• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

職場の人間関係もこれで円満に!先輩に好かれる後輩になるには

Date:2015.09.17

shutterstock_307780478 - コピー

転職、退職を考える理由の第一位は、ズバリ人間関係です。仕事内容や待遇にそこそこ満足していても人間関係が悪いと職場にいることが大きなストレスになります。

職場の人間関係の悪さで悩むのは男性よりも女性に多く見られます。特に先輩の女性との関係を上手く築くかどうかが、いかに職場で楽しく過ごすことができるかという鍵を握るのです。職場の人間関係を円滑にする、先輩に好かれる後輩になれるコツを紹介します。

先輩を敬う!敬語をしっかりと使えること!

近頃は敬語をまともに使えない若者が多すぎます。先輩は自分を慕ってくる、敬ってくれる後輩に対しては優しい態度で接してくれるものです。

敬語は慣れ!今のうちに使い方をマスターする

社会人になってから敬語が使えないというのは困りもの。先輩だけでなく上司や目上の方と話をするとき、対応するときも敬語が使えないと困る場面がたくさん出てきます。

敬語の使い方に関しては新入社員研修でも多少教えてもらえますが、自分で勉強する、使うことで徐々に使い方をマスターしていけます。これをきっかけに正しい敬語の使い方を習得しましょう。

仲良くなったからといって安心しないこと!

先輩との距離が縮まってくると、お友達気分になってしまうのも注意が必要。今まで敬語で接していたのに急にため口になってしまうのです。

それを嬉しく思う先輩もいますが、いきなりなれなれしい態度で接してくることを嫌がる先輩もます。先輩の方からもうため口で話していいよと言われるまでは、基本は敬語を使い続けることが先輩に好かれるコツです。

また例えそういわれたとしても、仕事の時間は敬語が基本的にため口で話すのはプライベートの時間に限定するなどして公使ははっきりと分けるべきです。

社会人としての基本、挨拶はできて当たり前!

社会人になってから挨拶をするのは基本中の基本。挨拶がしっかりとできる先輩だけでなく、周りからも好印象を得られます。先輩が出社してきたら、先輩からではなく自ら先輩に挨拶をするくらいにしておきましょう。

大きな声で笑顔で挨拶するのが鉄則!

挨拶をするときはその表情も大切。暗い、沈んだ声で挨拶をされても、挨拶をされた相手は良い気分にはなりませんよね。

また声が小さいと何を言っているのか聞き取りにくいですし、挨拶をされていることに気が付かないこともあります。挨拶をするなら笑顔で大きな声でしましょう。

挨拶と同じく、呼ばれたら返事も忘れずに

自分の名前を呼ばれたら返事をする。小学生の時にそう教わりましたよね。ところがこれができていない社会人が意外にも多いのです。

先輩、上司、同僚、誰からでも自分の名前を呼ばれたら、大きな声で「はい」と返事ができるといいですね。

与えられた仕事はしっかりとこなすこと!

会社で先輩から仕事を任されることも出てくると思います。そんなとき仕事を任せたら嫌な顔せずに引き受けることです。中には何で私がこんなことしなくちゃいけないの?と思うような仕事も多々でてくるはずです。

それも仕事の一環です。仕事は楽しいことだけでなく、嫌なこと、地味な作業もたくさんあります。そういった人の嫌がるような作業も引き受けてくれる、そして一生懸命取り組んでくれる後輩の姿を先輩はしっかりとみています。

そのような後輩には他の仕事もどんどん任せようと思いますし、たとえ仕事でミスをしてしまった場合でもフォローしてあげようと考えるようになります。

先輩に上手に甘える、頼ることも大切!

先輩も後輩に頼られる、甘えられると悪い気分はしないものです。自分で何もかもやろうとすると壁にぶち当たります。先輩からのアドバイス、サポートがあれば乗り切ることができるかもしれませんね。

先輩も頼ってくる、甘えてくる後輩に対しては何とかしてあげたいと思うものです。何か困ったこと、悩みがあれば先輩に相談してみましょう。きっと自分のできる範囲でサポートしてくれるでしょう。

ただし注意したいのがその度合い。何でもかんでもすぐに先輩に頼る、甘えてくるようではいつまでたっても自立することができません。こんな後輩では逆に先輩から嫌われてしまいます。

先輩には気を遣う!先輩を褒めていい気分にさせる

先輩には気遣いを見せましょう。人間誰だって褒められると嫌な思いはしないものです。例えば先輩が着てくる洋服、持っている物をさりげなく褒めるのです。

特に女性は自分の持っている物やヘアスタイル、メイクの変化に気づく、褒めてもらうことをとても喜びます。先輩は褒められると嬉しくなって、それをきっかけにどんどん話がはずむようになるかもしれません。

褒めるのもやりすぎに注意です。あまり大げさに褒める、何でもかんでも褒めるのはわざとらしいです。そのような褒め方をしても素直に受け取ってもらえなくなってしまうでしょう。

失敗したときは素直に謝る、感謝の気持ちはきちんと伝える

仕事をしていると失敗することは誰にでもあることです。もしもあなたが仕事で失敗をしてしまったときは、素直にそれを先輩に謝る姿勢も大切です。すぐに言い訳する、絶対に謝らない後輩や部下には仕事を任せてもらえません。

先輩、上司に好かれて信頼感もアップ

shutterstock_141838129 - コピー職場の先輩や上司に好かれることは、職場の人間関係を円滑にしてくれるだけではありません。周りからの信頼を得ることにもつながります。周りから信頼を得ていくと、どんどん仕事も任せてもらえるようになるでしょう。

先輩に好かれるためには、基本的なことがマスターできていればOKです。これは職場以外の人間関係を良好にするのにも使えますので是非真似してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント