• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せるために補うべきは酵素!健康的な酵素ファスティングの方法

Date:2016.10.05

shutterstock_366885845近年、ダイエットとして人気のファスティング。興味はあるけれどよくわからない、食べるのを我慢なんてできない、続ける自信がないなどの理由でなかなか手を出せない方も多いですよね。

実はファスティングは今や医療の分野からも注目される健康療法。美的効果もあって健康的にもなれるので、現代人にはとても効果が高いとされているのです!

何も食べない、水だけで我慢…そんな苦しいファスティングではなく、体に必要な栄養素をきちんと取り入れて行うことで無理せずに自分のペースで出来るファスティングがありますよ!

今回は、食生活な乱れがちな現代人におすすめとされるファスティングについて詳しく紹介していきます。


オススメは酵素を取り入れながら行う酵素ファスティング!

ファスティングとは「fast」=断食のことです。

古くは儀式や修行などの意味合いがありましたが、近年は療法のひとつとして医療の分野で行われる断食法です。

フランスでは「メスのいらない手術」と呼ばれており、ドイツには「ファスティングで治せない病気は医者でも治せない」ということわざもあるほど。

「断食」というと一切の食べ物をとらずに水だけでひたすら耐える…なんてイメージしがちですが、近年、テレビやネットで取り上げられるモデルや芸能人、アスリートなどが取り入れているファスティングは、完全なる絶食ではありません

必要最低限のカロリーやミネラル、ビタミンを補いながら行う断食法です。では何で補っていくのかというと、酵素

まずは、ファスティングするうえで大切な酵素について説明していきますね。

酵素は生命活動に欠かせない大切な存在

酵素とは消化、吸収、代謝、排せつ、新陳代謝など…生物が生きていくうえで行うすべての「生命活動」に欠かせない大切なたんぱく質のひとつです。

大きく分けると「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3つに分けられます。

消化酵素
消化器官内に存在し、食べたものを分解し、消化・吸収されやすい形に変化させる酵素のこと。
代謝酵素
細胞・組織・血管内に存在し、生命活動をコントロールする酵素のこと。新陳代謝、老廃物の排出、呼吸や脳の活動、自然治癒力などに大いに関わっています。
食物酵素
その名の通り、食べ物から摂取する酵素のことで、肉、魚、発酵食品、生のフルーツや野菜に含まれています。体内酵素に働きかけて、活性化してくれます。

「消化酵素」と「代謝酵素」は生まれたときから持っている「体内酵素」です。

この2つの酵素、元は一緒で、消化に必要なときは消化酵素に、代謝に必要なときは代謝酵素に、都度働きを変えて使われています。

だから、食べ過ぎて消化に酵素がたくさん使われ過ぎてしまうと、生命活動に必要な代謝酵素が不足してしまうということに…

さらにこの体内酵素は、一生のうちに分泌される量は決まっていて、年齢とともに減少するとされているのです。

そこで体内酵素をサポートしてくれるのが食物酵素。消化酵素の負担が軽減され、その分を代謝酵素にまわすことができるのです。

現代人にファスティングが必要な理由

今、なぜこれほどまでに注目されているかというと、理由は現代人の食生活にあります。

  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ
  • 高カロリー
  • 高塩分
  • 食品添加物
  • 残留農薬

など、私たちの食生活は乱れがちです。

いつでも好きな時に好きなものを食べられる飽食の現代は、1日3食の食事でも、胃腸はなかなか休むことが出来ていない状態。消化器官は働きづめ、毎日酷使してしまっているのです

そこで、

  • 毒素排出
  • 体質改善
  • 生活習慣病の予防

を目的とした療法がファスティング!

一定期間、食事をとらず胃腸を休めることで、体の中では様々な変化が起き、臓器の働きの向上や血中、細胞をきれいにすることができます。つまり、体の中のクレンジングです。

ファスティング=ダイエット、というイメージをしてしまいますが、美容効果だけではなく、健康法としてもとても効果の高いものというのがわかりますよね。

酵素ファスティングがもたらす嬉しい効果

体の中がキレイになると数々の健康改善、美容効果が得られます!

