• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

膝の黒ずみってどうしたら綺麗になる?黒ずむ原因と改善策

Date:2016.06.02

shutterstock_294530855季節の移り変わりとともに増えるのが「肌の露出」。

ショートパンツを履いたり、ミニスカートを履いたり、水着を着たりという機会が増えると気になってくるのが膝の黒ずみですよね。

膝周辺の色が茶色くくすんでいて、恥ずかしいなと思っている女性は案外多いのです。また、こういった黒ずみに、生活感や老化、不衛生さを感じるなんていう男性陣の厳しいご意見もあったり…。

夏本番になる前に膝の黒ずみを綺麗にしたい!と思うのは当然のこと。お手入れは早いに越したことはありません。

可愛いお洋服を可愛く着こなすためにも、また、台無しにしてしまわないためにも、膝の黒ずみのお手入れを始めましょう!

ということで、今回は、膝の黒ずみができてしまう原因や、その改善策をご紹介していきたいと思います!

どうして膝が黒ずむの?膝が黒ずんでしまう主な原因

膝だけに限らず、関節というものは動かすために皮膚が伸縮するため黒っぽく見えてしまいやすいです。

曲げたときだけならまだしも、まっすぐに伸ばしているときでさえ、明らかに他の肌より色が違う場合、それは黒ずみと言えるでしょう。

皮膚は紫外線と浴びたり、刺激を受けるとメラニン色素をたくさん作り出してしまいます。これが解消されず、積み重ねていくことによって、色素が沈着し黒ずみとして残ってしまうのです。

更に、膝は皮膚が薄く皮脂腺も少ない部分であるため、皮脂や汗がほとんど出ないのでうるおいが少なく、刺激に対して大変弱い場所なのですが、関節という事で酷使されてしまいます。

  • 膝をつく
  • ピッタリとしたジーンズを履く
  • 足を組む

などの、膝がこすれる動作が繰り返され、それによって肌が刺激されてしまい、色素沈着を起こしてしまうのです。

こんなことが黒ずみの原因に?黒ずみの原因は大きく分けて3タイプ

先述したように、些細な刺激でも膝は黒ずんでしまいます。具体的にはどんな刺激がいけないのでしょうか?

3つのタイプに分けて見てみましょう。

ゴシゴシとこする摩擦
主に毎日着ている服による摩擦や、机や椅子、床などとの摩擦などが膝に刺激を与えています。摩擦の発生しにくい化学繊維の含まれる服を避け、綿素材など肌に優しいものを着用するようにしましょう。

また、洋服を着用する前に、ボディークリームなどを塗って摩擦を軽減することも大事です。デスクなどと膝がこすれるのを防ぐために、タオルなどを挟んで保護をするのも良いです。

カサカサの乾燥
膝は他の部位に比べて、皮脂腺や汗腺が少ないため、非常に乾燥しやすいです。皮脂は皮膚の表面をうるおわせて保護してくれる役目を持っていますが、膝は皮脂の分泌が少ないので、皮膚を保護する力が弱いのです。

うるおいが少ないことでバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなってしまい、最終的に黒ずみができる上、治りにくいという欠点を持ち、長期間悩むループが発生してしまいます。

ギューギューと圧迫する
膝をついたり、圧迫してしまうと黒ずみの原因となってしまいます。全体重の圧力がかかることも多い膝は、皮膚の構造も顔などとは違い、角質層が分厚くなっています。

