• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

赤ちゃんみたいなすべすべかかとになれる極上フットケア

Date:2014.03.11

普段なかなか人目につきづらい部分のかかと。なかなか人に見せる機会はありませんが、お座敷などに上がったとき、ストッキングから透けて見えるあなたのかかと、意外に注目されています。

このとき、きれいなペディキュアが塗られてつるんとした赤ちゃんのようなかかとが見せられたらあなたのカブも急上昇。すてきなかかとを手に入れておくと、冬になってもひびわれなどがしづらくなり、痛みという苦痛からも解放されます。

急にかかとを見せる事態になったときに慌てないように、普段からできるかかとのケアを心がけましょう。

なにからはじめたらいいの?

フットケアをはじめるのに、まず必要なのは洗面器にお湯を張ること。それに塩を大匙1杯入れ、程よい温度(40度)にします。これをやるのが面倒な場合はお風呂上がりにやってください。

洗面器に足を両足をつけ、約5分じわーっと体が温まるまでつかりましょう。足先から血行が良くなり皮膚がやわらかくなります。ひざかけをしておこなうといいです。ただ、ひざかけをぬらさないように気をつけてください。

足を洗面器から抜いて、水気をよく拭き取ったらまず足の指の間と爪の周囲をウエットティッシュで指1本ずつ丁寧に拭き、汚れを落としましょう。普段お手入れをあまりしない部分なので意外と汚れていることに気付き驚くのではないでしょうか。

ツメの奥につまった汚れは楊枝などでやさしくとってください。膝からつま先に向かってオイルなどを使ってやさしくマッサージをします。血行が良くなり、足が温かくなってきます。あまり強くマッサージをしないように、優しく力加減を意識して行うようにしましょう。

スクラブは自然のモノを

かかとががさがさするからといって、かかと用のやすりを使う方も多くいらっしゃいますが、力加減があっていない方も見受けられます。強い刺激は肌に負担がかかります。

ふだんから粗塩など、自然なものを使いかかとを優しくマッサージし、スクラブ代わりに使用すると良いと思います。また、保温のために足先や足首を冷やさないことが大切です。肌に不要な角質をとりさったら、保湿を必ず行うようにしてください。

汚れをよく取り、清潔な皮膚にしたら水気をしっかりと拭き取りましょう。保護用のクリームをたっぷりと塗って、できたら絹の靴下をはいて眠ることをオススメします。

分厚い靴下をはいて眠ると熱くて汗をかき、逆にそれで足元が冷えてしまうという事態になりかねませんので、薄手で皮膚を保護する靴下をはいてから、お休みになることをオススメします。

この記事をシェアする

関連記事