ダイエット効果
単純に摂取していない分、体重や体脂肪はダウンします。それだけではなく、細胞の内部がきれいになると代謝があがり、脂肪燃焼しやすい体になります。
アンチエイジング効果
老化の原因とされる活性酸素の生成を抑制してくれます。
デトックス効果・美腸効果
酵素の働きによって排せつ力が高まります。体の中に溜め込んだ毒素が排出されるので、腸内環境が整い、便秘も解消!
美肌効果
代謝酵素が十分に機能すると、細胞の中の遺伝子がきちんと修復され、細胞の生まれ変わりもスムーズになります。細胞内の要らないものも排出されるので、どんどん健康的できれいな状態に変わっていきます。また、肌環境も良くなるので、くすみや乾燥、シミやシワにも効果的です。
集中力アップ
脂肪燃焼したときに作られるケトン体という成分が脳内にα波を増加させます。体がリラックス状態になり、集中力がアップします。
免疫力アップ・冷え改善
血液がサラサラになると体のすみずみまできれいな血液がめぐっていきます。深刻な生活習慣病の予防にもなりますし、血行が良くなり、冷えやむくみの改善につながります。また、血液中の白血球が活性化するので、免疫力がアップし、ウイルス系の病気にもなりにくくなります。
感覚が鋭くなる
特に味覚に変化が出やすいようです。普段、味の濃い食事で麻痺している味覚でも、ファスティングで休ませることで、味覚が正常化すると考えられます。

効果重視?ペース重視?ファスティング中の酵素の補い方

酵素を補いながら行うファスティング。補う食べ物、飲み物は様々で迷ってしまいますよね。

効果重視なら酵素ドリンクがおすすめ

もっともファスティングに適しているのは酵素ドリンクです。

理由は下記の通り。

  • ファスティング時に必要な栄養素が豊富に含まれている。
  • 発酵する過程を経ている酵素ドリンクは栄養素が細かく粉砕されているので、体内の消化酵素を使うことなくファスティングが出来る。

ファスティングの目的は、消化酵素の消費を最大限に抑えて、代謝酵素にシフトさせること

酵素ドリンクは、ファスティングに最適化されて作られているので、一番効果的な飲み物といえます。

酵素ドリンク以外でも酵素の摂取はOK

おすすめは酵素ドリンクですが、例えば

  • 納豆
  • 豆腐

などの発酵食品、

  • グレープフルーツ
  • バナナ

など酵素が多く含まれる野菜や果物でも補うことはできます。

あまりストイックにしたくないという方は、酵素ドリンクではなく、取り入れやすい新鮮な野菜や果物で補うのも良いですね。

ストレスなく、気持ちよく行うことも大切です。

また、最近人気の「ジュースクレンズ」という健康法もあります。

ジュースクレンズとは?

海外セレブや最近では日本のモデルや美に敏感な女性たちに人気のファスティング方法のひとつです。食事の代わりにコールドプレスジュースを摂取します。

コールドプレスジュースとは専用の圧搾機を使って、熱を加えずに野菜や果物を圧搾することで、栄養素を凝縮して摂取できるジュースのこと。市販の野菜ジュースに比べて、その栄養価ははるかに優れていて、飲むサラダとも言われています。

お店は現在、都内を中心に続々とオープンしています。どこも原料の野菜や果物は有機・無農薬などの高い品質にこだわっており、搾りたてのフレッシュな状態で摂取することも重視されているので、基本的には店舗購入、さらにジュースにしてはちょっと高めの値段設定です。(1本1000円前後)

おしゃれな方法を取り入れるのも楽しく続けられるポイントですよね。

ライフスタイルや好みで選ぶ!レベル別ファスティングプラン

ファスティングには興味があるけど、仕事もあるし、なかなか手が出しにくい…という方も多いですよね。

ここからはレベル別でファスティングプランを紹介していきます。主に酵素ドリンクを取り入れた方法ですが、自分のペースや好みにあわせて取り入れてみてくださいね。

※妊娠している方や体の不調がある方、通院している方や薬を服用している方などにはおすすめできません。自身で勝手に判断することや自己流で行うことは厳禁です。場合によっては医師に相談するなどしましょう。

レベル1:夜だけファスティング

内容は簡単、寝る前の4時間何も食べないこと!手軽に安心してトライできそうですよね。

夜は消化酵素にとって吸収と代謝の時間です。ですから、

  • カロリー消費ができず脂肪を溜めやすい
  • 脂肪を溜めこむたんぱく質が増える
  • 代謝が低い
  • 食事誘導性熱生産(栄養素を分解するのに必要な消費カロリーのこと)が少ない