角質層が分厚いとその分、乾燥しやすくくすみなども目立ちやすくなってしまいます。また、角質層が厚いと、肌が硬くなりやすいのでうるおいも浸透しにくくなります。

このような事で簡単に膝は黒ずんでいきます。

顔と膝では皮膚の構造が違うという話が出てきましたが、では、顔と膝でどのように皮膚の構造が違うのかを、少し見てみましょう。

皮脂 多い 少ない
毛穴 多い 少ない
角質層 薄い 分厚い
黒ずむ原因 紫外線、乾燥、摩擦 紫外線、乾燥、摩擦、圧迫

このように、顔に比べて膝は黒ずみやすい原因が多い場所となっているのです。

同じ黒ずみでも原因やタイプによってケアの仕方が違ってくる

黒ずみの原因についてお話してきましたが、実は同じ黒ずみでも原因やタイプが違うとケアの方法も違ってくるのです。

  • メラニンによって発生する色素沈着
  • 皮脂などで毛穴が詰まる黒ずみ

膝の黒ずみには主にこの2つのタイプがあり、それぞれに合った方法でケアをしなければ改善されません。

メラニンによる色素沈着が原因の黒ずみのケア・改善方法

膝が黒ずむのを対策するためには、まずメラニンが生成されてしまうのを食い止めなければなりません。

  • 摩擦
  • 紫外線
  • 圧迫

などが主にこの黒ずみの原因となっているので、ほとんどはこれで改善されると言っても良いでしょう。

後述しますが、皮脂が毛穴に詰まるタイプの黒ずみには重曹が効果的ですが、メラニンが原因の黒ずみは重曹での効果は期待できません。

<メラニンによる色素沈着を対策する>
メラニンによって発生する黒ずみの対策は2種類あります。

    ●刺激を与えないようにする

    元々、膝は皮脂腺が少なく乾燥しやすい上、乾燥しているところにダメージを与えてしますとどうしても黒ずみとなって現れてしまいます。まずは、刺激・ダメージを与えないようにしましょう。

    具体的には下記です。

    • 衣類による摩擦を防ぐ
    • 膝をつく習慣をやめる
    • 身体を洗う際はナイロン素材のタオルを使わない
    • 紫外線を浴びることを避ける

    このような日常的な行為、行動にも気を遣うようにしましょう。

    ●保湿ケアをしっかり行う

    スキンケアと同じで、皮膚がうるおいを持っていれば肌のトラブルは防げます。まずは膝の皮膚の中や表面にしっかりと潤いを与え、保湿し、乾燥しにくい状態をキープできるように整えていきましょう。

保湿についてはまたどんな方法で保湿していけばよいのかを後述していきますので、参考にしてみてくださいね。

皮脂などが毛穴に詰まって起こる黒ずみのケア・改善方法

膝が黒ずむ原因のほとんどはメラニンが悪さをしているからですが、毛穴が皮脂などで詰まってしまうことでも黒ずみが目立ってしまうことがあります。

皮膚が乾燥してしまうと、毛穴周辺の皮膚まで硬くなってしまい、毛穴が圧迫されるような形になります。そうすると、毛穴から分泌される皮脂が毛穴に詰まってしまい、黒ずみが発生するのです。

また、毛穴が開いたままの状態だと皮脂が酸化してしまい、それによって黒ずんでしまうこともあります。

このような毛穴が詰まることによる黒ずみには、先述した通り、重曹でのケアが大変効果的だと言われています。

もしくは、毛穴が開いた状態だと、皮脂が酸化することで黒ずむこともあります。このような毛穴皮脂汚れに対する黒ずみケアには、毛穴の黒ずみ対策をすることで解消できます。

<重曹マッサージに必要なもの>

  • 食用品・もしくは医療品の重曹
  • ぬるま湯、水

<重曹マッサージのやり方>

  1. 重曹を手のひらに取って、ぬるま湯を少しずつ加えペースト状にします。
  2. 膝に塗り、力を入れ過ぎないように注意しながらマッサージをしましょう。
  3. マッサージし終えたら洗い流し、ローションなどで保湿します。

重曹の研磨力を利用し、黒ずみのケアを行うのが重曹マッサージです。

重曹とは炭酸水素ナトリウムで、一つ一つが結晶のような構造になっており、膝などに塗ると皮膚を磨き上げてくれます。

一種のピーリング効果を得ることができるため、毛穴に詰まってしまった皮脂や汚れなどを取り除いてくれる上、肌を清潔に保つ働きが期待できます。

保湿の他には?肌を柔らかくする+ピーリングでケアしよう

膝の黒ずみケアはただ保湿をすれば良い、ということではありません。

黒ずんでしまっている膝の皮膚表面や内部に水を与えて柔らかくしなければ、皮膚の中までしっかりと保湿剤が浸透されず、効果も出にくいです。

しかし、黒ずんでしまった膝はそうそう簡単に柔らかくなってはくれません。

なので、保湿ケアと同時に、皮膚表面の古い角質を取り除き、皮膚を柔らかくしていく必要があります。

膝が黒ずんでしまっている場合、皮膚表面には古い角質が蓄積されており、皮膚が硬くなってしまっています。皮膚が硬いと黒ずみケアをどれだけしても意味がなくなってしまいます。

