• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せ期はいつ?自分の痩せ期を知ってダイエットに活かそう

Date:2018.07.04

この記事のタイトルとURLをコピーする
痩せ期はいつ?自分の痩せ期を知ってダイエットに活かそう|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/yaseki62795/

いろいろなダイエットを試したけどなかなか痩せることができない!
食べ物にも気を付けているのになぜか痩せない!
もうダイエットで失敗するのが嫌!

というような悩みはありませんか?

努力しているのにダイエットが成功しないあなたに朗報です!ダイエットが成功しないのには実はちゃんとした理由があったのです。

みなさんは自分に「痩せ期」というのがあるのをご存知でしょうか?自分の痩せ期を知ることができれば、それに合わせてダイエットをするだけでうまく痩せることができるのです。

もうダイエットで失敗しないためにもこれを読んで自分の痩せ期を知りましょう。今日から必ず成功するダイエットができるはずですよ。


痩せ期はいつくる?痩せ期について詳しく知ろう

痩せ期はいつくるのか、なぜ痩せやすい体になるのか、とても気になりますよね。まずは、一般的に痩せ期がくる時期や痩せ期に起こる体の特徴などについてご紹介します。

生理後10日間が痩せ期!生理周期を詳しく知ろう

個人差はありますが、生理後10日間が痩せ期といわれています。

また、生理周期は以下の4つに分けることができます。

  • 生理中(ダイエットお休み期)
  • 生理後(痩せ期)
  • 排卵後(調整期)
  • 生理前(デトックス期)

それぞれの期の特徴をみていきましょう。

特徴・ダイエット時の注意点など
生理中 痩せにくい時期なので今の体重を保つことが大事。体に負担をかけてはダメな時期。
生理後 痩せ期。キラキラ期とも呼ばれる。精神的にも安定し、お肌の調子がいいのもこの時期。ダイエットにも効果的な時期。
排卵後 痩せ期が落ち着いてくる時期だが、まだまだダイエットに効果的な時期ともいえるのでダイエットを継続することが大事な時期。
生理前 体に老廃物がたまりやすく、食欲が旺盛になったり甘いものが欲しくなったりする時期。現状を維持するのに最も注意が必要な時期。

どの時期も7日間程度です。

詳しく周期を知らなくても女性ならば誰しもが生理前に甘いものが食べたくなったり、イライラしてしまったりという経験がありますよね。自分自身が一番わかっているはずなのに生理前にたくさん食べてしまい太ってしまいがちです。

また、ダイエットをしているのになぜか太るのも生理前の特徴です。

女性に生理はつきもの!生理前の現象は仕方がないことなのです。生理周期を把握して、排卵後の痩せ期を狙い、効率よくダイエットをしましょう。他の時期は現状維持を意識しましょう。

なぜ生理後が痩せやすい?痩せ期に起こる体の特徴

生理後が痩せやすい体になるには女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンには妊娠の準備から出産するという大事な役目があります。

女性ホルモンには2種類あり、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンがあります。2種類の女性ホルモンがうまくバランスを取りながら女性の体に分泌されるわけです。

これらの分泌時期と働きをみてみましょう。

ホルモンの分泌が多くなる時期

  • エストロゲン 生理後から排卵期(生理後から約7日間)
  • プロゲステロン 排卵期から生理前(排卵日から約7日間)

ホルモンの分泌が多くなると起こりやすい症状と働き

エストロゲン プロゲステロン
  • 肌や髪にツヤを出す。
  • 女性らしい丸みのある身体を作る。
  • 自律神経を整える。
  • 内臓脂肪の蓄積を防ぐ。
  • 代謝をあげる。
  • 骨や血管を丈夫にする。
  • 老廃物を排出する。
  • 食欲をあげる。
  • イライラする。
  • 水分を体内にためこむ。
  • むくみやすくなる。
  • 肌荒れがおこる。
  • 妊娠の準備をする。
エストロゲンが分泌されるのは生理後から排卵期、つまり痩せ期です。エストロゲンの代謝を上げたり、内臓脂肪の蓄積を防いだりという働きがあるため、生理後にエストロゲンの分泌が増えることによって、脂肪燃焼しやすい時期「痩せ期」となることがわかりますね。

簡単に知れる!自分の痩せ期の見極め方について

生理周期、痩せ期がなぜ痩せるのか、女性の体に起こることについて詳しく知れたと思います。でも生理周期は人によってさまざまです。自分の正確な生理周期を知ることで、より正確な痩せ期を知ることができますよ。ここでは自分の痩せ期の見極め方についてご紹介します。

まずは基礎体温を測ってみよう

基礎体温とは、普通の体温計で測るのではなく、より正確な数値を知ることができる「婦人体温計(基礎体温計)」で測った体温のことをいいます。婦人体温計で体温を測ると小数点以下2桁まで測定することができます。そして測る場所も脇の下ではなくより正確に測れる口の中での測定になります。

婦人体温計は薬局などで購入できるので用意しましょう。
測定は朝目覚めたら起き上がらずにすぐ婦人体温計をくわえ、舌の裏中央部分にはさんで測ります。

正しく測定するために

  • 寝る前に枕元に婦人体温計をおいておくこと
  • 毎朝同じ時間、同じ位置で測ること
  • 測定中はなるべく動かないこと

が大事です。

自分の基礎体温表をつくろう

測定が終わったら基礎体温表を作りましょう。生理日初日をはじめとしてグラフにしていくと、とても見やすい基礎体温表ができますよ。3か月ほど継続して測るのがポイントです。

