• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理痛に悩む女性にまず試して欲しい薬に頼らない痛みの緩和方法

Date:2015.03.31

shutterstock_247461202 - コピー

女性にしか分からない悩み、生理痛。

薬を飲めば良くなるけど、毎月飲むなんて本当に体は大丈夫なの?と心配になってつい我慢している人はいませんか?

もちろん、薬も正しく飲めば生理痛の辛さを安全に軽減してくれるのですが、薬を使い続けるのは嫌だなあ、と思っているあなたに是非試して欲しい方法をご紹介しましょう。

生理になるとなぜ痛くなるの?

生理痛の症状にも様々なものがあり、その強さや場所、期間は人それぞれです。腹部が痛む人もいれば、下腹部や胃、腰が痛くなる人もいます。

では、そもそもなぜ生理痛は起こるのでしょうか。

その原因は「プロスタグランジン」というホルモンです。

これは生理時に出る経血を体外にスムーズに出すために分泌されるもので、このホルモンが分泌されることによって生理痛を感じるのです。

特に若い女性の場合、子宮の出口が硬くて狭いため、プロスタグランジンが過剰に分泌され、痛みを強く感じることがあります。

また、体が冷えると血流が悪くなり、プロスタグランジンが体内に長く滞在するため痛みが強まることもあります。

このホルモンだけではなく、ストレス等によりホルモンや自律神経のバランスが崩れて生理痛が強まる場合もあるようです。

痛みの原因がホルモンにあるので、生理痛が起こるのは仕方のないことだと分かりましたが、その痛みが軽いに越したことはありません。

実は薬に頼らなくても日常のちょっとしたことで痛みを緩和させることができるのです。

生理痛を緩和させる食べ物

食べ物や飲み物に気を付けるだけでも痛みを緩和させることは可能です。

体を冷やさないようにするものや、子宮の収縮に関係する物など、様々な効果を持つ食べ物を組み合わせていくことで痛みを緩和させてみて下さい。

血行を良くする食べ物

生理痛を緩和させるためには体を冷やさないことが大切です。

カイロを当てたり、お風呂で温まったりする方法も出来ますが、日頃から体を冷やさない食べ物を積極的に摂り、体質改善をしていくことが重要です。

おすすめの食材は以下です。

  • 根菜類
  • 生姜
  • ナッツ類

アーモンドなどのナッツ類はおやつ感覚でより簡単に食べることが出来ます。

子宮の収縮を抑える食べ物

生理痛に欠かせないのは青魚です。

青魚に含まれるEPAは子宮の収縮を抑えてくれます。それだけでなく、血行を良くして体を冷えにくくする効果もあります。

ホルモンバランスを整える食べ物

女性ホルモンのエストロゲンと似ていることから大豆イソフラボンの摂取によってホルモンバランスが良くなって生理痛が緩和されます。

大豆イソフラボンが多く含まれているのは、その名の通り大豆製品です。以下のように様々な形の食品がありますので食べやすい物を選んで食べてみましょう。

  • 豆腐
  • 豆乳
  • きなこ

また、亜鉛もホルモンバランスの改善に欠かせない食べ物です。

牡蠣やレバーなど、亜鉛だけでなく鉄分も多く含まれている食材は貧血予防や生理中のイライラを抑えるためのリラックス効果もありますので、是非試してみて下さい。

注意!生理痛を悪化させる食べ物

では反対に、生理痛を悪化させてしまう食べ物にはどのような物があるのでしょうか。

  • 肉類
  • コーヒー
  • 紅茶
  • チョコレート
  • 牛乳などの乳製品

まず、肉類ですは子宮を収縮させるホルモンを過剰分泌させてしまいますので食べすぎには注意してください。

次に、カフェインを多く含む食品です。コーヒーや紅茶はもちろんですが、生理中につい食べたくなってしまうチョコレートにも多く含まれています。甘い物が食べたくなるのも分かりますが他の物で代用するなど、なるべく食べないようにしましょう。

意外かもしれませんが、牛乳などの乳製品も生理痛を悪化させる恐れがあります。これは身体を冷やす作用があるためです。どうしても飲みたい場合は温めて、適量を飲むようにしましょう。

骨盤を整えて生理痛対策!

生理痛がひどい原因の一つとして、骨盤の歪みが考えられます。

骨盤が歪むとその周囲の神経や筋肉にも影響を与えますので、生理痛を悪化させてしまったり、血流が悪くなり、冷えの原因となり、結果的に生理痛を重くすることにもなるのです。

では骨盤の歪みを治すにはどうすれば良いのでしょうか。

骨盤ストレッチ

簡単に出来るものに、ストレッチがあります。

家の中で簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。

①仰向けに寝転がり、膝を立てます。
②息を吸いながら腰を持ち上げます。ゆっくりと呼吸をしながら10秒ほどその姿勢をキープします。
③息を吐きながら腰を下ろします。
①仰向けに寝転がり、両手を腰の下に入れます。
②膝を曲げ、胸の方に近づけ、首も上げます。
③その状態を15秒間キープします。
①仰向けに寝ます。
②片足をまっすぐ上にあげ、ゆっくりと反対側へと倒し10秒キープします。
③元の姿勢に戻し、反対の足も同じように行います。

これらのストレッチは毎日すこしずつ、無理をしない程度に行うことが大切です。慣れてきたら1セットずつ増やしていきましょう。

日頃からの心がけ

歪んだ骨盤を元に戻すことも大切ですが、正しい位置で骨盤をキープするためには、日頃の心がけが大切になってきます。骨盤を歪ませないよう、生活習慣を見直してみましょう。

  • 椅子に座るとき、足を組んでしまう
  • パソコンを使う仕事など、長時間同じ姿勢でいることが多い
  • 猫背である
  • 片足に重心を掛けて立つ癖がある
  • ソファーで横になってテレビを見ることが多い
  • 寝具が合っていない

あなたはいくつ当てはまりましたか?

これらの生活習慣はどれも骨盤の歪みとなっているものです。一つでも当てはまったならば、すぐに見直しましょう。

マッサージで痛みを緩和する

shutterstock_150961703 - コピーいくら普段から気を付けていても体の中から改善するには時間がかかりますし、そうしている間にも一か月に一度のペースで生理はやってきます。

そこで、起こってしまったその痛みをすぐに緩和する方法をご紹介しましょう。

それはツボマッサージです。生理痛に効くとされているツボをじっくりと押しながらマッサージすることで痛みの緩和につながります。

お腹のツボ

まずはお腹に存在するツボを意識しながらマッサージをしてみましょう。

おへそから指4本分下に下がったのところに生理痛に効くツボがあります。このツボ以外にもおへその下部には生理痛に効くツボがたくさん存在しますので、蒸しタオルなどでお腹を温めながら、数本の指でゆっくりと優しく押すようにマッサージをしましょう。

生理痛だけではなく、生理不順や冷え性にも効果があります。

足のツボ

お腹と同様、足にもたくさんの生理痛に効くツボが存在しますが、その中でも良くマッサージしてもらいたいのは、膝の皿から指3本分上の内側にあるツボです。このツボには子宮内の血行を良くする効果があります。

もう一つは内くるぶしから指4本分上にあるツボです。これは冷え性や女性疾患など、女性の悩みに働きかける万能のツボです。

いずれのツボも、親指を使ってしっかりと押すようにマッサージしてください。

いかがでしたでしょうか?辛い生理中の痛みから少しでも解放されて楽しく過ごしていただけるように、日頃から心がけてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事