• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

市販の入浴剤にもう飽きた?手作り入浴剤でミラクルバスタイム

Date:2012.05.13

お風呂に入るのは好きだけど、市販の入浴剤に飽きてしまった方は、手作り入浴剤でバスタイムを楽しみませんか。お家にあるもので手軽に作れる、入浴剤のレシピをご紹介いたします。

レシピ1:塩

冷え性の人におすすめなのが「塩」です。ミネラル分の多い天然の海塩や岩塩を使うと、肌が柔らかくなります。1人当たり、ひとつかみ(カップ約4分の1)を湯船に入れてください。

敏感肌の方は、肌が赤く炎症を起こす可能性がありますので注意してください。

レシピ2:ワイン

若々しい肌を保ちたい方におすすめなのが「ワイン」です。冷え性や肩こりにお悩みの方にもおすすめです。ワインには、老化を防ぐアルファハイドロキシ酸(AHA酸)が含まれているので、美肌効果があります。

ワインを2カップ湯船に入れて、よくかき混ぜてください。オイリー肌の人は赤ワインを、ドライ肌の人は白ワインをご使用ください。

高価なワインではなく、安い飲み残しのワインで効果があります。気の抜けたビールを入れても大丈夫です。アルコールに含まれる糖分が、肌をすべすべにしてくれます。

レシピ3:お茶

美肌になりたい方におすすめなのが「お茶」です。お茶の葉をお茶パックに大さじ3杯入れ、湯船に入れてください。

ヨモギ茶は、冷え性・肩こり・腰痛などの緩和に効果があります。番茶は、高い抗酸化作用があります。はと麦茶とドクダミ茶は、にきびや吹き出物など、肌のトラブルに効果があります。

緑茶は抗酸化作用と、消臭効果があります。マタタビ茶は、冷え性や神経痛の緩和に効果があります。それぞれ効果が違いますので、目的ごとに使い分けてください。

レシピ4:ハチミツ(黒蜜)

肌をすべすべにしたいかたにおすすめなのが「ハチミツ(黒蜜)」です。大さじ1杯~3杯湯船に入れてください。ハチミツには保湿作用があるので、肌が潤います。

レシピ5:牛乳

お肌の乾燥を防ぎたい方におすすめなのが「牛乳」です。美白効果や保温効果もあります。

牛乳2カップくらいを湯船に入れてください。牛乳風呂に入った後は、お風呂から上がる時に浴槽を掃除してください。牛乳は腐りやすいので、浴槽をいためないように、早めに行いましょう。

レシピ6:オリーブオイル

乾燥が酷くお悩みの方におすすめなのが「オリーブオイル」です。糖分よりもしっかりとした保湿力を持ち、水分の蒸発を防ぐことで保温力もあります。

小さじ4分の1杯をそのまま湯船に入れ、よく混ぜてください。オイルを直接入れても、分量を間違えなければべたつきません。

レシピ7:りんご酢

体臭が気になる方や、疲労回復におすすめなのが「りんご酢」です。りんご酢を大さじ1杯浴槽に入れ、よくかき混ぜ入浴してください。りんご酢風呂が初めての方は、少なめに入れて試しましょう。

エッセンシャルオイル(精油)を、1~3滴混ぜて入るとより効果的です。エッセンシャルオイルを初めて使用される方は、パッチテストを行ってください。

原液を直接肌につけると、肌のトラブルを起こしますので、十分に薄めたものを腕に少量塗って、1~2日肌の様子を見てください。妊婦さん、敏感肌の方、高齢者、病気治療中の方などは、医師や専門家に相談してからご使用ください。

この記事をシェアする

関連記事