• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

翌朝の化粧ノリが違う!睡眠前にリラックスして美肌を作る方法

Date:2015.03.30

shutterstock_130886924 - コピー

睡眠はただとれば良いというものではなく、質が良く心地良い眠りであることが大切です。そのためには、おやすみ前に十分にリラックスする必要があります。

いかにリラックスして眠りに就くかで、翌朝の肌の調子も変わり、化粧ノリも違ってきます。

ここでは、日常的に睡眠前に出来る、リラックスするための方法を紹介しますので、美容のためにもぜひ試してみてくださいね。

リラックスして眠ると美肌が出来るワケ

まず、リラックスして眠ることでなぜ美肌が作られるのかを簡単に説明します。

お肌にくすみやクマなどを発生させないためには、きちんと老廃物が排出されることが大切です。そのためには、新陳代謝が良い状態であることが必要なのです。

もし、リラックスしていない状態で眠りに就いても、眠りは浅くなり、熟睡出来ていないでしょう。

このように、睡眠の質が低下すると、睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンがしっかり分泌されなくなってしまいます。

睡眠の質が低下し、代謝が悪くなるときちんと老廃物が処理出来なくなり下記のようなトラブルが発生します。

  • くすみ
  • クマ
  • 肌荒れ

逆にリラックスして脳も身体もしっかり眠ることで、そういった肌トラブルが解消されます。

リラックスするには副交感神経優位にする

リラックスするためには、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に切り替わっていることが大切です。

そのため、おやすみ前には、交感神経が優位になるような行動は慎み、副交感神経が優位になるようなことをするようにします。

具体的にどのようにすればリラックスできるのかご紹介します。

ぬるめのお湯でゆっくりと半身浴がおすすめ

おやすみ前の入浴は、熱めのお湯だと交感神経が刺激されて寝付きが悪くなってしまいます。

ゆったりとした気持ちで、40度前後のゆるめの温度での半身浴がおすすめです。時間に余裕があれば、洗ったりする時間を除いて、20分ほどはお湯に浸かるとGOODです。

読書やマッサージをする

半身浴のあいだじっとしているのが退屈だな、という人はお風呂の中で本を読んだりする人もいます。ボディーマッサージをお湯の中で、身体の気になる部分を中心に行なうのもおすすめです。

バスソルトやアロマを活用

お気に入りのバスソルトや、リラックス効果の高いラベンダーなどのアロマを使うと、よりリラックス出来るバスタイムとなります。アロマオイルは、あまり安価なものですと、不純物が含まれていることがあり、アロマバスには適しません。

「エッセンシャルオイル」と記載があるものは、精油100%です。ただ、柑橘系のものですと、人によって、含まれているリモネンという成分が、お肌にピリピリとした刺激を与える場合がありますので注意が必要です。

また、香りによっては、かえって神経が刺激されたり、あまり好きな香りでなかった場合、気になってリラックス効果はなくなってしまいますので、店頭で実際に香りのサンプルで確認してから選ぶのが良いでしょう。

自宅で出来るヘッドスパなど

最近は、自宅でも髪や頭皮のスペシャルケアが出来る商品が売られています。そういったアイテムを有効に活用して、髪につけた後の待ち時間に半身浴を楽しむようにするのも、髪もきれいになり一石二鳥です。

お風呂あがりのボディーケア

お風呂をあがった後、化粧水や美容液など、フェイスケアをするのはもちろんのこと、自分の身体をゆっくりとケアする時間をとるのもおすすめです。その際は、好きな香りのボディークリームなどを使うことで、アロマ効果も期待出来ます。

忙しい日々の中でも、こうしたセルフケアの時間を作ることは、自分が頑張って生きていることを実感する瞬間でもあり、そんな自分を労ってあげられるひとときでもあります。

ネットやテレビ、ゲームを控え音楽を

shutterstock_140063593 - コピー
眠る前は、インターネットやテレビ、ゲームをするのはあまりおすすめできません。これらはベッドに入る1時間以上前には終わらせた方が良いでしょう。パソコンやスマートフォン、携帯の画面、テレビやゲームの画面もまぶしすぎて刺激が強いのです。

こういったメディアに触れることで、知らないうちに神経が興奮状態になってしまいます。そのことが、寝付きを悪くしたり、質の良い睡眠を妨げてしまうのです。これらのことが習慣になっていた方は、控えてみると熟睡出来るようになる可能性が高いです。

メディアの内容も重要

また、たとえ1時間以上前に終わらせるにしても、眠る前のひとときにはその内容も大切になってきます。

悪いニュースや刺激の強い内容のものに触れていると、やはり知らず知らずのうちに寝付きが悪くなったり眠りが浅くなったりと影響が出てきます。

優しい音楽に触れる

ゆったりと気分をリラックスさせ心地良い眠りに導くためには、画面を通したメディアに触れるよりも優しい音楽をボリュームは控え目で流すようにしてみてはいかがでしょうか。その日のストレスを解消し、癒やし効果が得られます。

