• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理中は太る?ダイエットを始めるなら瘦せやすいタイミングから

Date:2014.09.03

いつもと同じスキンケアをしているのになぜかニキビができたり、やたらと甘いものが食べたくなったり、イライラして過食してしまったり。生理って本当に煩わしいと感じること、ありますよね。

生理の存在はダイエットの敵のように感じますが、逆手にとれば、瘦やすいタイミングを見計らいダイエットをスタートすることが可能です。

今回は、生理周期と瘦やすさの関係、生理周期を考慮したダイエット成功のコツを紹介します。次にダイエットをスタートするのに最適なタイミングは?そんなことで悩んでいるあなたは、ぜひ目を通してみて下さい。

知らないと損!生理周期とダイエットの深い関係

生理が始まった日から起算する生理周期とダイエット、瘦せやすさの関係を、正しく把握しておきましょう。

生理中(1日目〜7日目)のカラダとダイエット

「生理中は太る」というのは、都市伝説ではありません。女性ホルモンの分泌が低下して、血行不良によるむくみや冷え、神経過敏になることで、ストレスを強く感じる時期です。

体重が落ちにくい時期なので、生理の最中にダイエットをスタートするのはNG。無理な食事制限やエクササイズは、貧血の原因にもつながります。

既にダイエットを始めている場合は、体重を減らすことより、キープすることに重点を置くべき時期。瘦せにくいのが分かっているなら、いっそのこと、生理の最中は体重をはかるのをやめてしまう、そんな選択も有効かもしれません。

生理後1週間はダイエットを始めるベストタイミング

生理が終わった後の一週間(8日目〜14日目)は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌がピークになります。お肌も体調も絶好調な時期で、ダイエットを始めるには、ベストタイミング。

食欲と気分のコントロールがしやすいこの時期に、野菜、タンパク質中心のヘルシーな食事へと食習慣を改めたり、簡単なストレッチをしてからベッドに入ったり、ダイエット習慣を癖にしてしまうと後が楽です。

短期決戦ダイエットなら、この1週間の中の休日二日間で、ファスティングダイエットに挑戦するのがおすすめ。

脱毛や美白ケアをするにも適した時期にあたるので、ダイエットと一緒に普段よりも少しリッチなご褒美ケアに取り組むと、よりモチベーションがあがります。

無理は禁物!不安定の入り口にあたる排卵期

ダイエットの黄金期を過ぎると、排卵期がやってきます。生理が終わってからの2週間(15日目〜21日目)は、前週の高いモチベーションが後を引き「まだまだイケそう」、そんな気分にもなりますが、ここで無理をすると後々疲れがでてきます。

バランスのいい食生活と簡単なストレッチ、代謝を高める習慣は続けつつも、ハードダイエットプログラムは一旦お休み。

肩こりや腰痛が起こりやすくなる時期なので、仕事から帰ったら、着心地のいい部屋着に着替えてアロマをたく。そんな風に、自分がリラックスできる時間を意識的に作って、疲れを貯めない工夫が大切です。

生理直前はダイエット挫折の危機!デトックスに注力を

前の生理から3週間目(22日目~28日目)、次の生理がはじまる前の1週間は、余計なものを溜め込みやすい時期にあたります。体重が落ちにくい上に、イライラ感だけが募り、むくみや肌荒れまで起きるので、ダイエットを一番挫折しやすい時期と言えるでしょう。

甘いものが欲しくなる時期でもありますが、糖分の過剰な接種は血糖値を一気にあげて一気に下げることにつながり、強い疲労感と憂鬱な気分を助長します。

この時期には、体内にたまっていく毒素の排出につとめるのが一番。体重を落とすことより、むくみと便秘の解消、デトックスに注力しましょう。

空腹感を強く感じたときには、キノコや根菜をたっぷりいれた温かいスープを飲むのが有効。腹持ちが良く、野菜、キノコの繊維質が便秘解消に貢献します。

空腹感はおさまったのに、どうしても甘いものが欲しいなら、バナナ、キウイ、グレープフルーツ、カリウムを含む果物を選んでください。カリウムの力でむくみ解消効を期待できます。急におやつが欲しくなった時につまめるように、小分けにしたドライフルーツを持ち歩くと便利です。

まとめると、ダイエットをスタートするのに適した時期は、生理が終わった直後の1週間。毎月この週だけは、集中的にカラダを動かし、食事制限をして、他の時期は無理せず「体重を増やさない」ことに注力するのが、ダイエット成功のコツなのかもしれません。

ダイエットと生理周期の関係を上手に利用するためには、自分の生理周期をきちんと理解しておくことが大切。大まかでも構わないので、1ヶ月ごとの生理サイクルを把握することからはじめてみてください。

生理周期を上手にダイエットに活用できるようになると、毎月の憂鬱も少しは解消されるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事