• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ストレス太りを解消したい!やせやすい体と脳を作るための方法

Date:2016.10.31

shutterstock_291564959仕事や家事、育児など日常生活でストレスを受けること、たくさんありますよね。その貯まったストレス、どうやって発散しているでしょうか?

ストレスを食べることで解消している方も少なくありませんよね。ストレスが原因で太ってしまう方、実はとても多いのです。生きている限りストレスを全て排除するのは無理です。

しかしこのままストレス解消法を食べることに頼っていると大変なことになってしまいます。

ストレス太りで困っている方、その解消法について紹介していきますね。

ストレス太りのメカニズムとその危険性

お腹が空いているわけでもないのに、なぜイライラすると何か食べたくなるのでしょうか。

ストレスが溜まっていると、

  • さほどお腹がすいているわけでもないのに何か無償に食べたくなってしまう
  • 甘い物をドカ食いしてしまう

などしてついつい食べ過ぎてしまうのです。

ストレス太りが起こるメカニズムとその危険性について理解しておきましょう。

ストレス太りを引き起こすホルモンの働き

ストレスを受けると脳にも影響が出てきます。ホルモンバランスが乱れて太りやすい脳が作られていきます。

脳がストレスを感じてドーパミンというホルモン分泌を活性化させてしまうのです。

このドーパミンというホルモンが満腹中枢を刺激して食欲を増大させてしまうのです。さらにはアドレナリンというホルモンが分泌されて今度はコルチゾールを分泌させるようになります。このコルチゾールの増大が内蔵に負担をかけるのです。

他にもレプチンというホルモンがあり、それが食欲をセーブするのに働いてくれるのですが、ストレスを受けると今度はレプチンの働きも鈍り余計に食欲が増大してしまうわけです。

こんなに危険!ストレス太りで起こる弊害

実はストレスが原因で太ってしまうのは男性よりも女性に多いのです。

しかも厄介なのは食欲を満たせれば何でもいいわけではなく、脂っこい物や甘い物など太りやすい物を好んで食べてしまうことです。

もちろんこんな食生活を続けていたら健康だけでなく美容にも良いことはありません。

  • 体重増加
  • 肌荒れ
  • 疲れやすい
  • 便秘
  • 髪がパサパサになる
  • 免疫力が低下する

といった美容面でも健康面でも大きなデメリットが生じてくるようになります。美容と健康のためにもストレス太りは一刻も早く解消するべきなのです!

さらに怖いのが過食症。食べることでストレスを紛らわしていると今度は太ってきた自分に自己嫌悪を示すようになります。食べたいけれど食べたら太ります。

しかし食べずにはいられないのです。

そこでたくさん食べて食べた分を吐きだしてしまおうと考えるのです。そうすれば太ることも防げます。このように食べる、吐くを繰り返して過食症という病気になっていきます。

過食症になると食べているのに体はどんどん痩せていき最悪の場合は死に至る危険性も出てきます。

たかがストレス太りと侮っていると後で大変なことになるかもしれませんよ。

経済的窮地に陥る危険性も!

過食が続くと食費も増大してきます。食べた吐くことを覚えてしまうといくら食べても太りませんので、どんどん食べる量もエスカレートしていくからです。

しかしそれでは食費が持ちません。それでも食べないとストレスを発散できないので何か買って食べようとしまうのです。

ストレスが臓器にダメージ!病気リスクを高める

ストレス太りはたまったストレスを食べて発散することで起こりますが、それ以外の理由で起こることもあります。ストレスは私たちが思っている以上に体に大きなダメージを与えます。

内臓に強いダメージが加えられてしまうと、

  • 腎臓
  • 肝臓
  • 甲状腺

などが特にその影響を強く受けてしまうようになります。

腎臓は余分な水分を体外に排せつしてくれる働きがありますが、その機能が弱ってしまうとむくみがおこりやすくなってしまいます。

肝臓の機能弱くなるとたんぱく質の分解が上手く働かなくなってしまって、水分排泄の調整がうまく機能しなくなります。つまり体全体がむくみやすくなります。

甲状腺はホルモン分泌に関連する大切な役割を果たしています。ストレスが原因でその機能が弱くなってしまうと、代謝が悪くなる、脂肪の分解がすすまなくなり太りやすくなるのです。

