• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バレンタインにオススメのプレゼントと避けた方がいい物とは?

Date:2018.02.01

この記事のタイトルとURLをコピーする
バレンタインにオススメのプレゼントと避けた方がいい物とは?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/varentaincyoko1122/

バレンタインのプレゼントに、近年ではチョコレート以外を贈る女性が増えています。

というのも、甘い物が苦手な男性も多かったり、チョコレートは好きでも実際にはちょっとしたプチギフトの方がプレゼントとして嬉しいと考える男性が多いから。

まだ付き合っていない本命の男性へのプレゼントなら、なおさらチョコレート以外のプチギフトの方が、本気度が伝わって好印象を与える事ができるでしょう。

そこで今回は、男性へバレンタインに送ると喜ばれるプレゼントについて紹介します。選び方や実際におすすめの商品などをまとめましたので、ぜひ今年のバレンタインのプレゼント選びの参考にしてみてください。


プレゼントの予算!お返しを想定して高価なものは避けて

まずはプレゼントの予算を決めましょう。

バレンタインというと、その後ホワイトデーがやってきます。多くの場合はお返しをもらう事が多いでしょうから、その際に男性が困らない程度の予算で選ぶようにしましょう。

一般的な予算は以下の通り。

彼氏へのプレゼント:1万円前後
まだ付き合っていない本命の男性へのプレゼント:3,000円前後
参考までに、ホワイトデーのお返しはバレンタインのプレゼントの価格の1.5倍が、一般的な予算と言われています。

彼氏へのバレンタインプレゼントは、身に付けられるものがおすすめ

それでは実際に男性がもらって嬉しいプレゼントについて紹介していきます。しかし、プレゼントを贈る相手が、彼氏かまだ付き合っていない男性かどうかで選び方も変わってきます。

ここではまず最初に、贈る相手が彼氏の場合のおすすめプレゼントについて紹介します。

パスケースや名刺入れ:ビジネス革小物は間違いなし!

彼が社会人の場合、ビジネスシーンで使える革小物は間違いなく重宝するでしょう。中でもパスケースや名刺入れが予算的にもおすすめです。

おすすめの品物はこちら

イルビゾンテのパスケース(6,000~10,000円前後)
イタリアの革製品ブランド。使い込むほどに味が出る本革、スタイリッシュなデザインで男性に人気。ポケットはシンプルに1つタイプから、二つ折りでポケット数の多い物が選べる。デザインによっては白や黄色、グリーンといった色味選びも楽しめる。
Debeige(ドゥベージュ)の名刺入れ(10,000円)
日本の革製品ブランド。イタリアの本革を使用して日本の職人が作り上げている。風格がありながらもハイセンスなので、どんな世代の男性にもきっと喜んでもらえるはず。

ネクタイ:何枚あっても嬉しい。彼女のセンスで選んでもらうと尚更嬉しい

何枚も持ってるし、自分の好みで選びたいかな…そんな風に思ってプレゼントにネクタイはNGと思っている女性もいるのではないでしょうか。

しかし、ネクタイは彼女からもらうと嬉しいプレゼントの代表格でもあります。

仕事でスーツを着用する彼ならほぼ毎日使うもの。したがって何枚持っていても困る事はないですし、またもし自分のセンスとは違うものを贈られても、毎日付け替えるものなので、たまには良いかなという気分になれるからです。

また、「今日のネクタイいつもと感じが違うね」などと誰かに指摘されたとしても、『彼女からのプレゼントなんです』と答える事ができるのも嬉しいポイントだそうですよ。

彼が自分で買う際にはデザインで選ぶ事が多いと思うので、プレゼントとしてはシルク100%といったように素材にこだわったものを選ぶようにしましょう。

おすすめの品物はこちら

ポールスミスのネクタイ(9,000円~)
シルク100%の日本製ネクタイ。モード・ポップといった個性的なデザインが有名だが、ネクタイはシンプルなものも多い。シンプルながらもセンスの良い色使いで、お洒落な彼もきっと喜んでくれるはず。

高級ボールペン:高級ステーショナリーも贈られると嬉しい代表格

何気ない日用品に対して、お金をかける人は少ないのではないでしょうか。しかし、だからこそプレゼントされると嬉しいと思う人が多いのです。

特におすすめなのが高級ボールペン。ビジネスシーンに欠かせない筆記用具にお金をかけていると、「細かい部分にしっかりお金をかける人なんだな」と社会人としても好印象を与える事ができます。