ピーリングで古い角質をしっかり除去し、肌を柔らかくしましょう。

スクラブやレモンパックでピーリングし古い角質を除去しよう

古い角質を除去するには主にこの2種類の方法がオススメです。

<スクラブやピーリング>
行う頻度…1週間~2週間に1回程度

ピーリングは皮膚表面の角質を溶かして除去する効果があり、スクラブは重曹と同じように皮膚表面を磨き、溜まってしまった角質を除去する効果を持っています。

ターンオーバーのサイクルが遅くなっているのを正常サイクルに戻し、肌を柔らかくしてくれる上、毛穴に詰まっている汚れも除去してくれます。

ただし、肌の角質を無理やり除去するので、肌の弱い人にとってはそれも刺激となってしまう場合があるので注意しましょう。

<レモンパックでピーリング>
行う頻度…週に3回~4回程度

レモンにはスクラブなどに比べ緩やかなピーリング効果があります。

  1. スライスしたレモンを膝に押し付ける
  2. 5分~10分置く
  3. 蒸しタオルで拭き取ります

レモンには紫外線を浴びるとシミができやすいという難点があるため、レモンパックをするのは入浴後など、紫外線を浴びない時間帯にするなどの注意が必要です。

ピーリングはやり過ぎるとかえって皮膚に負担をかけてしまうので、頻度を守り、やりすぎないように気を付けましょう。

ヨーグルトパックや柔軟化粧水を使って肌を柔らかくしよう

肌を柔らかくするには主にこの2種類の方法がオススメです。

<ヨーグルトパックで肌を柔らかくしよう>
行う頻度…週に1回~2回程度

ヨーグルトにはピーリング効果が得られる他、肌の代謝を促進させてくれる効果があり、肌が柔らかくなります。

  1. ヨーグルトに小麦を同じ割合で混ぜる
  2. 入浴後に黒ずみにつける
  3. 力を入れずくるくるとマッサージ

入浴後の肌が温まり柔らかくなっているときに行うようにしましょう。またヨーグルトパックは顔にも効果があるのでくすみなどのも取れ一石二鳥です。

ヨーグルトパックにはちみつを加えることで、はちみつがうるおいヴェールを作ってくれ、保湿効果も高まるためオススメです。

<柔軟化粧水で肌を柔らかくしよう>
行う頻度…毎日

柔軟化粧水、と聞くとなにか分からないかもしれませんが、これは一般的に言う「化粧水」のことで、角質層の細胞や、細胞と細胞の隙間などにうるおいを与えてくれます。顔だけでなく膝にも塗るようにしましょう。

柔軟化粧水を使うことにより、皮膚の中に通り道ができます。そのため、その後にクリームを使用すると浸透力が高まり、効果が得やすいです。

また、角質層がうるおいで満たされることによって、バリア機能が高まるため、外部から受ける刺激に対して強くなり、膝が黒ずみにくくなります。

肌が柔らかくなることで、より一層、保湿力も高まり、ダメージから皮膚を守りやすくなります。

膝を保湿や保護が大切!膝を潤わせるための保湿方法

shutterstock_407531440
膝の皮膚を柔らかくしたところで、先述したように保湿のやり方をお話したいと思います。保湿成分をしっかりと浸透させ、肌にうるおいを与えましょう。

