• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性同士の上司と部下!こんな態度は女性上司に嫌われる!

Date:2015.03.07

shutterstock_63448000_

現代は、女性が上司になることも増えています。女同士で同じ職場で、上司と部下として働く場合、より気を遣わなければならない部分もありますよね。職場で気持ち良く働くためには、やっぱり上司との関係は良くしておきたいものです。

ただ、女性は男性よりも細かいことが気になる傾向がありますので、ちょっとしたことで女性上司の機嫌を損ね、嫌われてしまうかもしれません。そこで、女性の部下が、女性の上司に嫌われやすい態度を取り上げてみますので、注意してみてくださいね。

キッパリと間違いを指摘する

上司といえども、人間ですから、間違いをおかすこともあるでしょう。それに気付いた時、女性の部下から、キッパリと間違いを指摘されることだけは我慢ならない!と感じている女性上司は多いはずです。

上司としてのプライドが打ち砕かれて、同性同士なので、敵のように感じやすくなってしまうのですね。そんなふうに恨みを買ってしまわないためには、間違いに気付いても、スルー出来ることであれば、本人が自分で気付くまでソっと見守りましょう。

また、指摘してすぐに修正してもらわなければ仕事の進行に差し支える場合は、男性社員や、その上の上司から言ってもらうなど、コッソリ相談するのが良いでしょう。

反対意見をたびたび述べる

会議などで、女性の上司と対立するような意見を、たびたび述べてくる女性部下は、やはりその上司にとって鼻に付く存在だとみなされてしまいます。「私に対して敵意を持っているの?」と疑われてしまうことも。

でも、自分の意見をどうしても言いたい!という時だってありますよね。そんな時は、真っ向から対立するような言い方をせず、別の角度からの提案が出来ないかを、まずは考えてみても良さそうです。

敬語がしっかり出来ていない

社会人として、基本的なことではありますが、本当に間違いのない敬語を使えているか、自分でチェックしてみることも大切です。勘違いしやすい敬語、謙譲語をしっかりと使い分けられるよう、本やネットを利用して見なおしてみましょう。

女性の上司は、こういったマナーや常識を重んじる人も多く、実は厳しくチェックを入れているかもしれません。

また、日頃女子会をするなど、フランクなお付き合いが出来ている女性上司相手でも、やっぱり仕事の上では、きちんとした話し方をした方が良いでしょう。この人なら大丈夫、と思って油断していると、実は不快感を与えている可能性もあります。

デスクの上が整理されていない

男性の部下に対しては、そこまで気にならなくても、女性の部下がデスクの上や周辺を汚くしていると、イライラしてしまう女性上司もいます。お母さん目線で、「だらしがない!」と感じてしまうのかもしれません。

また、きちんと整理整頓されていないデスクでは、仕事を頼んでもミスされそうだと、敬遠されてしまう可能性もあります。せめて見えるところだけでも、キレイにしておくように心がけましょう。

最低限のことしかやっていない

仕事において、上司に頼まれたことを、最低限しかしていないと、ガッカリしたりイライラされているかもしれません。

女性は、細やかな配慮を出来ることが多いので、言われたことだけ、最低限だけ、という仕事の仕方をしていると、同性としてあり得ない!という感覚を持ってしまうのです。

でもこれは、裏返せば、全部を言わなくてもここまで出来るはず、という期待が込められているからでもあります。新入社員のうちや、慣れないうちからこういった期待をされるのは辛いものですが、完了報告をする前に、本当にこれで良いかとチェックしましょう。

雑用をしない

職場によって、雑用は当番制で交代でやっていたり、気付いた人がやる、また担当が決まっているなど、様々だと思います。

もし、特に決まりがなく、気付いた人が行なうようになっている場合、雑用を全くしないと、女性上司から嫌われる可能性が高くなります。

その上司自身が、今まで率先して雑用を引き受けてきたタイプならなおさら、「なんでこの子はやろうとしないの!?」という気持ちが強くなるのでしょう。ちなみに、電話をなかなか取らない女性も、嫌われやすくなります。

男性社員との私語が多い

仕事中の私語は慎むべきですが、職場によっては、雑談をし合える環境であることもありますよね。

そんな職場においても、やたらと男性社員とばかり話し、それも声が大きかったりすると、どうしても目立ってしまいます。仕事そっちのけで私語を楽しんでいる女性部下の様子は、女性上司をイライラさせてしまいます。

時に、男性に媚を売っているなど、偏見の目で見られてしまうこともありそうです。

相談をしない

仕事を自分一人で進めることが出来るのは、もちろん立派なことだと思います。しかし、中には、上司の判断を仰がなければならない場合もありますよね。

それなのに、ほとんど相談することなく、独断で進めていってしまうのは、度が過ぎると女性上司の不信感を招いてしまいます。自分勝手な印象を与え、また、自分のことを信頼していないのでは?と思われてしまうこともありそうです。

臨機応変に、ここは大事な部分なので相談したほうが良さそう、という内容を見極められるようになりたいですね。

字が汚い、書類が雑

書類を提出したりする場合、手書きする部分もあるかもしれません。そんな時に、読みづらいほどの汚い字は、上司の仕事の効率を落としてしまいます。だれでも読みやすいような、丁寧な字を心がけましょう。

また、パソコンで作ったりする場合も、レイアウトが雑だったりと、見にくい書類になっていませんか?出来る女性の上司は、そんな書類の作り方もチェックしているはずです。書類ひとつで嫌われないようにしたいものです。

気が利かない

やはり、女性同士ですと、気が利かない女性の部下は嫌われやすいようです。自分に当てはめて、「私だったらこうする!なんでこんなことも気が付かないの!」と感じてしまうからです。

面倒ではありますが、上司が何を求めているのか、先回りして察知出来るよう、アンテナを磨く努力も大切です。

服装がだらしない、露出が多い

同じ女性として、服装や身だしなみについても、厳しいチェックが入ります。

仕事にふさわしくないようなルーズな着こなしや、露出が多いというのは、女性の上司からは大変嫌われやすいはずです。その気がなくても下着などがチラっと見えてしまうというのも、悪い印象を与えますので、鏡でしっかりチェックしましょう!

愛想がない

挨拶や返事をする時など、笑顔でハキハキとしていますか?まさか、目も合わせず挨拶しているとか・・・。

これでは、女性上司の反感を買ってしまいます。柔らかな対応を心がけましょう。

向上心が見えない

男性も多くいる職場において、女性が役職に付いている場合、やはり相応の努力や成果があったからだと思います。自分自身が努力してきたという自負がありますので、向上心が見えないような女性に対しては、嫌悪感を抱いてしまうことも。

内心はどうであれ、やはりあからさまにやる気がないような態度をするのは、社会人としても良くありませんね。

オンとオフを切り替えて!

ここまで、女性の上司に嫌われやす態度をいくつも見てきましたが、色んなことに気を遣わなければならないので、読んだだけでグッタリ!な印象を与えてしまったかもしれません。

確かに、気を遣う、気を利かせるというのは、疲れるものです。だからこそ、オンの間はしっかり頑張るけれど、仕事が終わったら、自分自身が楽しいことをして、ストレス解消&リフレッシュを心がけましょう!

また、イベントなどを通して、女性の上司と仲良くなってしまえば、少し気がラクになるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事