• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ひとり時間を有意義にする過ごし方。夢が輝きだす17の方法

Date:2018.04.04

「おひとりさま」を歓迎するムードが、世の中に高まりつつあります。

一人で何でもできて、どこにでも行ける。そんな女性はどこか凛とした雰囲気があり、周囲から見ても素敵です。

情報の渦に飲み込まれがちな、この時代。しっかりと軸を持って生きるためにも、ひとりの時間を確保することは大切です。

でも、実際に「ひとりの時間」ができたとき、何をしようか迷ってしまうことはありませんか?

そこで今回は、有意義なひとり時間の過ごし方について、とくにおすすめの行動を17種類、おすすめしたいと思います。

ひとり暮らしの人はもちろん、実家住まいだったり結婚したりと家族がいる人にもぜひ試して頂きたい行動ばかりです!

では、早速見てみましょう!


有意義なひとり時間の過ごし方・17選

有意義な過ごし方とは、どんな定義だと思いますか?

人の数だけ詳しい答えがあるかと思われますが、ここでは

  • 「自分をより魅力的にする」
  • 「自分をもっと好きになる」

……そんな過ごし方を“有意義”と呼んでいきましょう♪

(1)映画を見る

動画配信サービスが普及し、自宅で毎日でも、手軽に映画を楽しむことができる時代になりました。

映画はたった二時間程度のコンパクトな娯楽ですが、

  • ストーリー
  • 文学性
  • 演出
  • 映像
  • 音楽
  • 楽しさ
  • 美しさ
  • 儚さ
  • 切なさ

といったあらゆる要素がギュッと凝縮されています。

感性を磨くためにも、教養を深めるためにも、役に立つのが映画です。ぜひ、気になる作品をひとりでじっくり観てみましょう。

自宅でのんびり楽しむのも良いですが、たまには映画館の大きなスクリーンで独特の雰囲気と大迫力を味わうのも良いですね。

映画館ではより集中して鑑賞できるので、頭と心のリフレッシュにも最適ですよ。

(2)生の芸術に触れる

映画以外にも、芸術に触れるチャンスはたくさんあります。

  • 演劇
  • バレエ
  • オーケストラ
  • 歌手やアイドルのライブ

また、

  • 絵画展
  • 写真展
  • 書道展

などに出かけて、生の芸術に触れてみましょう。

芸術に圧巻される瑞々しい感動は、あなたを素敵な女性に格上げしてくれます。

(3)読書にいそしむ

本の写真
読書は趣味の定番ですが、「最近忙しくて全然本を読めていない」という方も意外と多いのではないでしょうか。

ひとりの時間を利用して、好きな飲み物をお供に、読書に興じてみてはいかがですか?

紙のページをめくる手触りは、久々でもやはり楽しいものです。没頭している間は仕事のことも忘れられますし、そうした時間を過ごした後は不思議とスッキリ爽やかな気分になっているものです。
  • 小説
  • エッセイ
  • ビジネス書

など、そのときの気分に合わせてチョイスしましょう。

生活を物足りなく感じているなら、読んだことのないジャンルの本に刺激をもらうのが良いでしょう。

仕事で疲れぎみのときには、子どものときにお気に入りだった本を読むとリラックスできますよ。

図書館や本屋さんに出かけてぶらぶらと本の背表紙を見ているだけでも、元気をもらえます♪

(4)著名なシリーズものを走破する

シリーズ化している物語には、何かしら人の心を掴む要素があるものです。

時間に余裕があるときは、有名なシリーズものを全て観たり読んだりするのもおすすめです。

  • 連続ドラマ
  • 映画

など、気になっていたシリーズものを制覇してみてください。

「タイトルが続いている」という意味でのシリーズものだけでなく、たとえば

  • ジャンルが同じ映画
  • 同じ作者の本
  • ためになった本の参考文献の欄にあったタイトル

など、マイルールで「これを制覇する」というテーマを見つけるのも楽しいですね!

(5)じっくり自分磨きをする

ひとり時間を活用して自分磨きをするのも、モチベーションアップをはかる有意義な時間と言えます。

ショッピングや美容院など外に出かけるのも良いですが、あえてひとりを楽しむために自宅でセルフケアにいそしむのはいかがでしょうか?

  • メイク研究
  • ファッション研究
  • ジョギング
  • ヨガ
  • お風呂でセルフエステ
  • オイルやクリームでマッサージ
  • 爪のお手入れ
  • ペディキュア

などなど。

普段はなかなか手がかけられない部分をじっくり磨き上げると、「細部まで美しくキープしている」という自負が、あなたを内側からも輝かせてくれます。

鏡をじっくり見てみるだけでも、自分磨きになりますよ。お肌の様子や表情筋の調子など、発見も多いはずです。

(6)身体のメンテナンスをする

散歩中の女性の写真
身体は全ての資本です。ぜひ軽い運動を取り入れましょう!

