• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

赤ワインよりも優れている白ワインの美容効果とは

Date:2012.12.15

アンチエイジングに効果があるのは赤ワイン。というのはよく知られていることですね。赤ワインに入っているポリフェノールが肌や体の老化を遅らせてくれるのです。

でも赤ワインよりも白ワインが好きなあなた。朗報です。白ワインにも赤ワインに負けないくらい美容にいい成分が含まれているのです!もうこれで無理して赤ワインを飲まなくても大丈夫。安心して白ワインを堪能しましょう。

でも、赤ワインにしても白ワインにしても、飲み過ぎは体にも美容にもよくないので適量を守ってくださいね。では、白ワインの美容効果とはどのようなものなのでしょうか?

高い殺菌作用がある白ワイン

白ワインには殺菌作用があるそうです。サルモネラ菌や大腸菌などの菌を殺菌してくれるのです。この効果は腸内のバランスを整えてくれることにつながり、アンチエイジングになるのですね。

さらに有機酸の含有量が赤ワインよりも多く、腸内細菌のバランスを整えてくれることで、便秘や下痢にもなりにくく、美肌にもいい効果を与えてくれると言われています。

カリウムをたくさん含んでいる

カリウムの量が多い白ワインは体内の余分なナトリウムを排出してくれる働きがあります。その働きによって利尿作用が高まり、新陳代謝が活発になり、余分な水分や老廃物を排出できるのです。

代謝がよくなることでダイエットにもなるのですね。さらに余分なナトリウムを排出することで、血圧を下げる効果もあると言われています。

骨粗鬆症にもいい白ワイン

白ワインにはカルシウムとマグネシウムが同じくらい含まれているのです。このミネラルバランスの良さが骨粗鬆症予防になるのです。ミネラルが豊富に含まれている白ワインは美肌にもいいですよ。

ポリフェノールだって入っている

白ワインにもポリフェノールが含まれています。ただそれが赤ワインよりも少ないため、あまり言われることがないのですが、飲み続けることで赤ワインのポリフェノール効果に負けることはないようです。

適量を毎日飲む

白ワインの効果的な飲み方は100ml~360mlのワインを毎日飲むこと。毎日飲むことで効果が出ると言われています。また、食事と一緒に飲むことで、胃袋への吸収を半分にしてくれるので、アルコールの害が少なくてすむのです。

白ワインをおいしく飲む方法

白ワインは赤ワインのような渋みがないので、比較的飲みやすいですよね。辛口や甘口もあり、自分の好みの白ワインを見つけて飲むといいでしょう。他にも白ワインをおいしく飲める方法を紹介していきましょう。

  • 白ワインは適度に冷やして飲みましょう。冷やし過ぎは風味を損なうので注意。
  • 辛口なら10~12℃、甘口なら8~10℃くらいが適温です。

  • 白ワインとフルーツ
  • 白ワインにフルーツを入れて飲むと飲みやすく、おいしいですよ。洋ナシや桃、ぶどう、イチゴなんかも合いますね。

  • 白のスパークリングワインにオレンジジュースを入れると甘くておいしいカクテルに。ミモザというカクテルですね。

白ワインが苦手という人は…

白ワインはアルコール度数が強いのでは?と感じている人もいるのではないでしょうか?それは誤解ですよ。アルコール度数は種類によってさまざまですから、アルコール度数の低い白ワインもあります。ただ、辛口の白ワインは強く感じてしまうかもしれませんね。

それが苦手だという人は甘口を選ぶといいでしょう。スッキリ飲みたいと言う人は、スパークリングワインもおすすめですよ。白ワインを炭酸水で割ったワインスプリッツアーなどはテイストも甘口で飲みやすい白ワインです。

ただし、飲みやすいワインは量を飲んでしまうので、酔いやすいので注意しましょう。美容効果を求めるなら、適量を毎日、ですよ。

この記事をシェアする

関連記事