1か月の基礎体温表はだいたい2層にわかれます。

最初の2週間は体温が低めである「低温期」となり、あとの2週間は体温が高めである「高温期」となります。

そしてこの体温の切り替わりの時期が排卵日です。

この基礎体温表から痩せ期は低温期であることがわかります。この低温期をねらってダイエットの計画をたてましょう。

また、基礎体温表がきっちり2層に分かれずガタガタになったり、ずっと低体温だったりする場合はストレスなどでホルモンバランスが崩れている可能性があります。35度台の低体温ではかえって基礎代謝が下がったり、体にさまざまなトラブルがでてきたりします。なるべくストレスをためこまないようにし、適度な運動で低体温を防ぎましょう。

痩せ期を活かしたダイエット方法を紹介

痩せ期にダイエットといってもどのようなダイエットをしたらいいのかわからないですよね。ここでは痩せ期を活かしたダイエット方法をご紹介します。

まずはマッサージで体の老廃物をだそう

痩せ期は蓄積されていた水分が排出されむくみがとれる時期でもあります。その働きを活かして痩せ期にマッサージすることで体の老廃物をだしすっきりとした体になりましょう。

マッサージはお風呂上がりや寝る前にするとより効果的ですよ。

おすすめのリンパマッサージ

  1. 右の足指と左の手指を握手してからませ、そのまま足首を大きく回しながら足指を指圧してほぐします。
  2. 右足首の内側からふくらはぎの外側へ、右足首の外側からふくらはぎの内側へと引っ張るように両手の手のひらでさすって圧力をかけるようにマッサージします。
  3. 膝立ちになり、膝の裏から太ももへとセルライトをつぶす感じでねじるように両手でさすり引っ張ってマッサージします。そのまま太ももの付け根まで圧力をかけます。
  4. ここまでを左足も同様に行います。
  5. 次に座った状態でお腹の上に両手を重ねてぐっとおし、お腹に圧力をかけます。
  6. 鎖骨からお腹まで手のひらでさすりマッサージをします。
  7. 胸の中心に両手の指を添えて、乳房の下を通って脇の下までさすりマッサージをします。
  8. 胸の中心に両手の指を添えて、今度は鎖骨の下を通って脇の下までさすりマッサージをします。
  9. 左腕を斜め前に上げて、右手の指で手首から脇までさするようにしてマッサージをします。同様に右腕もします。
  10. 首の後ろに両手をあてて、鎖骨までさするようにしてマッサージをします。
このようにして全身のマッサージを手でさするようにして圧力をかけてマッサージすることでリンパが流れスッキリしますよ。痩せ期に行うととても効果的なのでおすすめです。

痩せ期はとにかく有酸素運動をしよう

痩せ期は代謝があがっているのでジョギングやウォーキングなどの有酸素運動によって脂肪を燃焼させるのがとても効果的です。日常生活でも階段を使ったり歩いたりすることを意識して体を動かすことでさらに効果があがりますよ。

また、筋トレで集中して行いたいのは足の筋トレです。足は全身の筋肉の約70%が集まっています。足の筋トレに最も効果的なのはスクワットです。

またスクワットは太ももやふくらはぎに効果があるのはもちろん、お尻やお腹を鍛えるのにも効果的です。

お家でもできる運動なので痩せ期に集中してスクワットをすると良いですね。1日20回を目安に頑張りましょう。

スクワットの正しい仕方

  1. 手と背筋はまっすぐにし、足は肩幅より少しひらいて立ちましょう。
  2. この状態でなるべく膝が90度になるまで腰をおとします。このとき背中は丸めず、ひざがつま先より前にでないように気をつけましょう。

スクワットのポイント

  • 屈伸するときは背中を丸めないこと
  • ひざをつま先より前に出さないこと
  • 常に太ももに力が入っていることを意識すること

▼スクワットダイエットについてはコチラを参考にしてください!

スクワットの写真

食事はタンパク質を中心にしよう

運動とともに合わせて行いたいのは食事の管理です。痩せ期は代謝があがるからといって好きなものを好きなだけ食べていたらダイエットに失敗するかもしれません。

ダイエットに効果的なのはタンパク質をとることです。タンパク質は筋肉や皮膚、髪の毛などを作る大切な栄養素です。運動するとともにタンパク質中心の食事にすることで、さらに脂肪が燃焼しやすくなり、筋肉がつきます。

タンパク質が多く含まれる食材は、鶏ささみや鶏むね肉、大豆製品や白身魚などがあるのでこれらを積極的に摂るようにしましょう。

また、タンパク質だけをとるのではなく野菜などもしっかりと食べて栄養バランスにも気を使いましょう。
生理前に食べ過ぎたとしても痩せ期の食事に気を付ければ体重を戻すことができますよ。

痩せ期をフル活用して失敗しらずのダイエットへ

いかがでしたでしょうか?自分の痩せ期を知ることで効率よくダイエットができそうですね。

運動が苦手な方も痩せ期だけならば集中して運動を行うことができるのではないでしょうか?

まずは基礎体温をつけて自分の正確な痩せ期を確認しましょう。

女性ならではの痩せ期の特徴を活かして失敗しらずのダイエットを始めてみませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
痩せ期はいつ?自分の痩せ期を知ってダイエットに活かそう|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/yaseki62795/
ライター:ISO IYO

この記事をシェアする

関連記事

コメント