膝は角質層が分厚く乾燥しやすくなっているため、保湿効果の高い成分を使用して保湿を行うことで、黒ずみの対策や予防ができます。

保湿ケアには美容液などの液体のものより、油分が多いクリームなどを使用すると皮膚の表面を覆ってカバーしてくれる役目も果たしてくれますよ。

ワセリンを使って保護しよう
ワセリンは肌が敏感な状態になっているときにも使える保湿成分で、肌荒れなどにも使用される代表的な市販薬です。

肌のうるおいを直接補給するわけではなく、肌の表面を覆って外部からの刺激を和らげる働きを持っています。

白色と黄色がありますが、肌が弱っているときは、精製度の高い白色ワセリンが良いです。

肌が敏感であるなどではない限り、安価の黄色のワセリンでも十分効果を得られます。

シアバターを使って保湿しよう
シアバターには皮脂のように、うるおいを長時間留めてくれる効果があり、肌を柔らかくしたり、肌のターンオーバーを助けてくれるなどの働きも持っています。

お風呂上がりや、乾燥が気になるときは、シアバターを手のひらで一度温めてからマッサージをするようにして膝に塗ると良いです。シアバター配合のクリームや化粧水はたくさんありますのでお好みのものを探して下さいね。

ハイドロキノンでメラニンの生成を抑制させよう
黒ずみの原因であるメラニンの生成は表皮と真皮の間の基底層という場所で行われており、チロシナーゼという酵素が活性化することにより、チロシンというアミノ酸が黒色メラニンとなります。

ハイドロキノンはチロシナーゼという酵素が活性化するのを防いでくれるので、黒ずみの予防になります。ハイドロキノンが配合されているクリームなどがオススメです。

トレチノインで肌代謝を良くしよう
トレチノインは美白への有効的な成分であるレチノールなどのビタミンA誘導体が注目されており、肌のターンオーバーを促して肌の内側からシミを外へと排出する働きを持っています。

肌の表皮が生まれ変わり古くなった細胞を排出するための代謝を活性化させ、コラーゲンやヒアルロン酸などの元々持っている美肌成分が生成されるのを活性化させる効果もあります。

市販のものでレチノールが配合された化粧品などもありますが、他のビタミンAが誘導体よりトレチノインの効果は100倍あるとも言われています。

こちらもトレチノインが配合されているクリームなどがありますので一度薬局などで探していただくことをオススメします。

尿素で肌を保湿しよう
尿素はハンドクリームや入浴剤などに配合されている成分で、肌細胞を構成する保湿成分の一つです。角質を溶かしてくれるピーリング効果も持っています。

  • 保湿
  • 角質の除去
  • 角質を柔らかくする
  • 細胞を活性化させる

などの効果も持っているため、尿素配合のハンドクリームなどを黒ずみに塗布すると良いです。ただ、尿素の配合が高いとターンオーバーを早めます。

まずは10%前後配合されているものを使用し、黒ずみの状態に合わせて濃度を高くしたり低くしたりと調節し、段階を踏むようにしましょう。

様々な保湿剤がありますが、どれにもメリット・デメリットや正しい使い方があります。肌は敏感で繊細なので、きちんと状況や用途に合わせた使い方をしてケアしていきましょう。

膝を黒ずませないために普段から気をつけたいこと

さて、既にできてしまった黒ずみのケア方法をお話してきましたが、当然の事ながら黒ずみは日々の積み重なりが原因で生まれるものなので、日々の対策も大切です。

「摩擦」「乾燥」「紫外線」と、おさらいも含めて、もう一度、日々の黒ずみ対策の方法を覚え、日頃から気を付けて生活するようにしましょう。

摩擦の原因となってしまう行動をやめて黒ずみを作らない

膝の黒ずみを防ぐためにまず一番大切なことは、日常的な摩擦を避けることです。

  • 畳の上など摩擦の起きやすい場所で膝立ちしない
  • 畳の上で膝立ちをしたまま移動をしない
  • 正座をできるだけ避けて生活する
  • 立ったり座ったりするときは膝をつかない
  • 足を組むのをやめる
  • ナイロンタオルでゴシゴシと強く擦るようにして洗わない
  • スキニージーンズなどのぴったりした硬い素材のズボンは履かない
  • 膝が出る服装のときは擦らないように注意する