  • 筋トレ
  • ジョギング
  • 散歩

など、自分に合った楽しめる運動方法を選んでください。歩くことはリズム運動なので、散歩するだけでも自律神経を整えることができます。

何もしたくないほど疲れているなら、朝からゆっくりお風呂につかるのもよいでしょう。そのままぐっすり眠って英気を養うことだって、立派なメンテナンスです。

歯科や内科の定期検診、人間ドッグの予約などを入れてもいいですね。

(7)オシャレなお店にひとりデビュー

気になっている素敵なカフェやバーに、ぜひ「おひとりさま」を楽しむために行ってみましょう。

最近は、飲食店でもおひとりさまの女性が歓迎されています。騒ぐことも長時間居座ることもなく、マナーを守って食事を楽しんでくれる女性一人客は、お店側にとってもありがたい存在です。

美味しいものを食べながら、オシャレにお酒を飲みながら、ひとりの時間をゆっくり楽しむ。

カフェで手帳と向き合い人生設計をしたり、バーでお店の雰囲気を味わいながらぼんやりと過ごしたり。

ひとりの時間を楽しみながら、大人の余裕を漂わせる女性になりましょう!

(8)ひとりプチ旅行にトライする

旅行準備中の写真
ある程度まとまった時間がとれるときには、ぜひひとり旅に挑戦してみましょう。

日帰りのプチ旅行ならば思い立ってすぐに出発できますし、温泉地などにふらっと1泊するのも素敵ですね。

最近は、おひとりさまプランの充実したホテルや旅館がたくさんあります。旅行会社もおひとりさま女性をターゲットにしたプランを格安で販売していたりしますから、こまめにチェックしてみると良いでしょう。

おひとりさま旅行のメリットは、自分の好きなことだけ自由にできるという点です。観光地を好きな場所だけ選んで回ることもできますし、1日じゅう宿でゴロゴロしていることだってできます。

それでも「自分で計画を立て、全て手配してひとりで出かける」という体験は、自立心や自尊心を高めてくれます。

ポイントは荷物を最小限に、身軽にすること。思い立ったときにすぐ行動に移せます。旅先には治安の良いところを選んで、夜遅くは外出しないなど自衛に気をつけましょう!

(9)「初体験」にチャレンジする

初めての経験をすると、自分の世界が広がります。ひとりの時間は、その最大のチャンスです。

  • スポーツやアクティビティに挑戦
  • 陶芸をやってみる
  • ハンモックで読書してみる
  • 植物を育ててみる
  • デパ地下で憧れのスイーツを買って、おうちカフェを楽しむ

など、「気になっていたけどできなかったこと」に一つずつトライしてみましょう!

(10)自分をカウンセリングする

生きていれば、日々さまざまな感情が生まれます。イライラやモヤモヤを溜め込んでいませんか?

ひとり時間で自分で自分をカウンセリングしてみましょう。

  • 瞑想をする
  • 日記を書く
  • モヤモヤを紙に書き出す
  • キャリアの棚卸しをする
  • マネープランを練る
  • 目標や人生観の見直しをする
  • 自分の好きなところを20個書き出す
  • 理想の自分に近づく方法を練る
  • 「やりたいこと100個リスト」をつくってみる

といった作業の中に「楽しそうだな」と思うものがあれば、ぜひ実際にトライしてみてください。場所は家の中のお気に入りのスペースでも、落ち着けるカフェでもOK。

「自分について考える、自分と向き合う」という時間は、意識してつくらないとなかなかできません。

人生そのものを有意義に過ごすために、月に1度くらいはこうした機会をつくることがおすすめです。

(11)手書きで手紙を書いてみる

メールやSNSが連絡の主流になっていませんか?

ならば、たまにはアナログな手段で連絡をとって、相手を驚かせるのも素敵です。

  • 大好きな友達
  • 離れて暮らす家族
  • お世話になった知人

といった大切な人たちに、ハガキや手紙を書いて送ってみましょう。

デジタル主流の今だからこそ、手書きの文字は受け取る側にとっても嬉しく、心に深く響きます。書いている最中には、相手の顔を想像しながら、自分もあたたかい気持ちになれます。

ハガキや便せんも、素敵なものがたくさんあります。お店で選ぶ時間も楽しいものになりそうですね。

(12)要らないものを捨てる

ひとり時間を身の回りの整理に充てるのもおすすめです。

散らかった部屋にいると、心もゴチャゴチャして落ち着きません。要らないものを思いきって捨てる時間を確保しましょう。

必要なものと好きなものだけに囲まれるのはとても心地よく、部屋と同時に頭の中にも広々としたスペースができます。新しい出会いや仕事は、そんなスペースに飛び込んでくるものです。

モノだけでなく、人間関係の整理も大切です。手帳を見ながら「今後誰と付き合い、誰との時間を減らしていくか」をじっくり考えたり、携帯電話の連絡先から余計な番号を削除したりして、人間関係にも新しい風が吹き込むスペースをつくりましょう。

