• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダブルクレンジングは不要!?つや肌になるためのクレンジング。

Date:2014.03.06

ダブルクレンジングというと、オイルクレンジングの後に洗顔フォームで洗顔をするというもの。

クレンジングにもさまざまな種類があり、オイルクレンジング、ローションクレンジング、クレンジングシート、クリームクレンジング、そして高保湿洗顔クレンジングなどがあります。

肌が丈夫という方でも間違ったクレンジングの仕方によって、しわが深くなったりニキビが出るようになったりします。

敏感肌な方であれば乾燥や湿疹などのトラブルを抱えてしまうこともあるためメイクをしたなら肌に合う正しいクレンジングを行う必要があります。

しかしクレンジングの仕方はサロンにいかなければ正しくきれいに落とすコツを教えてもらう事はないかもしれません。

ダブルクレンジングで大切な油分をとってしまう?

ダブルクレンジングが肌に良くない場合があるのはどのような時なのでしょうか?

エステシャンに聞いてみるとその答えは…ダブルクレンジング自体が良くないわけではないものの、使用するクレンジング剤が安価なもので界面活性剤が多く含まれているものを使用し汚れと共に油分までとってしまう場合ダブルクレンジングはよくないという事になるそうです。

つまり言い換えれば、必要な油分をとってしまうクレンジングの仕方が良くないという事になります。そんな事と知らずメイクを落としていませんか?しっとり肌を保つためにもダブルクレンジングの仕方を新しくしてみませんか?

ローションクレンジング

まずクレンジングの選び方がポイントになります。肌への負担のないクレンジング剤としておすすめなのがローションタイプと高保湿洗顔料。

基本的にローションタイプはミネラルオイル、植物油などのオイルと水と乳化剤でできているため、乳液のような作りでありながらサラッとした化粧水タイプとなっています。

肌への負担が少ないのでお勧めのアイテムです。アイメイク用のクレンジングまたはオイルクレンジングでアイメイクのみを落とし、顔全体はローションでゆっくりコットンで優しく落としていきます。それから水やお湯で洗顔します。

きめの細かい泡で優しく洗い落す

そして、ここ数年でメジャーになってきた高保湿洗顔料。こちらのアイテムは洗顔後のしっとり感がまったく違うのがすぐにわかるほど効果があります。

メーカーによるものの泡を専用のスポンジできめの細かい気泡を作り優しくメイクなどの汚れを取っていきます。

高保湿というネーミングどおり高い保湿力のため、化粧水をつけなければ「ツッパリ感」が出てしまうような乾燥肌さんな方におすすめです。

ちょっとお値段が張りますが、3、40代~出てくる深いしわにお悩みの方はちょっと試してみる価値はあります。

質の良いコットンでしわを作らない!

コットンも出来れば質の良いものをえらぶと随分肌の調子が良くなります。1箱¥500のコットンをたまたま頂き使ってみたら…目の下のしわが改善されてびっくりしました。

以前からエステシャンの方からすすめられていたものの「もったいない、面倒くさい」と思いアドバイスを聞いていませんでした。

しかし肌にアレルギーによるトラブルを抱えてしまった時、頂いて使用し始めたらわずか1週間で改善が見られました!そして安価なオイルクレンジングによるダブルクレンジングもやめました。

オイルクレンジングは汚れを落とす即効性に優れている分刺激が強いことを覚えておくといいかもしれません。

またメイクを落とす際、肌にキズをつけてしまう「荒い目のコットン」でしわを作らないよう、質の良いコットンを使う事によってしっとりした肌を保って下さい。

この記事をシェアする

関連記事