• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コンビニでつい買ってしまうあなたへ太らないお菓子の食べ方を伝授

Date:2014.06.13

痩せたいのについついお菓子の袋に手が伸びてしまうあなた、ダイエット中の間食は「悪」とされがちだということは承知の上でしょう。でも逆に我慢してそれがストレスとなりダイエットをやめる、もしくは体を壊したりすれば本末転倒です。

午後3時のおやつはあなたのダイエットの妨げにならない方法でしのげます。それはなぜなのか?またおやつを食べても大丈夫な方法など、ここでじっくりと考えてみましょう!

夜のコンビニ派へ忠告!あの遺伝子が影響する太る理由

太らないお菓子の食べ方ということですがその前に、どうしても食べてはいけない時間帯について説明します。あなたはBmal1(ビーマルワン)という言葉を聞いたことがありますか?

埼玉大医学部ゲノム医学センターの池田正明先生が発見した体内時計をつかさどる遺伝子時計のことです。このビーマルワンは食べたものを脂肪に変える手助けをする遺伝子なので体重増加と深く関わってきます。

ビーマルワンは午後10時ごろから活動し、夜中の2時ごろが一番活性化するといわれています。よく夜中に小腹が空いてコンビニにかけこんだことがあるという方は要注意です。

一番、脂肪に変換しやすい時間帯に、お菓子や食事を摂ることは太ることを助長するだけではなく健康にもよくありません。

もうこの状態はダイエットどころか食の欲に心が完全に占領されている状態で精神的にもよくないですね!「夜9時以降は食べない!」と心に誓いましょう!

ビーマルワンの逆手をとってお菓子を食べる時間を選定

BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を蓄積する働きをするということを知った私たちは、それではこの遺伝子があまり活性化しない時間帯に食べればいいのでは?と誰でも思いつきます。

その時間帯とは…?それをお伝えする前に江戸時代の日本の時間についてお伝えしたいことがあります。江戸時代は時計が家庭にないため、刻(時間)を、鐘をうつことで知らせていました。

その刻は太陽の位置によって決め、昼夜を六等分にしていたそうです。サンライズを明け六つとしサンセットを暮れ六つとしました。

午後2時から3時の間を八つ(やっつ)と呼び、現在私たちが3時のことを「おやつの時間」と呼んでいるのは、この刻八つ(こくやっつ)が由来しているものです。現代の研究では、その刻八つにはビーマルワンが活性化しない時間だということがわかりました。

昔の人たちは体内時計にそって生活していたので、すでにこの遺伝子の働きを知っているかのように八つの刻に軽食(おやつ)を食べる習慣が自然と身に付いたのでは…と憶測します。

3時のおやつはあなたの体がお菓子を受け入れても大丈夫だという時間帯だということです。

おやつの時間に食べるお菓子を選定

「2時から3時ごろまでにおやつを食べると太りにくくなるのね!」と思ったあなたは、ちょっと待ってください。時間が良いからといってカロリーのあるものを大量に食べては元も子もありません。

1日のおやつのカロリーは100キロカロリーを目安におさえてください。アメリカの病院MAYO CLINIC(メイヨ・クリニック)の医師が推薦するおやつ代わりに食べてもいい食べ物と日本で食べられるものをここで選定してみました。ご参考にしてみてください。

写真はベビーキャロット。日本でも買えるようになりました!

★フルーツやスティック野菜

少しのカロリーでビタミン、ミネラル、繊維質など摂取できます。そういえばアメリカではベビーキャロットをおやつ代わりにジプロックに入れてポリポリ食べている人をよく見かけます。ベビーキャロットは日本のコストコなどでも買えるそうです。

★全粒粉のクラッカー、クッキーなど

全粒粉というところがミソです。たんぱく質、ミネラル、繊維質が豊富なのでダイエットにはぴったりの食材です。日本では健康食品店に行くとこの手のお菓子が沢山売られています。

★ナッツ類、ドライフルーツ

ナッツ類は脂肪分が高いといわれていますが、こちらは植物性で安心です。それにビタミンBやEが豊富で美容に最適です。ドライフルーツも栄養豊富、カリウムやマグネシウムをはじめとする美容に効果のある栄養が補給できます。食べる量をまちがえなければ最高のおやつとなります。

★ヨーグルト、チーズなどの乳製品

チーズ、ヨーグルトなどの乳製品は、カルシウム及びタンパク質の良好な供給源となります。それに加えビタミンやミネラルが豊富です。低脂肪バージョンのものを選択してください

★日本ではなんといっても和菓子

和菓子の原料として代表的なものは小豆(あずき)です。小豆は抗酸化作用もありポリフェノールが沢山含まれています。カロリーをおさえた上品な味なので、お抹茶のお供に少しいただくのは日本人にとって至福のときです。

この記事をシェアする

関連記事