• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエット中の飲み会を楽しむために知っておきたい7つの掟

Date:2013.08.04

ダイエット中であっても、友人や職場の同僚に飲み会に誘われたら断れないことありますよね。せっかくの機会ですから、飲んで騒いで、会話して、ダイエットのストレスも吹き飛ばしてしまいましょう。

今回は、「ダイエット中の飲み会を楽しむために知っておきたい7つの掟」を紹介します。これさえおさえておけば、今までの苦労が水の泡、なんて悲しい思いをしなくてすみます。

その1 朝・昼ご飯は控えめに!事前のカロリー調整を!

飲み会の食事は、どんなに気をつけていてもどうしてもカロリーが高くなってしまいます。とくに居酒屋メニューは、ダイエットの敵、タンパク質と脂肪分のオンパレードです。

夜存分に楽しむためにも、飲み会当日の朝・昼ご飯は控えめにしてカロリー調整を行うことがおすすめです。

朝は、野菜ジュースとお砂糖無しのヨーグルト、昼食はシンプルなざるそばとサラダなど、おかずを控えたあっさりメニューがいいでしょう。もちろんこれは一例なので、自分の生活パターンにあわせた調整を行ってください。

その2 飲み会前に軽くナッツやドライフルーツを食べておく

急な血糖値の上昇は、ダイエットの天敵です。カロリー不足のところに、お酒や揚げ物をがっつくと必要以上に栄養素を吸収してしまうので要注意。

飲み会の始まる前に、お腹に何か入れておくのがいいでしょう。ナッツやドライフルーツならば、食物繊維を含むので、ダイエット中のおやつとしても有効です。

飲み会ですから、のどをカラカラにしておいてかけつけビールで乾杯を!といきたいところですが、ダイエット中は少し我慢が必要です。

その3 ワインや焼酎、ウイスキーをちびちびと

甘いカクテルやビールでは、お酒自体のカロリーも馬鹿になりません。口当たりがよく、ついつい飲み過ぎてしまって、自制がきかなくなっては大変です。お酒を飲むなら、ワインや焼酎、ウイスキーなど、時間をかけて楽しむものがおすすめです。

焼酎ならば、ウーロハイや緑茶割りがいいでしょう。アルコールの代謝を助けてくれる上、利尿作用が期待でき翌日のむくみの予防になります。

その4 カロリーの低そうなおつまみをこっそり注文しておくこと

オーダー形式の飲み会なら、油の少ない低カロリーのおつまみをこっそり注文しておきましょう。冷や奴やお漬け物、お刺身や焼き魚など、素材そのものに近いメニューなら安心です。

コース料理で自分で選択できないときには、とりわけ役をひきうけると、自然なかたちで量を調整することが可能です。

お肉をどうしても食べたい方は、唐揚げよりも焼き鳥で。食べ過ぎはもちろんNGですが、我慢し過ぎもストレスがたまるので量を調整すればOKです。

その5 絶対にから酒はさけること

ダイエットを気にするあまり、一切おつまみには手をつけずお酒ばかりを飲んでいる方、危険です。悪酔いするリスクが高まる上、アルコールの分解にエネルギーをとられてしまうので、かえってカロリー消費をしにくくなります。

続けていると代謝が落ちて、脂肪を燃焼しいくい身体になってしまう可能性も。無理をしないで、おつまみを食べながらアルコールを楽しむ事が鉄則です。

その6 最後まで気を抜かないで!シメの1品はシンプルに

飲み会の最後に、シメの一品はつきものです。お酒を飲むと、ラーメンやどんものが食べたくなるところですがここが勝負の別れどころ。シメの1品だけで軽く一食分のカロリーを超えているということも結構ありえる話です。

できれば炭水化物は控えた方がいいのですが、どうしてもという方は、おそばやお茶漬けなどシンプルなものをチョイスしてカロリー摂取を控えましょう。

クリームたっぷり、チョコののったパフェなどデザート類に引かれる気持ちも分かりますが、やはりダイエット中はNGです。

その7 酔いつぶれは厳禁!飲んだ直後に寝ないこと

食べた後にすぐ寝ると太るのは、皆さんご存知かと思います。分かっていても、お酒を飲んだときには気が緩んでしまうのが人間です。

お酒を飲み過ぎて、酔いつぶれて寝てしまったなんてもってのほか、できれば飲み会が終わって2〜3時間は寝ないようにしてください。お酒が入って気分よく眠りにつきたい気持ちは分かりますが、

シャワーを浴びて時間をつぶしたり、飲み会後に友達とおしゃべりを楽しんだりと自分にあった方法を探してみると良いでしょう。

飲み会を機に食欲が爆発してしまい、ダイエットを挫折してしまったという話もよく聞きます。一日ダメでも諦めないで、翌日、翌々日でカバーしていけば良いのです。無理しすぎず、気楽に取り組む事が、ダイエット成功の近道だと思います。

この記事をシェアする

関連記事