• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「引き寄せの法則」で上手に人付き合いを成功させるコツ

Date:2013.07.18

今や一般化!世間に浸透した「引き寄せの法則」

近年、ジワジワと浸透してきた「引き寄せの法則」。あなたももちろん聞いたことがあるのではないでしょうか?中には、引き寄せの法則を利用して、次々に夢を叶えている人も、少なくないのかもしれません。

今や、スピリチュアルや、自己啓発に興味のない人にまで広がってきた、「引き寄せの法則」ですが、あなたは上手に「引き寄せ」を実現できていますでしょうか?

なぜ、上手に引き寄せられない?

「欲しいものをビジュアル化し、心から信じ感動すれば、それは叶う」これが、一般的な「引き寄せの法則」のセオリーです。これを使えば、誰でも望んだ欲しいものは全て手に入ると言われています。

では、なぜそれを実行しているにも関わらず、叶わないという例外が出てくるのでしょうか?

ぽっちゃり系の彼女の場合

人の心は、自分で意識のできる表層意識「顕在意識」と、無意識である「潜在意識」で成り立っています。人は、その多くが無意識である潜在意識で、自分の行動や、自分という自己像を決めています。

例えば、ぽっちゃり体系の女性がいるとします。彼女は、引き寄せの法則を使い、スリムになった自分をイメージします。スリムになった自分が着たいと思う洋服も買って、いつも眺めるようにしています。しかし、現実には、なかなか体重が減りません。

「私はスリムになって、綺麗になっていく」呪文のように繰り返し唱える事も試してみました。しかし、ある程度の体重は減っても、それ以上の減量はなく、いつまでたってもぽっちゃり体系なままなのです。

では、なぜ彼女は引き寄せの法則を実現できないのでしょうか?彼女の潜在意識をひも解いてみましょう。

知られざる、潜在意識につくられたメンタルブロック

彼女の場合、表面意識は「スリムになって、綺麗な女性になりたい」と強く望んでいるのですが、潜在意識の声を聴いてみると「私は痩せたくない!私はぽっちゃり体系でいたいのよ!」と叫んでいます。一体原因はなんなのでしょう。

彼女の場合、幼少の頃に母親に言われた言葉が原因でした。母親は、幼少の頃から太っていた彼女に対し、こう言ったのです。「あなたは少し太っていた方がいいわ。あまり、スタイルが良くて綺麗すぎると、人に妬まれたりして幸せになれないのよ」

子供の頃は、誰しも母親の言う事を素直に丸ごと信じてしまう傾向にあります。まだ、自我が育つ途中の時期は、母親の考え=自分の考えと言ってしまっても過言ではないでしょう。

素直な彼女は、母親の言葉を丸ごと信じ、強烈に潜在意識に焼き付けてしまったのでした。そして、彼女が大人になった今でも、それはメンタルブロックとして、引き寄せの法則すら弾き続けてしまっているのです。

忘れ去られたメンタルブロックを壊す方法

それでは、自分の中のメンタルブロックを壊し、古い思い込みを手放していく方法とは何があるのでしょうか。では、自分一人でできる潜在意識をクリアにする方法を紹介していきたいと思います。

まず、一人の時間を持ち、ペンとノート、あるいはパソコンなど、書き出す事の出来る道具を用意します。行う事は、自分に対して質問をして、その答えを書きだしていく事だけです。

注意してほしいのは、書きながら「そんな子供っぽい事!」など、自分自身でジャッジをしないでほしいという事です。この作業が終わるまで、自分自身に正直でいてください。

メンタルブロックを開放する自問自答例

最初に、自分にとっての課題、問題を書きだします。そして、それについて質問をしていきます。それでは、ぽっちゃり系の彼女の例を挙げてみましょう。

問題点「私は太っていることを気にしている、ダイエットをしてもなかなか体重が減らない」

質問→私は自分が太っている事に関して、どんな感情を持っていますか?
「嫌だ、恥ずかしい、惨め」
質問→どうして私は惨めな感情になるのですか?
「周りの子は皆痩せていて、オシャレを楽しんでいるのに、自分にはできない。自分は自信がない」
質問→一番最初にそのような感情を持ったのはいつですか?
「小学校一年生の時。自分だけ太っていて恥ずかしかった」
質問→自分が太っている事によって、何か得るものがあったとしたらそれはなんですか?
「人を見かけだけで判断しなくなった。また、自分自身が人から容姿で嫉妬される事はなかった」

ここまで自分に自問自答を繰り返していくうちに、自分でも気が付いていなかった、自分の心の奥底が見えてきたのではないでしょうか?

この、彼女の場合、彼女がぽっちゃり体系である限り人からは嫉妬されず、また他人に見た目の偏見を持たずに接することができるという思いが根底に眠っていたのが分かります。

彼女はそれ故、いくら表面意識で痩せようと意識しても、潜在意識の思い込みがその思いを弾いてしまっていたのです。そこで、今のあなた自身に質問をします。

質問→今でも、あなたは太っている限り人に容姿の事で嫉妬されず、また他人を見た目の偏見を持たずに接する事ができると思いますか?
「少しだけ」
質問→その思いを手放してしまえば、どうなるのが怖いのですか?
「自分がどんどん痩せて綺麗になってしまえば、人から嫉妬されるかもしれない」
質問→本当にそんな事は起こると思いますか?
「いいえ。私が痩せて綺麗になっても、人から嫉妬される事はない」

ここまで、自分の気持ちを持って来る事ができればあとはこっちのものです。あなたは、長年抱えてきた自分への思い込み、メンタルブロックを自覚し、手放す事が出来るのです。一度ですっきりしなければ、(特に最後の質問は)何度か繰り返しやってみてください。

そして、クリアになったのを感じる事ができたら新たな自己像をイメージし、植え付けていきましょう。「私は健康的にスリムになり、自分自身や周りの人々から愛されています。私は心から幸せです」

このように、潜在意識に眠るメンタルブロックを壊すことにより、潜在意識の根本まで引き寄せの法則の際に使うイメージングを浸透させることができるのです。

いくら引き寄せの法則を実行しても、叶わなかった人がいるならば、このように原因は自分の潜在意識のメンタルブロックにあるのかもしれません。ぜひ一度、自問自答を試してみる事をお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事