• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せたい人、セクシーにしたい人!希望体型別太ももエクササイズ

Date:2014.08.18

お腹を鍛えるのは、腹筋。腕はダンベル、お尻はスクワット。じゃあ、太ももはどうすればいい?

あなたの骨の構造は変えられません。お尻がもともと小さ目、大き目、それはベースとして残ります。しかし、エクササイズでシルエットを変化させることはある程度可能です。

太もものラインにセクシーなカーブを付けたいのか、痩せたいのか、もしくは脂肪を落としたいのか。理想とする体型別のエクササイズをご紹介します。

カーヴィーになりたい!

漫画のお色気ヒロイン(古い?)みたいなセクシーな太ももになりたいあなたには、以下のエクササイズがおすすめです。

レッグプレス

①レッグプレスマシーンに腰かけます。
②足置き台に足を腰幅に開いてのせます。
③サポートバーを外し、あなたの膝が90度になるあたりまで足置き台を低めます。
④そこからあなたの脚のかかとを使って足置き台を元の場所まで戻しましょう。これを30回ほど続けます。

スクワット

①両手にダンベルを持って、体の横にセットします。
②足は腰幅に開き、つまさきはやや外側へ。
③胸を上げ、お尻を後ろに突き出し、太ももは床と平行になるまで曲げていきます。
④元のポジションにゆっくりと戻します。この時にかかとで床を押すイメージで。これを繰り返しましょう。

ベンチステップアップ

①ダンベルを持って体の横にセットします。
②低めのベンチの前に立ち、右足をのせます。
③右の足のかかとに全体重をかけ、左の足は後方に伸ばします。
④足を戻します。
⑤右足のエクササイズを12回ほど続けてから、左足に移りましょう。

アキレス腱伸ばし風

①ダンベルを両手に持って、体の横にセットします。
②お尻を引き締めて、右足を前方に大きく踏み出します。
③そのままひざをまげ、左のひざが床につくくらいのポジションにします。
④体はやや前方に傾け、右足に体重を掛けてから足を揃えます。
⑤次に左足を同様に前方にだし、それぞれ12回ずつ繰り返します。

スリムにしたい!

ヨガの先生みたいなすらっとした太ももがお望みなら、負荷をかけるよりも自分の体重を使ったエクササイズがおすすめです。

シングルレッグデッドリフト

①足をそろえてまっすぐ立ち、右のひざを少し曲げて左足だけで立ちます。
②上半身を前に傾けながら、両手を床に向かって伸ばします。
③そのまま右足を上に蹴り上げるような感じで(実際にはゆっくりと)天井に向かって突き出します。この時の足はL字型になります。
④しばらくバランスをとり、元の位置に戻ります。右足だけで15回終了したら、左足に移りましょう。

レンジ

①まっすぐに立ち、一方の足をもう一方の足の2、3歩前の位置にセットします。
②そのまま両足を曲げ、後方の足のひざが床につくくらいの部分で2、3秒とめます。
③後方の足を前方の足に揃え、元のポジションに戻ります。
④片方の足が20回終わったら、もう一方の足のエクササイズに移りましょう。

戦士のポーズ

①一方の足はつま先をまっすぐにしたまま前方に大きく踏み出し、後方の足はつま先を横に向けます。
②そのまま前方の足の膝を曲げていきます。同時に前方の足と同じ側の腕を足と平行になるように伸ばし、後方と同じ側の腕は後方に伸ばします。
③今度は曲げている前方の足を伸ばし、後方の足のひざを曲げます。
④元の位置に戻ったら、20回繰り返し、もう一方の足も同様にします。

脂肪を落としたい!

とにかくぷよぷよを何とかしたい!という人には、有酸素運動と筋トレを組み合わせたインターバルトレーニングがおすすめです。

スプリットレンジジャンプ

①まっすぐに立っている状態から一方の足を前方に大きく踏み出し、後方の足のひざを曲げてふくらはぎを床と平行になるまで落としたレンジポジションからスタート。
②そこから思いっきりジャンプし、ジャンプしながら後方の足を前方へ、前方の足を後方へスイッチします。
③着地したならまた、レンジポジションを作り、再びジャンプするのを30回続けます。

横跳び

①足をそろえて立ち、上半身はスクワットをするようなときの感じで前方に軽く傾けます。
②そこから右足を横に突き出しながら大きく横跳びをします。左足は軽く添えるように、ジャンプした後の右足にそえましょう。
③着地したらすぐに左足で横跳び。これを左右15回ずつ続けましょう。
・屋外でのエクササイズ
①5分歩いて体を温めます。
②その後2分間、思いっきり走ります。
③次は2分歩き、2分走るというのを全部で8回続けましょう。

いかがでしたか?希望の体型別のエクササイズを使い分けることで、あなたの理想の太ももが手に入ります。継続は力なり。ぜひがんばってみてください。

この記事をシェアする

関連記事