• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バテ気味の肌の改善方法―良い睡眠を促すあなたに合うアロマは?

Date:2014.09.12

暑さで体も不調を感じるように肌も夏バテ症状が出るのをご存じでしょうか?夏バテすると、食欲がなくなったりお腹が緩くなったり、いわゆる胃腸のトラブルを起こしやすのです。

胃腸にトラブルを持てば、腸で作られているホルモンもバランスを崩すため、肌に湿疹やニキビができたり肌荒れでカサカサになったりするのです。

ですから夏バテしないことは肌にとっても重要な事なのです。しかし、誰でも夏になれば暑さに順応出来るまでバテ気味になるものです。

バテ気味の肌の改善には良質の睡眠が欠かせません。バテてしまって胃腸の調子が悪いんだから胃腸を治せばいいんじゃない?と思われるかもしれませんがそれだけでは肌の調子は治りません!

バテ気味な肌に睡眠?!

ではなぜバテ気味な肌を改善するのに、睡眠が良いのか?それは肌の再生を促す成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。しかもノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りの時間帯。

これがまたノンレム睡眠という熟睡状態が朝までずっと続くわけではないのです。レム睡眠という浅い眠りとノンレム睡眠を繰り返しながら眠っているのです。睡眠のゴールデンタイムは10:00から深夜2:00というのを聞いたことがありませんか?

これは時間帯がゴールデンと言われていましたが、そうではなく眠りについてから2,3時間がゴールデンタイムと言われるようになりました。

ノンレム睡眠の周期が3回起こりその間に成長ホルモンの分泌がマックスになると言われているためゴールデンタイムと言われているようです。

つまり生きていく上で欠かせない体のまたは肌の再生を促す成長ホルモンが作られる時間を指すためゴールデンなのです。ですから肌荒れや赤み湿疹などの肌の調子を改善するためには、良質の睡眠は欠かせないのです。

良い眠りにつくために、寝室の照明を変えたり、寝る前の読書をしたり、あるいはストレッチをするようにしたりと心がけておられることがあるかもしれません。

このような習慣は良質な睡眠を促す助けになるので良い習慣です。さらに良い睡眠を促すのにアロマも良いのをご存じな方もおられるのではないでしょうか?

しかし、何がどのように良いのか?香りの好みで決めてしまう事がありますが、アロマにはそれぞれ異なる効能がありますから、効能を知ってベッドに入って速やかに深い睡眠に入れるようにしましょう。

睡眠と共に肌にも良いアロマって!?

今回は睡眠に良いだけでなく、バテ気味な肌の調子を整えるのにも良いアロマの両方を選びのご紹介です。良質な睡眠をとる事で成長ホルモンの分泌をよくし、肌自体の補習効果のあるアロマ(精油)を使う事で体調も肌も整えていきましょう。

ラベンダー

眠りに良いアロマとして代表的なものがラベンダー。ラベンダーは安眠作用がある事でもよく知られていますが、鎮静作用と共に殺菌作用もあるアロマ。夏バテで風邪気味で頭が痛いなどの場合にぴったりのアロマです。

サンダルウッド

サンダルウッドは、白檀(びゃくだん)として日本で親しまれています。サンダルウッドはリラックス効果と共に抗炎症作用があるため肌の酸化を防ぐアロマのアンチエイジング作用があります。

ローズウッド

あまり知られていないアロマの1つ。ローズを思い描いて嗅いでみると、ローズ独特の強い香りはしません。ほのかにバラのような甘い香りが魅力的なのがローズウッドです。

効能は心身のバランスを落ち着かせる作用を持っています。そして肌にうれしい作用として、細胞の再生に働きかけ老化を抑える作用があるとも言われている魅力的なアロマです。

イランイラン

イランイランは香水の原料。つる科の植物で花の前を通るだけで香りがすぐわかるほどはっきりした芳香性を持っています。イランイランの芳香はホルモンのバランスを整える作用があると言われています。

また良質の睡眠に欠かせない催眠作用があるので、肌の調子を整えるためしっかり睡眠をとるのにぴったりのアロマです。

ローマンカモミール

ハーブティーとしての効能は催眠効果があるとされるハーブですが、精油での使用では保湿効果があり、炎症を抑える作用があるとされています。アロマも優しくノスタルジックなアロマです。

アロマはピローにつけるだけでも!

アロマの使い方として、キャンドルポットを使用することもできますが、火の元を気にしなくてよい電気アロマポットの方が安心して眠れるでしょう。

しかし、手元にそのようなものがなくても、ピローの端に1,2滴落としておくだけでも効果があります。タオルにつけるだけでも良いでしょう。1,2種類選んでおいて手軽に楽しんでみてください。

バテ気味な肌にもアロマを楽しむようなリラックスして過ごす時間が大切です。そして良質な睡眠をとって肌の調子を整えていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事