• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

カラーやパーマで傷んだ髪を美しくする為にすべき事とは?

Date:2013.03.22

ストレートアイロンやカールアイロンによって髪の傷みが進行し、気づけば切れ毛や枝毛ばかりという方は居ませんか。

髪は、水分不足や熱による刺激によって傷みやすいことから、保湿や水分補給が必要です。今回は、日々の刺激によって傷んだ髪に美しさを取り戻す方法をご紹介します。

シャンプーやトリートメントを見直す

普段使っているシャンプーやリンスの成分を見直しましょう。既に髪が傷んでいる場合はノンシリコンよりもシリコンの方が良いかもしれません。

ノンシリコンはきちんと洗い流さないと頭皮を詰まらせると言われていますが、メリットもあるのです。それは傷んだ髪を補修する効果です。

逆に傷んでない髪にノンシリコンを使えば栄養が届きにくいというデメリットもあるので、髪が傷んでいる状態であればシリコンをお勧めします。

また、ケラチンやシルク、昆布エキス、真珠、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分は髪を補修する効果が期待できるので、購入時にご確認ください。

熱を与える前に必ず保湿する

シャンプーとトリートメントの後には髪を乾かしますよね。その際に何か使っていますか?ドライヤーをする前には必ず髪をコーティングすることをお勧めします。

既にきちんと保湿してから乾かしている方も居るかもしれませんが、髪が傷んでいるのであればお使いの商品が合っていないかもしれませんよ。傷んだ髪には、栄養を与えるだけではなく油分も必要です。

お勧めはツバキオイルやオリーブオイルです。手にとって馴染ませるオイルは部分的に付け過ぎることもあるので、スプレータイプを使用しましょう。

ドライヤーをする前にスプレーし、ブラシで均一にしましょう。オイル系はつや出しとしても使われているので、髪の傷みが治まれば艶のある髪を手に入れることが出来るでしょう。

月に数回は蒸しタオル作戦

普段使っているトリートメントを使って週に一度位はヘアパックを行いましょう。シャンプーをした後で髪の水気を拭きとり、トリートメントを塗った後で蒸しタオルを頭に乗せましょう。

入浴中であれば、湯船の湯気と体内から出る熱によって加熱されるので大変お勧めです。もしも入浴する時間が無い場合は、トリートメント後にシャワーキャップをかぶり、その中にドライヤーの熱風を送り込むトリートメント方法をお勧めします。

時間短縮にもなりますので、是非お試しください。トリートメント後は普段と同様に髪を洗い流しましょう。

内側から髪へ美しさを与える方

髪は、外からの補修だけではなく内側からの補修も大切です。具体的な方法は、食べることです。髪に良い食べ物は、乳製品や大豆製品、魚などです。これらの食品には髪の成分の一つであるケラチンが含まれています。

髪の艶とハリを取り戻したい方は納豆や長いも、鳥の手羽肉、フカヒレ、豚足などがお勧めです。これらに食品にはコラーゲンが含まれています。

また、髪の保湿効果が期待できるヒアルロン酸、コエンザイムもお勧めです。コラーゲンも同様ですが、食事から摂取することが難しい成分はサプリメントを飲むことで簡単に摂取出来ます。

髪を美しくする為には自然体が一番です

毎日のアイロンが日課になっている方は、アイロンなしの生活は考えられないかもしれませんね。ですが、お酒を毎日飲む人が休肝日を作るように髪にも休日が必要です。

アイロンを使わず、ご自身の髪の癖を使ったオリジナルヘアを楽しんでみませんか。ちょっと結ぶだけでもいつもとは違った印象の自分と出逢えることでしょう。週に一度くらいは自然体で過ごす日を作ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事