• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

温泉の入り方で効果が変わる!美肌効果をアップさせるコツとは

Date:2015.03.26

shutterstock_222713830
日本人の大好きな温泉は、美容、健康、リラックスとさまざまな効果をもたらしてくれます。温泉には美しいお肌を作るのに有効な成分が含まれていて、美容目的で入浴される女性もとても多いのです。

温泉にも正しい入り方があることをご存知でしたか?せっかく美肌を作るために温泉に入るのに、入り方を間違えるとその効果を半減させてしまっているのです。

温泉で美肌になれるのはなぜ?

温泉に入るとお肌がきれいになると言われていますがなぜでしょうか。まずはその理由を理解しましょう。

温め効果

温泉は体の芯から温めてくれる成分が含まれています。体が温まると血行が良くなりますので酸素や栄養分の供給も活発になります。血流アップによりお肌に栄養が届きやすくなるのです。

デトックス効果

温泉によって肌が温められるとお肌の新陳代謝も活発になります。お肌にたまっていた余分な水分や老廃物の排泄も活発になるのでお肌がきれいになるのです。

お肌を美しくする成分

温泉はその配合成分によってさまざまな種類に分類できます。美肌作りに多いに貢献してくれる成分が含まれている温泉の種類があります。

ナトリウムは肌のデトックス作用を高めてくれる成分です。肌にたまっている余分な角質を浮き上がらせて落としてくれるので、お肌がすべすべになります。

硫黄泉や炭酸ガスは血流アップに高い効果をもたらしてくれます。お肌の血行を活性化させてくれるのでお肌の栄養補給と老廃物の排泄の両方が促進されます。

ナトリウムなどの塩化系の温泉は肌の保湿効果を高めてくれます。お肌に薄いベールを作ってくれるので水分の蒸発を防げるのです。入浴後何もつけなくてもお肌がしっとりと潤っているのはこの働きのおかげです。

これで美肌効果倍増!温泉の入り方

美肌効果を高めるための温泉の入り方をマスターしましょう。一度マスターすれば一生使えますよ。

適度な水分とカロリー補給

温泉に入るときは普段よりも長い時間湯船につかりますよね。長時間の入浴は実は思った以上にエネルギーを消費することなのです。

美肌になるため健康のためとせっかく温泉に来たので、いつもよりちょっと無理をしてでも温泉に長くつかろうとしますよね。

入浴で体力を奪われてしまうので無理をすると後で体調を崩してしまうかもしれません。入浴前に適度に水分補給をし、お菓子やおにぎりなどのすぐにエネルギーに変わる物を食べておくと温泉に長時間入っても疲れにくくなります。

メイクはオフしてから

温泉に入る前にメイクは必ずクレンジングで落としてから入ります。それは温泉成分の浸透をアップさせるためです。

温泉にはクレンジングが置いていない可能性も高いので、必ず持参してお風呂に入る前にしっかりとメイクを落としておきましょう。万が一クレンジングを忘れてしまった場合、脱衣所に乳液が置いてあればそれで代用します。

かけ湯の役割とかけ方

温泉はあなた一人ではなく大勢の人が一緒に入浴する場所です。汚れた体で入るとせっかくの温泉を汚してしまうことになるため、かけ湯をして体についている大まかな汚れを洗い流します。

そしてかけ湯の意味はもう一つあり、温泉の成分に体を慣れされるのです。温泉の種類によってはお肌に強い刺激をもたらすことがあり、皮膚の弱い方は皮膚トラブルが出て来てしまう場合があります。

徐々に体を慣れさせる

温泉にいきなり首の下までつかって温まりたいところですが、最初は半身浴から初めて次第に体を温泉に慣らしていきましょう。

最初から温泉に全身使ってしまうと体に負担がかかりすぎるとの、すぐに体があたたまって長い時間入浴できなくなってしまいます。

温泉は熱めの温度設定にしてある場合が多いのですが部分によってぬるめの場所もあります。そこを探して体を慣らしていくといいですよ。

タオルで頭を冷やす

温泉に入るときはタオルを持って入ると思いますが、それを水でしぼって頭にのせておきます。こうすると頭が冷やされてのぼせ防止になります。

入浴、休憩を繰り返す

温泉効果をアップさせるため長い時間温泉につかろうとしますが、無理すると逆効果になります。温泉の温度は普段自宅で入浴するお湯の温度よりも高くなっています。

高温のお湯に長い時間入ると気分が悪くなってしまうので、10分を目安に休憩して、また入るということを繰り返しましょう。

もしも脱衣所に水を飲む場所が設けられているなら、休憩中にお水を飲んでほてった体を冷やす水分補給するとより効果的です。

休憩は手短に

温泉のおかげでせっかく体があたたまったのに休憩時間を長く取りすぎてしまうと、体が冷えてしまいます。休憩時間は5分以内にとどめるようにします。洗髪や体を洗うのもそれぞれ分けて洗った方が、温泉から上がっている時間を短くできますね。

いつもより優しく洗おう

体や髪の毛はいつもより優しく洗うように心がけます。温泉の配合成分よっては浸かっているだけで体の汚れを落とす効果に優れている成分が含まれているのです。

またいつもより長い時間の入浴で肌にも負担がかかっているので、あまりゴシゴシとこすってしまうと逆に肌が荒れてしまいます。

上がり湯はさっと済ませる

温泉から上がる時にシャワーのお湯でよく体を流す方がいますが、それではせっかくの温泉成分が体から流れてしまいます。

温泉は肌に浸透して体を温める美肌効果をもたらしてくれるのです。それを洗い流してしまってはせっかくの温泉効果が半減します。

温泉から上がるときはシャワーではなくかけ湯をしたときと同じ温泉のお湯を、さっと体に流してあがるのがおすすめです。

休憩と水分補給を十分に

長時間温泉に入って体力を消耗していますし水分も失われています。入浴後はいきなり活動せずに体をゆっくりと休めて水分補給をしましょう。

水分を補給するときはせっかく温泉であたたまった体を冷やさないように冷たい物よりも温かい物を飲むのがベターです

温泉は無理して長い時間入っても効果はありません。むしろ体調を崩します。休みながら無理のない範囲で温泉を楽しむことができれば、美肌や健康にも良い効果をもたらしてくれますよ。

この記事をシェアする

関連記事