話しのネタになったり、ビジネスにおいてプラスになる事が多いので、社会人の彼におすすめです。

おすすめの品物はこちら

ファーバーカステルのボールペン(5,000円~)
ドイツの筆記用具メーカー。ボールペンは安価なものから品揃えがあるが、プレゼントとしてはデザイン性がぐんと高くなる5,000円以上のものを選んで。持ち手に木を使用したデザインのものはオリジナル製が高く、特におすすめ。

マフラーや手袋:冬のあったかグッズは彼女から貰いたい

プレゼントの時期が2月中旬。まだまだ寒いけれど、いまさら防寒グッズをもらっても…という彼も正直いるでしょう。

とはいえ冬のあったかグッズは自分で買うよりも、彼女からプレゼントとしてもらいたいという男性が多い事も事実。

今年は使える期間が少なくてもこの先何年も長く使用する事ができるので、素材は質の良いウールのカシミアを選ぶのがポイントです。

おすすめの品物はこちら

GlenPrince(グレンプリンス)のラムウールマフラー(6,000円~10,000円前後)
スコットランドの羊毛・カシミアブランド。英国王室の伝統を想起させるブランドイメージを持っているため、いつの時代も不変な上品さを感じられるデザインばかり。長く持つにふさわしい一品がきっと見つかるはず。
tet.(テト)のカシミア製手袋(10,000円前後)
日本の手袋メーカー。男性の手袋はレザー製も人気だが、女性が贈るのなら柔らかで温かみを感じられるカシミア製がおすすめ。カシミア100%の手袋はシンプルなデザインながらも質の良さがしっかり感じられ、長く愛用するにはぴったり。

アクセサリーや香水:いつも身に付ける事ができて彼女を側に感じられる

ちょっぴり束縛しがちな彼なら、アクセサリーや香水がおすすめです。

彼女をいつもそばに感じる事ができますし、お揃いで持ちやすい点もポイントです。お揃いで持つ事で、彼の独占欲を満たす事ができるでしょう。

おすすめの品物はこちら

PHILIPPE AUDIBERT(フィリップオーディベール)のブレスレット(10,000円~)
フランスのアクセサリーブランド。主にシルバーのチェーンを用いたブレスレットが人気。シンプルな物から個性的で目をひくものまで、デザインが豊富なので彼に似合うものを選ぶのも楽しい。女性にも人気のブランドなのでお揃いで持ちやすい。

香水に関しては、好き嫌いがあるので普段香水をつけない彼には選ばない方が無難です。

香水好きな彼なら、次に欲しいものをリサーチしましょう。またはユニセックスなものを選べば一緒に付ける事ができるので、お揃いの香りというだけで満足してくれる彼もいるでしょう。

ブランドによっては同シリーズでメンズとレディースの香りを出しているものもあります。それぞれ違いながらもどこか相互性があるような香りは、2人で使えばカップルならではの香りのお洒落を楽しむ事ができます。

スマホケースやカバー:自分では買わないような少し値の張るものを選んで

女性は比較的スマホケースやカバーを利用している人が多いですが、男性はあまり使っていない人が多いようです。

女性が選ぶものは、デザインが豊富でまた安価でも可愛く持てるものばかり。しかし男性が選ぶとなるとシンプルなものが多くなる為、ブランドや素材にこだわらないとなんだか残念な印象になってしまうのだとか。

したがって、カバーを付けるのなら良いものが欲しい。でもついつい後回しになって結局使っていない。こんな男性が多いようなので、プレゼントに贈れば喜ばれる事も多いでしょう。

ケース型かカバー型の好みも別れるようです。手帳のようなケース型は画面を保護できる利点がありますが、かさばる・開くのが面倒という声も。背面のみのカバータイプはデザイン性の高いものが多く、人気の面では分配があがるようです。

おすすめの品物はこちら

MAISON TAKUYA(メゾンタクヤ)の革製スマホカバー(10,000円~)
フランス人が設立した完全ハンドメイドのレザー小物ブランド。しっとりと手に馴染む上質な本革と、高級感溢れるデザインが人気。財布などはかなり高価だが、スマホカバーなら比較的リーズナブルなのでプレゼントに最適。