とされていて消化には不向きの時間帯なのです。

レベル1:朝だけファスティング

朝は排せつの時間。朝食の食べすぎは消化不良につながりかねません。

  • 酵素ドリンク
  • コールドプレスジュース

などで酵素を摂取しましょう。

レベル2:朝と夜だけ

昼食は好きなものが食べられるので、働く女性にはチャレンジしやすいプランです。

  • 朝:酵素ジュース
  • 昼:しっかり食べる
  • 夜:生野菜

という食生活にしてみましょう。

レベル2:週末だけのお手軽編

土日限定のファスティング法もありますよ!平日はなかなかファスティングしにくいという人にぴったりですね。

  • 朝:酵素ジュース
  • 昼:いつもより控えめなランチ
  • 夜:生野菜

これを2日間続けます。1日の食事量を通常の6~7割に抑えるようなイメージです。

レベル3:週末だけの本格編

週末の2日間だけならちょっとストイックでも大丈夫!という方におすすめなのがこちら。

  • 朝:酵素ジュース
  • 昼:白湯か梅干しだけ
  • 夜:酵素ジュース

【注意】

  • 水分をしっかり摂取しましょう!最低でも10杯以上は飲むこと。
  • 体温が下がりやすくなりますので、あたたかくして体を冷やさないように心がけて。

レベル4:2泊3日合宿

本格的な酵素ファスティングに挑戦したいなら合宿コースもありますよ!参加者同士で励ましあえるのでひとりで続ける自信がない方にもおすすめです。

また、医師やファスティングのプロが監修しているので、安心して取り組むことも魅力のひとつ。

最近は開放的なホテルで開催されていたり、リフレッシュできるメニューが取り入れられていたり、楽しくできるよう工夫されているので人気が高まっています。

レベル5:3日間行う

ファスティング慣れした経験者向けのもっともストイックなコースです。

それだけに効果はわかりやすいですが、きちんとルールを守らないと体調不良を引き起こしてしまいます。

体調が良い状態のときに、ルールをきちんと守って、注意すべきポイントを押さえて取り組むことが大切です。

ここでは酵素ドリンクによるファスティング方法を紹介します。

3日間のファスティングを行う場合、「準備期」「ファスティング期」「回復期」の3つの期間を設けることが必要です。断食の前後に体を整えるための時間を確保します。
1.準備期
胃腸と体調を整える、断食前の準備期間。日数は断食する日数と同じ日数以上です。ファスティングが3日なら準備期も3日以上設けます。

食事の内容は和食を中心にします。満腹まで食べずに、腹7分目か8分目を目安に食べましょう。

【注意】

  • ゆっくりとよく噛んで食べるように意識しましょう。
  • 間食、夜食、アルコールは厳禁です。
  • 夕食は20時を目安に済ませましょう。
2.ファスティング期
いよいよファスティングに入ります。摂取する酵素ドリンクは推奨分量に従って飲んでいきます。

【注意】

  • こまめに水を飲むこと。白湯でもOKです。
  • 断食中は体温が下がりがちです。普段冷え性でない方も体をあたためるよう気を付けましょう。
  • 適度な運動は体内活動の活性化に有効ですが、激しい運動は控えましょう。
好転反応

正しい方法でファスティングを行うと、体が毒素や老廃物を排出しようとする働きによって、体調不良が強く出てしまうことがあります。特に普段の生活リズムが崩れている方に出やすく、症状はめまいや吐き気など。体を温めて、横になってゆったり過ごしましょう勝手な判断で薬やサプリをとったりはしないこと。

また、症状がひどい場合はここで断食は中断しましょう。お粥やうどんなどを食べる、場合によっては医師に相談するなどして、適切に対処しましょう。

3.回復期
体を通常の状態に戻していく大切な期間。日数はファスティングした日数と同じ日数です。

この期間の間、食事は消化の良いお粥かうどんにします。消化の良いものを少しずつ体に入れて、内臓を少しずつ動かしていきます。

【注意】

  • 消化に良いものをしっかり選びましょう。消化に良くない食べ物を摂ると、消化不良を起こして体調不良につながります。一見、良さそうに思える卵や乳製品も、動物性タンパク質で消化に良くないので気を付けましょうね。
  • 元の食生活に急に戻さないこと。消化不良の心配もありますが、リバウンドの可能性も高まってしまうためです。体はカロリーをとても欲していて、吸収しやすい状態にあります。

自分の体と相談して、無理せず、楽しくファスティング!

一種のブームと言えるほどファスティングは注目されています。酵素ドリンクの種類も、ファスティング方法も、多種多様です。反面、間違った認識で行うのはトラブルの元。

せっかく、健康的にもきれいにもなれるファスティングで、体調不良を招いてしまっては本末転倒です。

大切なことは、自分の体と相談しながら、自分のペースでファスティングすること!

ストレスなく、楽しく気持ちよく、胃腸を休ませてあげましょう。

そうすればファスティング後の体の調子はもちろんですが、心の調子も整えることが出来ますよね。

この記事をシェアする

関連記事