ストレス太り解消の鍵は幸せホルモン!セロトニンで脳のストレスを緩和する

ストレス太りは脳がストレスを受けることで特定のホルモン分泌が増えることが主な原因です。

つまり脳の働きをある程度コントロールすることができれば、ストレス太りを解消できるというわけです。

その鍵を握っているのがセロトニンと呼ばれるホルモン。。ストレスを受けてダメージを受けた脳を回復するのに働いてくれますよ。

こんなにスゴイ!セロトニンの主な働き

セロトニンがストレス解消に効果的とは言っても、具体的にどんな働きをもたらしてくれるかよくわからないですよね。

セロトニンがもたらす主な効果について紹介していきます。

衝動を抑える働き
ストレスがたまると突発的に食欲が出てきてしまって、それを自分でコントロールすること自体が難しくなります。

この欲望や衝動を抑えてくれる働きがセロトニンにあるのです。ストレスを感じてもセロトニンが突発的な食欲を抑えてくれますので、ストレス太りを防いでくれるのです。

自律神経を整える
自律神経は内臓の働きやホルモンバランスの調整など重要な働きを担っている神経になります。

朝から夕方まで脳や体が活発に働く時間帯は交感神経が優位に働いて、夜体を休める時間帯は副交感神経が優位に働くようにできているのです。

ところがストレスを受けるとこの自律神経の働きが乱れて交感神経が常に優位に働くようになるのです。

これが代謝の悪化などを招いて太りやすい体を作ります。セロトニンには乱れてしまった自律神経を整えてくれる作用もあります。

感情をコントロールする
ストレスを強く受けると感情が抑えられなくなることが出てきます。キレやすい、すぐに暴力をふるう人はセロトニンの量が不足しているのです。

感情がコントロールできないと食欲のコントロールも難しくなってしまってストレス太りにつながりやすいのです。セロトニンには心のバランスを保つ効果も期待できます。

セロトニンはストレスの解消、ストレス太りの改善にも多いに貢献してくれるホルモンなのです。

このセロトニンが不足していると太りやすい脳がいつまでも改善されずストレス太りが起こりやすくなるのです。

セロトニンを増やして痩せやすい脳を作る方法

ストレスを受けたときはセロトニンを増やすことが効果的なのですが、どうすればその量を増やすことができるのでしょうか。

適度な運動をする

ダイエットのためにもセロトニンを増やすためにも運動はとても効果的です。運動にもいろいろな種類がありますが、セロトニンを増やしてくれるのはリズミカルな動き。

  • 筋トレ
  • ウォーキング
  • エアロビ
  • ジョギング

でも何でもいいので自分が続けやすい運動を選ぶことが重要になります。運動を5分以上続けているとセロトニンが分泌されると言われています。

歌を歌ってストレスも解消!

カラオケがストレス解消法という女性も多いのではないでしょうか。大きな声を出したり、好きな歌を歌ったりすることでセロトニンが分泌されてストレスを緩和してくれます。

ストレスがたまったときは一人でカラオケ、友達同士でワイワイ楽しむのもいいですよね。

深呼吸でリラックスする

ストレスを感じると呼吸が浅くなり十分な酸素が脳に届かなくなります。ストレスがたまったときこそ意識して深呼吸をするようにしましょう。

深呼吸をすると酸素が体や脳に行きわたるようになり、ストレスで高ぶった神経を癒してくれますし、セロトニンの分泌も活性化されますよ。

思いきり泣いてストレス発散!セロトニンも分泌!

悲しいこと、嫌なことがあったとき人は号泣します。思いきり泣いた後はなぜか心も体もスッキリとした晴れ晴れし気持ちになっています。

実はこの涙を流すこともセロトニンを増やす働きがあるのだそうです。しかしセロトニンが分泌されるのは悲しくて泣いた時ではなく、感動の涙を流した時です。感動して泣ける映画や本を用意して時には思い切り泣くのもいいですね。

食事でセロトニンを増やす

特定の食べ物を食べることでセロトニンの分泌量を増やすことができますよ。セロトニンを増やしてくれる栄養素は「トリプトファン」と「ビタミンB6」です。

  • マグロやカツオなどの赤身の魚
  • 大豆製品
  • 乳製品
  • しょうが
  • にんにく
  • とうがらし

これらの食品にトリプトファンは多く含まれています。

よく寝る前にホットミルクを飲むといいと言われているのは、乳製品にセロトニンを増やす効果があるからです。

セロトニンが増えると心地よい眠りにつきやすくなります。

自分の好きなことをする

趣味等自分の好きなことに没頭しているとき時間を忘れて夢中になれます。これがセロトニンを増やす秘訣になります。自分の好きなことは人それぞれ違います。

まだ自分の好きなことや趣味が見つけられない時は、今までに自分が何をしていて楽しかった、嬉しかったのかを思い返してみることです。

もしくはさまざまなことにチャレンジすることで、自分の好きなことや楽しめることが見つかることもあります。

恋をしてもセロトニンは増える

恋をすると女性はきれいになると言われています。好きな人のために身だしなみを整えようと努力するからという理由だけでなく、ホルモンの働きも関わっています。

恋をするとβエンドルフィンと呼ばれるホルモンの分泌が活発になりますが、これにはセロトニンの分泌を促す働きもあるのです。

他にも女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量も増えます。エストロゲンは代謝を上げてくれる働きもありますので、痩せやすいからを作るのにも役立ちます。

もちろん恋をするといっても人間に恋をしなくてはいけないわけではありません。芸能人やゲームの主人公でも構いません。

誰かにときめく気持ちが芽生えることが重要なのです。

アロマテラピーを試してみる

アロマの香りはリラックス効果をもたらしてくれます。アロマの香りの中にはセロトニンの分泌を促してくれる種類があります。

  • ラベンダー
  • ベルガモット
  • クラリセージ

がそれに該当します。

またグレープフルーツの香りには食欲を抑制する働きがありますのでそれも併せて使用してみるといいですよ。

▼「セロトニンの増やし方」についてはコチラも参考にしてください!

shutterstock_215403181

ストレスに負けない!これからはストレス太りも怖くない!

ストレスで太ってしまうのは脳の働きが主な原因です。ストレスが原因で食べたくもない物をたくさん食べてしまって太る、そして心身共に壊れていくのは避けたいところですよね。

誰もがストレス太りになる危険性を持っている現代だからこそ、ストレスを上手く解消してくことが美容と健康を保つ秘訣になります。

ストレスを緩和してくれるセロトニンを増やす方法を知っていれば、多少のストレスも怖くありませんね。

この記事をシェアする

関連記事