• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の睡眠不足は肌荒れより怖~い体への悪い影響がいっぱい!

Date:2014.10.15

睡眠不足が女性のお肌や健康に悪い事はもう皆さんもご存知ですよね?

翌朝の腫れぼったいまぶたや目の下のクマにニキビなどの肌荒れ…とリストを挙げたら切が有りません。

でも、睡眠不足がもっと恐ろしい事を私達の体の中で引き起こしていたとしたら貴女はどうしますか?

エイジングの加速

寝不足による肌荒れと上に書きましたが、そんな表面上に見えるダメージだけが寝不足によって起こされる訳では無く、その皮ふの下ではもっと恐ろしい事が起こっているのです。

昨年、アメリカの医大が発表した30、40代の女性を対象に行った睡眠とエイジングの調査結果によると、寝不足が女性にとって恐ろしいのは表面に見える肌荒れでは無く、寝不足による肌の回復力の衰えなのです。

特に、強い紫外線を夏の間浴び続けた肌は通常、睡眠中に回復する能力が備わっているはずなのです。

でも、日頃から寝不足が続いている女性の肌はそうでない女性より著しくハリ、弾力性が損なわれている事が明らかになったのです。

その結果、深いシワや肌の黒ずみなどがその女性達には目立つようになってしまうというのです。

早い女性で1週間、寝不足が続くと肌の衰えがみられる人もいるそうなので、正に睡眠不足は皮ふの下からエイジングを早めてしまう恐ろしい習慣という事になります。

過食・体重増加へまっしぐら

“グレリン”と“レプチン”って聞いた事がありますか?実は、この2つのホルモンは私達の食欲・代謝と深~い関わりがあるのです。

グレリンは「お腹が空いたから食べて!」と命令を出す食欲促進ホルモンで、レプチンは別名“脂肪制御ホルモン”とも呼ばれる食欲をも抑える役割を担っているのです。

そして、この2つのホルモンは睡眠に大きく左右され、1日6時間未満という睡眠不足の女性にはグレリンが多く発見され、レプチンのレベルも低いのだそうです。

という事は要するに、寝不足が続いていると食欲が増すばかりで、しかも代謝レベルは下がりっぱなしと、肥満への道へまっしぐらという事になります。

頭も骨も老朽化

肌の衰えは1週間の寝不足から始まりますが、もっと怖いのは脳への影響。

たった1日の睡眠不足で脳細胞の一部が失われたという信じられない事実も、とある医学実験で判明したそうで、これは「チョッと寝不足で…」なんて笑っている場合ではなさそうです。

実際、睡眠不足は集中力、認識力、問題解決能力を全て低下させると共に、ご存じの通り睡眠中に私達の脳は日中に得た情報を記録したり、削除する作業をしているので、それさえもままならなくなり、必然的に記憶力もグーンと下がる事になります。

なにより、これらの脳へのダメージは女性の自尊心や自信にも大きく影響を与え、気分の落ち込みやストレスを受けやすい状態になってしまうのです。

また、寝不足で回復力の衰えが出るのはなにも肌だけでは無く、骨にもその傾向が見られ、一定年齢を過ぎた女性の骨粗しょう症のリスクも、慢性的に睡眠が足りていないと、その年齢を迎える前に初期症状が現れる事も十分に考えられるのです。

病気や事故に遭いやすい生活

たった1週間の寝不足でお肌の細胞の回復力が衰える最大の理由は、その1週間で700以上もの遺伝子に変化が起こる為だとも言われているのです。

そして、その遺伝子の中には外からのストレスに対する防御や、免疫力を司る組織なども含まれていて、ガンや心臓病のような疾患から精神病に至るまで全ての病気にかかり易くなってしまうのです。

それに、先ほど脳にも悪い影響が起こると書いた通り、瞬時の判断力や決断力を失う事で交通事故や思わぬ災難にも見舞われやすくなり、そんなことからもウツやパニック障害などを起こしやすい日常へと変化してしまうかもしれません。

「1、2晩くらいの寝不足なんて…」と今までは軽く思っていたかもしれませんが、1日でさえ睡眠不足は私達の体に悪い影響を与えてしまうのです。

「昨晩は遅かったから、今夜9時間寝れば…」なんて“寝溜め”は効果がまったく有りませんので、毎晩きちんと美容と健康の為に7~8時間は睡眠時間を確保しましょう。

この記事をシェアする

関連記事