ヒーリングミュージックはもちろんのこと、クラシックもおすすめです。また、J-POPなどでも、オルゴールサウンドとしてオムニバスCDになっているものがあります。お気に入りの曲がオルゴールになっているなら、それを聴くのも効果的です。

もし、音楽を流したまま眠りたい場合は、歌詞がある音楽はつい言葉を聴いてしまったりしてなかなか寝付けないことがあるのに対し、歌詞を入れていない音楽だといつの間にか入眠していることが多いはずです。

光の強い照明をやめる

蛍光灯の白っぽい光は、やはり視神経から入る刺激が強すぎて寝付きが悪くなってしまいます。

寝室の照明は、光が優しいものにすると良いでしょう。LED電球でも白熱灯風のものがあり優しい色合いになっています。寝る直前のひとときは、ダウンライトだけにして過ごすというのも良いでしょう。

蛍光灯をやめるだけで、寝室の雰囲気もアップしますし、グっとリラックスしやすくなるはずです。

お香やキャンドルはマイルドな香りを

shutterstock_147800294 - コピー
眠る前、お香をくゆらせてその煙を眺めたり、アロマキャンドルの優しい光をボーっと見つめるというのも無心になれてリラックス効果を高めてくれます。

この時、アロマバスと同様、自分の好きな香りをチョイスすることはもちろんですが、やはりきつめの香りはかえって神経を刺激してしまいます。マイルドな香りを選ぶようにしましょう。

写真集や思い出のアルバムを見る

風景やインテリア、犬や猫などの、自分が見ていて心地良いと感じる写真集、また、素敵な思い出が詰まったアルバムなどを眺めることも、気持ちをとてもリラックスさせてくれます。お気に入りの写真集を見つけておくと良いですね。

視覚が優しく美しいもので刺激されると次のような効果が得られます。

  • 気分が落ち着く
  • 緊張がほぐれる

過去の楽しかった思い出の詰まったアルバムも、明日からまたがんばろう!と活力を与えてくれるでしょう。

女性の気持ちに寄り添う書籍

活字を読むのが好きな方やロマンティストな方なら、詩集やエッセイなどもおすすめです。

内容は、女性の気持ちに寄り添ってくれるような、優しく、そして前向きなものが良いでしょう。

おやすみ前のひとときとしては、前向きと言っても、あまりにもポジティブ志向が強くガツガツ頑張っていこう!というような自己啓発本は、ちょっと疲れてしまうかもしれません。

軽いヨガやストレッチ

眠る前、デスクワークの方など、普段運動不足気味の場合は、軽くヨガやストレッチを行なうと、よく眠れるようになるかもしれません。時間も短めで、20分程度軽く行なうのが良いでしょう。

ヨガやストレッチは、身体を伸ばして、凝り固まった筋肉をほぐしてくれる効果があります。それにより、身体もリラックスして安眠効果が期待出来ます。

安眠効果のあるホットミルクやハーブティー

shutterstock_218826061 - コピー
安眠効果があるとされる定番の飲み物は、おやすみ前のホットミルクです。他に、ハーブティーであるカモミールティーもおすすめです。いただく時は、ゆったりとした気持ちでいただきましょう。

もちろん、寝る前のカフェイン摂取は控えた方が無難です。

嫌なことがあった日は

嫌なことや悲しいことがあった日は、やはり頭の中でそのことがグルグルと駆け巡り、なかなか寝付けなくなってしまうでしょう。

そんな時は紙とペンを用意してください。そして、今の生活の中で、感謝できることや、良かったなと思うことを書き出していきます。あまり考えこまず、どんな小さなことでも良いのでピックアップしてみましょう。

このような作業をしているうちに、悪いことばかりじゃない、少しでも良かったと思えることがある、と気付き気持ちが少し落ち着いて来ます。そしてそのまま、出来るだけ良いイメージを保った状態で目を閉じましょう。

出来そうなことを組み合わせてみて

shutterstock_194710538 - コピーここで取り上げたことは、いつでも簡単に出来るようなことばかりです。アロマも、お気に入りのエッセンシャルオイルを1つでも用意しておけば、その後しばらくは楽しむことが出来ます。

この中から、その時に出来そうなことをいくつか組み合わせて行なうのが良いと思います。たとえば、好きな香りを楽しむのは、音楽を聴きながら、読書をしながら、ヨガをしながらなど、他のことと組み合わせやすいですね。

こうしたリラックスのためのちょっとした習慣は、するかしないかでは本当に睡眠の質が変わってくるから不思議です。そしてよく眠れた翌日の朝は、お肌のハリやツヤが違いますので嬉しくなってしまいますよ。

この記事をシェアする

関連記事