• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏バテ防止!夏の日常生活に取り入れたい水分補給法

Date:2013.09.13

夏は汗を沢山かく時期です。何もしていなくても、じっとしているだけで汗がにじみ出てくる、そんな季節ですよね。そのため、知らず知らずに水分不足になってしまいがちです。しっかりと水分を摂ってあげないことで、熱中症になったり、夏バテになってしまったりします。

マメに水を飲んで水分補給をしてあげることが一番ですが、他にも効果的に水分補給が出来るといいですよね。そこでここでは、日常生活に是非取り入れて欲しい水分補給法をご紹介します。

1. スイカ

夏の風物詩であるスイカは水分を90%も含んでいる食べ物です。ちょっと食欲がないなあ、というときにも食べやすいですよね。

ちなみにスイカは水分が多いだけで栄養分があまりないようなイメージがあるかと思いますが、実は抗酸化作用があるリコピンやシトルリンを含んでいたり、デトックス効果があったりもします。

そして、身体を冷やしてくれる効果もあるので、暑いときには最適の食べ物です。他にもベリー類やぶどうは水分を多く含んでいるので、是非おやつに取り入れてみてはいかがでしょうか?

2. ココナッツウォーター

デトックス効果、美容効果があるということでセレブにも人気のココナッツウォーターは、まさに水分補給には最適の飲み物です。電解質であるカリウムを含み、効果的に体内に水分を行き届かせてくれます。

そのほかにもマグネシウム、リン、ナトリウムなどを含み、栄養価が高い、健康的な飲み物です。身体を冷やしてくれる働きもあるので、是非暑い夏に進んで摂りたい飲み物です。

3. 食事前の水

食事中に水を飲むという方は結構多いかと思いますが、是非食前にも水を一杯飲んでみましょう。効果的に水分補給ができ、食べすぎにも効果があります。

4. 運動前の水

運動前にしっかりと水分をとりましょう。特に夏場の運動は大量の汗で脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。運動後だけでなく、運動前に水を飲むことを忘れずに。

5. 水にひと工夫

水ばかりで飽きたから炭酸入りのジュースでも…いえ、砂糖で余計に喉が渇いてしまうだけです。そこで、水にひと工夫してみましょう。一般的なところでは、レモンやライムを絞るのも、フレーバーが楽しめ、すっきり、さっぱりとした味わいを楽しむことができます。

ミントの葉を浮かべるのもリフレッシュできます。きゅうりをスライスしたものやイチゴをスライスしていれるのも面白いですよ。ビタミンも取れて、水も美味しく飲め、一石二鳥です。

6. ボトル

夏のお出かけにはボトルが大活躍です。是非外出時には水の入ったボトルを持ち歩くようにしましょう。外出時ですぐに何か飲み物が買えなくても、バッグの中に水ボトルを忍ばせておけば、気軽に水分補給が出来ます。

7. 家でも水

外に居るときほど家の中では喉はそれほど渇かないかも知れません。でも、意外と身体は乾いてしまっているものなのです。一日グラス8杯を目安に水を飲みましょう。

8. サラダ

夏の間は火を通さなくても食べられる旬の野菜が沢山出回りますよね。レタス、きゅうり、トマト、サラダほうれん草など、水分が一杯の野菜でサラダを作ってみませんか?ちょっと食欲が無いときは、サラダうどんなどにしてもさっぱりいただけてお勧めです。

9. アルコールを避ける

暑い日のビールは最高ですよね。でも、アルコールはほどほどにしましょう。アルコールは身体の水分を排出してしまいます。アルコールを飲んだ後は、是非水を飲むようにしましょう。

10. あら塩

天然の質が良いあら塩はミネラルを一杯含み、細胞への水分補給に効果的です。料理にはあら塩を利用しましょう。

この記事をシェアする

関連記事