• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブーツの季節がやってきた!足が臭いと言われないための対策

Date:2015.01.31

shutterstock_216016510_

秋冬に欠かせないファッションアイテムと言えばブーツですね。夏を過ぎると店頭にブーツが並び始めて、オシャレ心をくすぐりますよね。

ブーツは寒い季節でも足を温めてくれますし、オシャレにも見えるとても優秀なアイテムなのですがただ一つ困るのがその臭いです。ブーツを脱いだ時に周りに漂うあの不快な臭い。何とかしたいですよね。

なぜブーツはこんなにも臭うのか

ブーツを脱いだときに自分の足の臭いにうんざりしたことはないでしょうか?女性なら一度は経験したことがあるはずです。あんなに臭うのはきっと私の足が特別臭いからでは?とさえ思わせるほど強烈な臭いを放ちます。

女性の皆さん、自分の足だけが臭いのではありません。ブーツには悪臭を発生させる条件がそろっているからです。

  • 湿度が急上昇
  • ブーツが暖かいのは、足とブーツが密着して隙間風が入らないように設計されているからです。隙間風が入らないと言う事は通気性も悪いということになります。

    つまりブーツの中は湿気がとても高い状態に保たれます。ブーツを履いてからほんの数分で湿度が急上昇しそれが履いている間中続くのです。

  • 適度な温度
  • 寒い外を歩いてもブーツを履いていれば足元はぽかぽかですよね。それはブーツが体から発する熱を逃がさずにとどめてくれるからです。その適度な温度がブーツを履いている間保たれます。

これは雑菌が繁殖する条件を満たしているのです。嫌な臭いを作り出しているのは雑菌ですが、雑菌は湿気と適度な温度が大好きなのです。その環境下で大繁殖をするため臭いがきつくなってしまうのです。

ブーツの履き方、扱い方で臭いを抑える

ブーツの臭いの原因である菌の発生を抑えることで臭いの発生を低減できます。

  • ストッキングより靴下を
  • 足は思った以上に汗をかきやすい場所です。しかもブーツのお蔭で余計に汗をかきやすくなっているのです。女性のみなさん、ストッキングにブーツという格好をよくしていますよね。

    ナイロン素材でできているストッキングは足の汗を吸収してくれませんので、それが余計に雑菌を繁殖させてしまいます。そこでブーツをはく時だけでもストッキングの上から綿素材の靴下をはくなどして、汗の吸収を抑えるのです。

    近頃は消臭効果のあるストッキングや靴下が販売されていますので、冬場だけでもそれを選んではくのもおすすめですよ。

  • 除菌スプレーを使う
  • ブーツをはく前にブーツの中に一噴き、ブーツに入れる足の部分に一噴きしておきましょう。またブーツを脱いだ後にも一噴きしておくことで雑菌の発生率をかなりおさえられますよ。

    ブーツの季節には使用頻度が高いですから、バックの中会社のロッカーの中、自宅の玄関に置いておくとすぐに使えて便利です。

  • 小まめに換気を
  • 湿度高い状態で雑菌は大繁殖をします。適度にブーツと足に風を通して雑菌の繁殖を抑えるのも良い方法ですね。ブーツで外出したときはトイレにいくついでにブーツも脱いで、中を乾かしましょう。

    また外出先から帰ってきたらブーツをすぐに下駄箱にしまってはいけません。玄関かもしくは外にしばらく置いて中を乾燥させるのです。

    お菓子や乾物を購入すると乾燥剤が入っていますよね。あれを捨てずに取っておくと使えますよ。ブーツを脱いだときにそれを入れておくと、普通に干しておくよりも早くブーツ内部の湿度が下げられます。

  • 毎日同じブーツをはかない
  • お気に入りのブーツがあると毎日それを履きたくなりますよね。それではブーツの中がしっかりと乾ききらないうちにまた雑菌を繁殖させてしまい、ますますブーツの中が臭くなってしまいます。

    一日履いたブーツは翌日しっかりと乾かして履かないようにします。おでかけのときは別のブーツで出かけます。そして翌日はしっかりと乾いたブーツを履いていけば臭いの発生を抑えられるのです。

足の臭いを元から絶つ

ブーツの中だけでなく足が臭っているとブーツの中も当然臭います。足の臭い対策も抜かりなく行いましょう。

  • 足を良く洗う
  • 足はとても汗をかきやすく寒い冬でも汗をかいています。汗を放っておくと雑菌が繁殖しますので清潔に保つ努力が必要です。

    お風呂に入ったら足を良く洗います。石鹸を泡立てて洗うだけでは足りません。手の指を使って足の指の間までしっかりと洗うのが基本です。この部分に汚れや雑菌がたまりやすいので細かい部分まで手を抜かずに丁寧に洗いましょう。

    殺菌効果の高いボディソープを使う、洗面器にお湯をはりそれに酢を入れたものに足を付けるのも効果的ですよ。殺菌力が高いので臭いの発生を抑えてくれます。

  • 足の角質を除去しよう
  • 足のかかとががさがさになっていませんか?それは足の皮膚が乾燥しているからです。お肌にターンオーバーがあるように足の皮膚にもそれがあります。

    がちがちになったかかとは古い角質が溜まっているので、それが嫌な臭いを発生させる原因にもなります。入浴して足の裏がふやけてきたら、ヤスリや専用の化粧迂品を使って時には足の古い角質を除去してあげましょう。

    足裏がつるつるになるとストッキングや靴下もひっかかりにくくなりますよ。

  • ブーツの時期は爪を短く
  • 夏はペディキュアをしたいので足の爪を伸ばしている女性が多いですよね。冬の季節はできるだけ爪は短く切りそろえておきましょう。

    爪の伸びている部分に雑菌や汚れがたまりやすいからです。手の爪と違って足の爪の伸びは気が付きにくいものです。小まめにチェックして清潔を保ちましょう。

ブーツの臭いの原因と対策、これがわかればこれからはブーツを脱いだ後の臭いを気にしなくて済みますね。臭いを気にする必要なくブーツのオシャレが楽しめるようになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事