• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

室内でできる簡単ストレッチで冷え性・運動不足も解消しよう

Date:2013.03.15

寒い季節になると外に出て運動をする気分もなくなってしまい、どうしても運動不足になりがちです。

運動したいけれど、外じゃなく室内で簡単にできる運動というと、ヨガやピラティスが浮かびますが、こちらも初心者が一人で始めるにはちょっと難しい。そういう人は室内でできるストレッチで、冷え性も運動不足も解消していきましょう。

腕と肩を動かす

腕や肩を動かすことによって肩こりや肩からくる冷えが解消されます。

  1. 頭の後ろで互いの手の肘を持つ形で腕を組んだ状態にする。
  2. 交互に右・左と腕を引っ張る形で肩が動くようにする。
  3. 両腕、各5回ずつ動かす。
  4. 次に…

  5. 腰の位置で同じような形で右の手首を持ち左側に引っ張るように動かす。こちらも5回する。
  6. 逆に左の手首を持ち5回引っ張るように動かす。

上記の動きを3セットする。動かす時は座っていても立っていても大丈夫です。

手首を動かす

肩付近の血流がよくなっても、手先の血流が悪いと冷え性は解消されません。

  1. 両手首をブラブラと振りリラックス状態にさせる。
  2. 右の手のひらを握り、前後に動かす(左も同様に動かす)。
  3. 手のひらを上に向け右手の手首から指先に向かって左手の親指・人差し指・中指で数か所プッシュしながらマッサージをする(すべての指先に向かってマッサージ)。
  4. 同様に左手もプッシュマッサージを行う。
  5. マッサージが終わったら再度両手首をブラブラと振る。

上記の運動は簡単にできるので、時間がある時にするようにしましょう。

足首を動かす

足首を動かすことによって、足全体の血流がよくなり冷え性が解消されます。

  1. あぐらをかくような体勢で座る。
  2. 足首を持ってぐるぐると回す(両足10回転ずつ程度動かす)
  3. 最後に足裏を親指でかかとから指先に向かってマッサージする。

上記は普通のストレッチの時にもしますが、これをすることで寒くて固くなっている筋肉(腱)もほぐれるので、ぽかぽかになります。

腰を動かす

寒くなると腰の筋肉が硬くなり腰を痛めたりする人が増えています。このストレッチで筋肉を柔らかくし血流もよくしましょう。

  1. 足を肩幅程度に開く。
  2. 前後左右に体を動かす(ラジオ体操などにあるように動かす)。
  3. 腰を軸に上半身を回す。

体が温まるのと同様に腰が軽くなります。「腰がちょっと…」という人も試してみる価値ありです。

「ストレッチくらいで運動不足が解消されると思えない」という人も多いかもしれませんが、きちんとストレッチをすると汗をかくこともあります。特に冬は寒くて外に出たくないという人も多いので、室内ストレッチで適度な運動をするよう心がけましょう。

そしてストレッチは運動不足解消だけではなく、寒くて動きにくくなっている筋肉を和らげるという効果もあるので是非チャレンジしましょう。

この記事をシェアする

関連記事