• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌や髪を美しく保ちたいなら毎日の食べ物から見直してみよう

Date:2014.07.14

髪の毛にツヤがなくなり何だか元気がないという時、どういうケアをしていますか。多くの人はトリートメントやシャンプーを替えたりと外側からのケアをしていると思います。

外側からのケアももちろん大切なのですが、髪の毛は内側からのケアをしているかしていないかで全く違うそうです。

肌も同じで外側からのケアと一緒に内側からのケアをするだけで肌のツヤやハリが全く違うものになるそうです。内側からのケアをしたい場合は食生活に気を付ける必要があります。肌や髪に必要な栄養素というのはどういうものがあるのでしょうか。

肌・髪のためには質の良いたんぱく質は必須!

たんぱく質と言うと筋肉を作る為に必要と思ってしまいますが、たんぱく質は髪の毛や肌にももちろん大切な栄養素です。

肌に必要不可欠なコラーゲン、髪の毛のツヤに必要なケラチンはたんぱく質がないと生成されません。よく食事制限などでお肉を抜いたりすると肌が急にカサカサしてきたというのはたんぱく質不足でコラーゲンが減少しているからとも言われています。

カロリーが気になるのでお肉は避けたいという人はこのたんぱく質を豆類や魚介類から摂るとカロリーも抑えることができます。なので毎食1つはたんぱく質を豊富に含んだものを摂るようにしましょう。

亜鉛・鉄分は髪の毛に必要な栄養素をたっぷりと含んでいる

髪の毛にいい食品というと海藻類が思い浮かびます。これは確かなデータで海藻類にはミネラル成分が多く、特に亜鉛・鉄分を多く含む食品は髪の毛や爪を健康に保つ効果があります。

よく抜け毛などに悩んでいる人に亜鉛のサプリメントを勧めるのも、亜鉛を摂ることで次に生えてくる髪の毛の状態を良くするという効果があるからだそうです。

食品の場合、海藻類だとどうしても多くの量を食べることができませんし、調理方法が偏ってしまいます。そういう時は乾燥ひじきや貝類を食べると亜鉛・鉄分をしっかりと摂ることができます。

貝類の他には牛肉(赤身)は亜鉛や鉄分を含んでいるので、肉を食べる時は赤身の牛肉にするととても簡単にミネラルが摂れるようになります。

ビタミン類は肌には欠かせない栄養素、毎日しっかりと補給

肌に良いビタミンというとビタミンCが浮かびます。日焼けをした後などにビタミンCを摂るといいとも言われています。ビタミン類はCに限らず他のものもとても肌には大切です。

ビタミンCはレモンなどの柑橘類以外にも多く含まれているものがあります。料理で使いやすいものとしてはジャガイモやブロッコリーなどが挙げられます。

肌のシワを予防したい時にはビタミンAがおススメです。これはほうれん草やかぼちゃ、人参などに多く含まれています。煮物などをすれば一回で多くのビタミンAが摂取できます。

栄養素は単独だけでは効果を発揮しない

肌にいいからビタミン類ばかり、コラーゲン生成を促したいからたんぱく質ばかりを摂っても効果はでません。特に髪や肌の場合、たんぱく質をを基準に他の栄養素を摂らないとまったくといっていいほど効果がないとも言われています。

「肌にいいからこれを食べる」「髪にいいからこれだけを食べる」というのではなく、しっかりとバランスよく栄養素を摂ることが美肌・美髪に繋がります。

髪や肌に限らずバランスよく食事を摂ることが1番大切です。偏った食事をするのではなく、バランスを考えてその中で「ビタミンが多い方がいいのかな?」と調整をしていくようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事