手作り料理:普段料理をあまりしない彼女の特権

バレンタインなら、料理を振舞われるのも立派なプレゼントに感じる男性が多いようです。ただし普段から料理上手な彼女の場合は、残念ながら有難みがあまり感じられないそう。

あまり料理をしない彼女が、バレンタインに自分を喜ばせようと思って頑張って作ってくれた。このシチュエーションにぐっと来るようです。

季節が冬という事もあり、男性が喜ぶのはあったかい煮込み料理やグリル料理。ちょっとしたご馳走感が出るビーフシチューや、熱々が美味いグラタン等がおすすめです。

ワインなどのお酒類:2人で楽しめるのが嬉しい

お酒の好きな彼にはお酒を贈るのもおすすめです。シャンパンやワインなど、特別感の出るものを選んで贈りましょう。

バレンタインにはゆっくりどちらかの家で過ごす場合は、2人で楽しむ事ができるのも嬉しいポイントです。

手紙:気持ちのこもった直筆の手紙はプライスレスな嬉しさ

用意したプレゼントに加えてぜひ彼へ渡したいのが直筆の手紙。今どき手紙なんてと思うかもしれませんが、この時世だからこそ直筆で書かれた手紙をもらうと新鮮ですごく嬉しいと思う男性が多数派。

普段は照れくさくて言えない事でも、手紙には素直に書く事ができるはず。お互いの気持ちを再確認する事ができて、きっと絆が深まりますよ。

まだ付き合っていない本命男性へのプレゼントは、気軽かつ貰うと嬉しいものを

次は、まだ付き合っていない本命の男性へのプレゼント選び。喜ぶものに加えて「引かれない」ものを選ばなくてはいけません。

本命の男性に贈るプレゼント選びのポイントは、気楽に受け取ってもらえるものを選ぶ事。「普段使いできる、何気ない大したことないもの」を選びましょう。

受け取る側が負担にならないような、それでいて贈られると嬉しいプレゼントをもらう事で、「気が利いている女性だな」と好印象を与える事ができるはず。

ここでは、あなたの事をつい意識し始めてしまうような、気の利いたおすすめプレゼントを紹介します。

靴下:何枚あっても嬉しい!自分ではあまり買わない質の良いものを

靴下なら気軽感が出せて、かつ貰ったほうも何枚あっても良いものなので単純に嬉しいでしょう。

プレゼントとして贈るのならば、男性が自分ではあまり買わないような質の良いものを選びましょう。

おすすめの品物はこちら

HALISON(ハリソン)の靴下(1,000円~)
日本の老舗靴下メーカー。日本製にこだわり、高品質でありながら値段もリーズナブルなのでちょっとしたプレゼントにぴったり。ブランドの代名詞とも言えるアーガイル柄をぜひ選んで。ネイビーなどの落ち着いた色を選べばスーツにも合わせられる。

コーヒー:コーヒー好きの男性へ。好きな物を選ぶ事で好印象に

毎日コーヒーを飲んでいるようなコーヒー好きな彼なら、コーヒーをプレゼントするのもおすすめです。

嗜好品といっても食べ物よりも贈り物としてのセンスが感じられ、また、自分の好きなものを知っていてそれを贈ってくれたという気持ちは単純に嬉しく感じる事でしょう。毎日飲むもの=気軽なものとして受け取りやすいのもポイントです。

好みは確かにあると思いますが、コーヒーがとても好きな人なら、このコーヒーはどうしても口に合わないというものは基本ないはずです。たまには違ったものを楽しみたいと思う人も多いと思うので、銘柄などはあまり気にせず選びましょう。

おすすめの品物はこちら

すみだ珈琲のコーヒーバッグ5袋入り(1,000円)
墨田区で開業されたコーヒー専門店、すみだ珈琲。様々なコーヒー産地から個性の違う5種類が選ばれた5袋入りは、パッケージもシンプルかつお洒落でプレゼントにぴったり。紅茶のように抽出するティーバックタイプなので、オフィスでも気軽に楽しめる。

