あれこれ重ね塗りしなくて済むのも肌へのダメージの軽減にもなります。
  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

といった成分が入っていると紫外線遮断効果が高いとされています。

保湿力が高く肌への負担も軽いことからクッションタイプ他のタイプに比べて乾燥肌でも使いやすいファンデーションと言えそうです。

最初に行った乾燥レベルのチェックで、軽度~超乾燥肌の間くらいだった人も、保水力や保湿力の高いものを選ぶと使いやすいでしょう。

注意したい点としてはタッピングで塗る際に強く叩きすぎないこと。乾燥を感じている肌に強い刺激を与えないよう、優しいタッピングを心がけてください。

また、叩き塗りすることで肌への密着度が高まる分、クレンジングも念入りにする必要があります

超乾燥肌向け:肌への優しさ重視でファンデーションを選ぶ

続いてセルフチェックで“超乾燥肌”に当てはまった人向けのファンデーションです。

既に乾燥が進行してしまった肌の場合、ここまで紹介してきた液状タイプのファンデーションの

  • 配合されている添加物などの成分
  • クレンジングの刺激

が肌トラブルや乾燥を助長してしまう恐れがあります。

そのため、”肌への優しさ“を重視してファンデーションを選びましょう。

  • パウダーファンデーション
  • ミネラルファンデーション

など油分の少ない粉状のファンデーションが良いでしょう。

パウダーファンデーションは肌への負担が少ない

軽い付け心地と使いやすさが魅力のパウダーファンデーションは、粒子のパウダーを

  • 油性の成分
  • 界面活性剤

でコーティングしたものが押し固められて作られています。

パウダーファンデーションが乾燥肌におすすめの理由が3つあります。

1.肌状態に合わせて使える
パフを使って肌にのせていくパウダーファンデーションは薄塗り・厚塗りのコントロールがしやすいのが特徴です。肌の状態に合わせて量を調節して使えます。
2.肌への負担が少ない
パウダーファンデーションは液状タイプに比べて肌への密着度が低いので肌への負担も少なめです。
3.メイクオフしやすい
ファンデーションのカバー力が強ければ強いほど洗浄力の強いクレンジング剤が必要です。パウダータイプは液状タイプに比べて油性の成分が少なめで、カバー力は劣りますが、その分メイクオフしやすいというメリットがあります。クレンジングで肌に与えるダメージを最小限に抑えることができますよ。

このように肌への負担を抑えられるパウダーファンデーションですが、肌が乾燥して粉を吹いているときなどはやはりメイクノリが悪くなる場合もあります。

  • 保湿成分を配合したパウダーファンデーションを選ぶ
  • ベースメイクの前に入念に保湿ケアをする

などを心がけてください。

また、肌に使うスポンジやパフが汚れていてはNG!雑菌が乾燥や肌トラブルを悪化させる恐れがありますので、常に清潔な状態で使うようにしてください

ミネラルファンデーションはとにかく肌に優しい

乾燥が悪化して敏感な状態になっている肌にどうしてもファンデーションを使わなければならない場合は、ミネラルファンデーションがおすすめです。

「ミネラル」の名前の通り、天然の鉱物からの素材(マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄など)を主成分とし、

  • 合成界面活性剤
  • 合成防腐剤
  • 合成色素(タール色素)

を含んでいないファンデーションを一般的にミネラルファンデーションと呼んでいます。

数あるファンデーションの中でももっとも肌に優しいと言われ、元々肌荒れしやすい人や敏感肌の人でも使用できるファンデーションと言われています。

ただし、「これがミネラルファンデーションです」という正式な認証機関があるわけではないので選ぶときは注意が必要です。

成分表示を必ず確認して、

  • UVカット効果のあるもの
  • 化粧下地が要らないもの
  • 石鹸で落とせるもの

などの商品を乾燥の程度、肌荒れの状態に合わせて選びましょう。

また、パウダーファンデーションと同じように、パフやブラシは清潔な状態で使用するよう心がけてください。

乾燥肌でもファンデを諦めない!肌状態を見極めることが大切

乾燥肌だからといって美肌にみせるファンデーションを諦める必要はありません。

乾燥肌でも肌の乾燥状態をしっかりと見極め、肌質や肌状態に合うファンデーションを選ぶことができれば、潤いたっぷりのツヤ肌に仕上げることもできます。

膨大な数のファンデーションの中から見つけるのは至難の業なので、時にはこうしたことを参考にするのがおすすめです。

  • 同じ乾燥肌の人の口コミ
  • コスメカウンターでの肌チェック
  • 美容部員の方のアドバイス

乾燥肌を上手にカバーしてくれる相性抜群のファンデーションを見つけてしっとり肌を作りましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
乾燥肌必見!ファンデーションは保湿力と肌への優しさで選ぶ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/uruoifande1122/
ライター:宮瀬 美嘉

この記事をシェアする

関連記事

コメント