• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつの間に?!気付いた時にはひじとひざが真っ黒!原因は?解消法は?

Date:2013.11.03

普段はレギンスやパンツで隠している、ひざ。でもたまにはひざ下丈のスカートをはこうかな・・・と思って脚を出してみて、自分のひざの黒さに驚愕することがあります。いつの間に!こんなことに!!と驚きつつ鏡でひじをチェックすると、ひじも真っ黒!!

ひじやひざの黒ずみは、ゆっくりと、でも確実に進行していきます。ひざのお肉と並んで、「アラフォーが脚を出せない(出したくない)理由」の1つとして挙げられるのが“ひざの黒ずみ”。

「年齢を感じるパーツ」の代表格である、“黒ずんだひじ”。黒ずみが定着してしまうと、解消するまでには時間がかかります。気付いた時が始めどき。黒ずみの原因を知って、ひじひざの黒ずみを解消しましょう。

ひじひざの黒ずみの原因は、摩擦と乾燥

ひじやひざが黒ずむ大きな原因は、2つ。摩擦と乾燥です。ひじやひざといった間接部分は服に当たりやすく、絶えずこすられている状態です。またテーブルにひじをついたり、床にひざをついたりと、体重を支えることも多いパーツ。

こうして外部から刺激を与えられ、擦られることで、ひざやひじの角質が厚くなり、硬くなってしまうのです。そうして厚くなった角質は古い角質が残りやすくなり、黒ずんで見えてきます。

もう1つの原因、乾燥もひじやひざを黒ずませます。きちんと保湿されたお肌は透明度が高く白く見えますが、逆に乾燥したお肌は黒ずんで暗い色に見えます。

肌が潤ってなめらかだと服との摩擦が軽減されるので、黒ずみの予防になることも。ごわごわしたひじひざを保湿して、つるんとなめらかな肌に整えましょう。

黒ずみを解消するには?

黒ずみを解消するには、黒ずみの原因となる角質の除去と乾燥対策が重要です。ひじひざの角質は分厚く硬くなっていますが、軽石でゴシゴシこするような力ワザはNG。

ひじひざに角質がたまる原因の1つが“摩擦”なので、ごしごしこすると更に角質を厚く硬くしてしまいます。やわらかなスクラブ入りのフォームをよく泡立てて、黒ずみの気になる部分を優しくマッサージするように洗いましょう。

そして洗った後は、たっぷりクリームを塗ってしっかりと乾燥対策を。乾燥対策は毎日お風呂の後にすることが大事ですが、角質除去は週に1回程度にとどめておきましょう。あまり頻繁にやりすぎると、かえって角質を分厚くさせる原因になってしまいます。

角質除去と乾燥対策、それから重要なのが「摩擦を避けること」。ひじの黒ずみに悩む人は、どうやら頬づえをつくクセがある人に多いようです。

また、ひざ立ちの姿勢を長く続けると、ひざが黒ずみやすくなります。ついついクセでそれらの姿勢をしてしまう方は、なるべくやめるように心がけましょう。

関節の黒ずみは解消されるまでに時間が必要ですが、忍耐強くケアし続けることで必ず効果が表れてきます。どんなにおしゃれをしていても、ひじやひざが真っ黒だと魅力は半減。つるんとしたキレイなひじやひざで、おしゃれを楽しみましょうね。

この記事をシェアする

関連記事