ハンカチ:何枚あっても嬉しい。ビジネスシーンで使える質の良いものを

ハンカチも何枚あっても嬉しい、かつ気軽に受け取れる贈り物です。ビジネスシーンで使える質の良いものを選べば、きっとどんな男性にも喜んでもらえるはずです。

ビジネスシーンで普段使いできるのは綿製のもの。フォーマル時に使用するシルク製のものは、どちらかというと彼女のように親しい仲から贈られるものと感じる人が多いようなので避けましょう。

ラルフローレンやバーバリーといった定番の高級ブランドを選べば間違いありません。

彼女になる夢が遠のく?本命男性へ選んではいけないプレゼント

本命の男性の気を引きたくて、

  • 彼の喜ぶものを色々と考えて
  • 自分の事をもっと知って欲しい

これらの思いからプレゼントを選ぶと、重すぎて引かれてしまう場合もあります。

そこでここではまだ付き合っていない男性へ、贈るのは避けたほうが良いプレゼントについて紹介します。

避けた方が良いプレゼントはこちら。

  • 金額が高価
  • 手編みのマフラーなど
  • 手作りお菓子
  • 身に付けるアクセサリー
  • ペアグッズ
  • 映画やコンサートなどのチケット
  • 自分の好きな音楽や本
  • お守りやパワーストーンなどのスピリチュアル系

高額なものは彼女以外の相手からはもらっても困りますし、手作り系や普段身に付けるアクセサリー系、ちょっとしたお揃い系でも他人からもらうと「重い」と感じる場合がほとんどだそう。

彼の好みの映画やコンサートのチケットは一見気が利いてそうですが、「一緒に行こう」と暗に言われているようでやはり重いそう。

自分の好きな音楽や本を「これ、おすすめなんだ」と渡されるのも、好きな女性からなら歓迎ですが、まだそこまで意識していない女性からだと『どうでもいいんだけど…』という気持ちになってしまうのだとか。

お守り系を渡すのもNG。単純にあなたの幸せを願っていますという思いから渡したとしても、スピリチュアル系な印象を与えてしまい、ちょっと面倒と思われる事が多いのです。

相手が彼氏でも!どんな相手にも贈らない方が無難なプレゼント

相手が付き合っている彼氏でも、選ばない方が良いプレゼントはあります。一概には言えませんが、男性全般には避けた方が良いと思われるプレゼントについても紹介しておきます。

趣味のメイングッズは贈らない!好きなものを自分で選ぶのが一番だから

彼の趣味をリサーチして、そのグッズをプレゼントしたら喜ばれると考える女性も多いでしょう。この場合、気を付けないとがっかりされてしまう事があります。

趣味に関連するものを贈るのなら、メイングッズは避ける事。これが大切です。メイングッズは気に入ったものを自分で選ぶのが一番だからです。

ゴルフが趣味の彼なら、(金額的にも現実的ではありませんが)ゴルフクラブは贈ってはいけません。それよりもゴルフカバーを選びましょう。

自分のいいなと思ったものを贈ってはだめ

女性へのプレゼントは、自分の良いと思ったものを選べば相手も喜んでくれる場合が多いでしょう。しかし男性へのプレゼントとなると、それではNGです。

なぜなら女性と男性の好みや思考はかなり違うから。女性がデザインで選びがちなのに対して、男性は実用性・機能性を重視するといったようにです。

したがって男性へのプレゼントを選ぶ際には、自分のいいなと思ったものよりも(例えばこういった記事のような)客観的な視点を大切にして選びましょう。

気の利いた、気持ちのこもったプレゼントを贈る事で彼ともっと近づける!

バレンタインには定番のチョコレートを贈るのももちろん良いですが、彼の事を考えて選んだプチギフトならば、もっと喜んでもらえる事間違いありません。

気持ちのこもったギフトに感心するだけでなく、自分の事をこんなにも考えてくれているんだときっとあなたへの想いもさらに高まるはず。

まだ付き合っていない彼に対しても、気の利いたプレゼントを贈る事で今後きっとあなたの事を意識するきっかけとなるはずです。

今年のバレンタインは、チョコレートよりも気持ちのこもった、気の利いたプチギフトを贈ってみませんか?きっと、大好きな男性ともっと近づける機会になるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
バレンタインにオススメのプレゼントと避けた方がいい物とは?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/varentaincyoko1122/

この記事をシェアする

関連記事

コメント