このように日本人は、日常的な生活のスタイルそのものが膝の黒ずみの影響になってしまっているケースが多いです。

防げないものは仕方ありませんが、極力避けたり、注意をするなどして膝を擦らないようにしましょう。

しっかりと保湿のケアを行い膝が乾燥してしまうのを防ぐ

何度も上述していますが、膝の乾燥は黒ずみにとって大敵です。

お顔の手入れをするのと同じように、膝にも毎日柔軟化粧水やクリームなどで保湿をし、保護してあげるようにしましょう。

  • 膝には皮脂腺が少ないため乾燥しやすい
  • 摩擦から膝の角質層が厚くなり、乾燥を悪化させている

これらの膝が乾燥してしまう原因を根本から取り除くことは大変難しいです。そのため、できる限り、外から膝にうるおいを与えて乾燥を防ぎ、保護してあげることが大切です。

お顔のケアのときに一緒にケアをするだけでも違ってきますよ!

日焼けから膝を守って紫外線のダメージをしっかり防ごう

膝は関節部分なため、曲げたり伸ばしたりしやすいように元々皮膚が蛇腹のような状態になっており、他の部位に比べて黒ずんで見える場所です。

そこに紫外線で日焼けをして、メラニン色素が発生してしまうと、本格的に黒ずんでしまいます。

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 紫外線に直接当たらないようにする
  • 紫外線に強い素材の衣類を着用する
  • 膝の出る衣類を極力避ける

など、膝を紫外線の刺激からできるだけ避けるようにしましょう。

ショートパンツなどはちょっとした外出に楽ですが、膝がそのまま出てしまっているので気を付ける必要があります。

膝の黒ずみ解消は長いと2ヶ月以上かかることも…

お顔の皮膚だとターンオーバーは健康な肌であっても約28日かかると言われており、年齢を重ねればその分、年齢の数以上にターンオーバーは遅くなっていくと言われています。

そのため、人によってはお顔の皮膚のターンオーバーは1ヶ月半以上かかる人もいます。

膝の皮膚はお顔の皮膚よりも厚みがあるため、少なくとも正常なターンオーバーで1ヶ月はかかると考えた方が良いでしょう。

年齢やお肌の状態によっては2ヶ月以上かかることも十分考えられます。なので、根気強く、そして、早い内からケアをすることが大切です。

膝の黒ずみケアを行う上でよくある失敗とはどんなこと?

黒ずみのケアで一番起こしやすい間違いは、ピーリングやスクラブなどで角質の除去をする回数です。

このケアの頻度は週に1度まで、そして、保湿のケアは毎日を1ヶ月以上続けることが基本となります。

また、ピーリングなどで必死に角質を剥がそうとしてしまうのも失敗の元。角質とは本来は、自然と剥がれ落ちるものです。

黒ずみを早くなんとかしたいから、とピーリングやスクラブを頻繁に行ったり、トレチノインや尿素の配合濃度の高いケア用品の使用方法や使用頻度を誤ると、肌は一旦改善を見せても黒ずみが悪化してしまいます。

先述した通り、膝の黒ずみケアは根気強く長期的にケアをしていくことが大切なので、急いで必死に改善させようとしても皮膚が追いついてくれません。

皮膚、肌が必要としているものを補給し、不要としているものを取り除いてあげるという基本的なケアを続けていれば、膝の黒ずみは改善されていくので、焦らないようにしましょう。

膝の黒ずみはきちんとしたケア方法で長期的にじっくりと改善しよう

shutterstock_304887596
いかがでしたか?黒ずみのケアは、なんとなーく知っているような感覚になって、間違ったケアをしてしまう人が多いです。

思ったような効果を得られないため、焦って色々している内に更に黒ずみが悪化してしまった、という経過をたどっている。なんてことにならないよう、きちんとしたケアをしていくようにしましょう。

また、生活の中でどうしたって膝をつかないといけない状況になってしまっている人もたくさんいるはずです。その場合は、乾燥させず、紫外線からの刺激を極力避けて、改善していきましょう。

膝の黒ずみの改善は、根気のいるものですが、毎日きちんとしたケアを続けていれば必ず、効果は出てきます。

もうすぐ露出の多い夏がやってきます。ダイエットやマッサージで美脚を手に入れるのと同じように、膝の黒ずみにも気を配って美しい膝小僧を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事