(13)物事をすべて丁寧に行う

コーヒーをハンドドリップしている写真
「今日は丁寧な一日にする」とテーマを決めて、言動のすべてを丁寧に行うことを心がけるのも素敵です。

  • コーヒーを淹れる
  • お茶を淹れる
  • 食事をつくる
  • 食事を食べる
  • 靴やカバンの手入れをする
  • 部屋を掃除する
  • 洗濯機や風呂釜を掃除する

など、自分の暮らしがどうしたら丁寧になるか、自分なりの「丁寧」を追究し、実践してみましょう。

「ドアを閉める」「立ち上がる」といった動作をすべて、意識して丁寧に行ってみるのも良いですね。ゆったりした時間の流れを感じることができ、優雅な仕草も身につきます。

こちらの記事も参考にしてみてください。

▼美しい仕草についてはコチラも参考にしてください!

美しい仕草の記事のトップ画像

(14)お金について調べてみる

人生にとって、お金は大事な要素です。が、忙しいとなかなかじっくり学ぶ機会がとれないものですよね。

そこで、ひとり時間を「お金について調べる・学ぶ」時間に充ててみてはいかがでしょうか?

  • 節約方法
  • 貯金のコツ
  • 株やFXなどの投資について

といった、自分にとって身近な話題、楽しそうな話題からスタートするのがコツです。

将来にわたって長く自分を支えてくれる知識ですから、ちょこちょこ更新していきましょう!

(15)セミナーや勉強会に参加する

お金の他にも、興味のあることについて知識を深める機会はどんどんつくっていきましょう。

ひとり時間をそうした独学に充てるのも良いですが、その道のプロの話を聞きにいくのも刺激があっておすすめです。

  • セミナー
  • 勉強会
  • 交流会
  • 読書会

などは、知的好奇心旺盛な仲間を見つけるのにも最適です。ネットで検索するといろいろな催しが発見できて、ワクワクしてしまうかも!

気になるイベントを見つけたら、思いきって参加してみましょう。

(16)副業にチャレンジする

タブレットを眺めている写真
得意なことや好きなことを、お金に換えてみるのも楽しいチャレンジです。ひとり時間を使って副業を始めてみませんか?

収入を得られることももちろん嬉しいのですが、それ以上に「自分のスキルがお金にかわる」という体験は、他のことではなかなか得られない刺激的な喜びです。

自分にとっては当たり前のことが、誰かの役に立つ。それを実感できると、人は自分をもっと好きになれます。

また今の職場で働くだけが収入源ではない、と実感できれば、仕事で追いつめられた心のストレスがスッと和らぐかもしれません。

インターネット技術の進化で、副業は昔よりずっと多様に、簡単に始められる時代になっています。

  • アクセサリーをつくってショップサイトで販売する
  • 趣味のブログを書いて広告収入を得る
  • クラウドソーシング・サービスに登録してみる

など、お金をかけずに副業を始める手段はいくらでもあります。もちろん、「こんな仕事がしたいので、お客さまに心当たりがあれば紹介してね」と友人知人に声をかけておくのもおすすめです。

副業と副収入があると、人生に余裕とメリハリが生まれます。

(17)携帯電話やスマホの電源をオフにする

「有意義なひとり時間の過ごし方」として最後におすすめしたいのは、携帯電話やスマホの電源をオフにしてみることです。

SNSとスマホの普及で、「繋がり疲れ」「スマホ依存症」という現象が現れ、問題視されています。いつでも連絡をとれる便利な手段が、自分の心と生活をかえって縛りつける事態が発生しているのです。

ひとりの時間に、ちょっとスマホを切ってみましょう。外部との繋がりを遮断する時間をつくってみると、意外な発見もあります。

  • 「いつも煩わしいと思っていたけど、意外と寂しくなるものだな」
  • 「オフにしててもつい触ってしまう」
  • 「こんなにしょっちゅうSNSをチェックしていたんだな」

といった気付きが得られれば、この試みは大成功と言えるでしょう。

ひとり時間に本当にひとりになるためには、案外この一手間が必要不可欠かもしれません。

一日を終えて再び電源を入れる頃には、いつになくリフレッシュできているはずです。

自由な選択・自由な決断。ひとり時間を楽しもう!

相手に合わせる必要がない自由さは、ひとり時間の特権です。映画なら「どの作品を見るか」を、ランチなら「どのお店で何を食べるか」を、すべて自分ひとりで決断できます。

実家暮らしの人も、結婚していて家族がいる人も、ひとり時間を確保する工夫をしてみましょう。

暮らしの満足度がアップし、心に余裕が生まれ、家族との関係性の向上にも繋がります。

「今日は有意義に過ごせた」と思える、ハッピーな時間をお過ごしください♪

この記事をシェアする

関連記事

コメント