• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

炭水化物が大好物の女子も安心!炭水化物を冷やすダイエット法

Date:2015.10.03

shutterstock_139442096 - コピー

ダイエットと聞くと、まず炭水化物を極端に減らしたり、抜いたりしなければいけないと思いますよね!でも、炭水化物が大好物の女性にしてみればそれは過酷なこと。

無理に炭水化物を抜いて、ストレスが溜まったり糖質不足で体調を崩してしまったり…そんな経験をした女性も多いのではないでしょうか。

でも、炭水化物が大好物の女性でも炭水化物を抜かず、無理のないダイエットができる方法があります!そのダイエット方法をご紹介します。

もう炭水化物は抜かない!これからは冷やして食べる!

ダイエットで炭水化物はよくないと言われていますが、実はそうでもないということが明らかになってきました。

炭水化物の食べ方をちょっとだけ変えると、炭水化物を食べてもダイエットができる!という炭水化物が大好物の女性には、とっても嬉しい方法です。

その方法は、炭水化物を冷蔵庫に入れて「炭水化物を冷やして食べる」というダイエット方法です。

どうして炭水化物を冷やすといいの?

温かい炭水化物は、胃から小腸で消化・吸収されてエネルギーとなっていきます。

冷えた炭水化物も同じように胃から小腸にいきますが、1度炭水化物を冷やしたことによってデンプンの一部が消化・吸収されにくくなって、便として排出されるのでカロリーをカットできます。

このデンプンを「レジスタントサーチ」と言います。

レジスタントサーチとは?
レジスタントサーチ(レジスタントー=消化されない、サーチ=デンプン)とは、別名難消化性でん粉といいます。これは不溶性食物繊維と同じ働きをするデンプンです。

小腸では消化されず、大腸で腸内細菌に分泌されます。炭水化物を加熱したあとに1度冷蔵庫で冷やすと、レジスタントサーチが増加されます。

レジスタントサーチが増加する適温は、冷蔵庫とほぼ同じ4度から5度となっています。

レジスタントサーチは食物繊維と同じ働きをしてくれることが、わかりましたよね!

炭水化物を冷やしてレジスタントサーチが増えることで、

  • 腸内環境の改善になる
  • ダイエット中になりがちな便秘の解消
  • 代謝が上がって太りにく体質になる

などの効果を発揮してくれます。

米やラーメン、パスタなどといった炭水化物全般、冷やすとレジスタントサーチが増えますが、その炭水化物の中でも

  • じゃがいも
  • 小豆
  • 玄米
  • 粘り気の弱い白米
  • 大麦

などの食材が特にレジスタントサーチが多いです。

そして炭水化物を冷やすことで、デンプンの糖質が脂肪へと蓄積されるのを抑えてくれるので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるだけではなく、血中コレステロール値も下げてくれる効果があります。

さらに冷やした炭水化物は、消化に時間が掛かるのでお腹のもちがよくなり、間食を抑えられることができます。

炭水化物抜きダイエット、実は危険だった?!

炭水化物抜きダイエットは、極端に糖質を無くしたり減らしたりと制限をしてしまうので、筋肉が減って体温が下がり、免疫力が弱くなることで、

  • 低体温になる
  • 冷え性
  • むくみ
  • 便秘
  • 生理不順
  • 自律神経失調症
  • 女性ホルモンのバランスが崩れる
  • 肌荒れ
  • 髪の毛にハリ・コシがなくなる

これだけではなく、風邪や病気の原因になることもあります。

そして栄養が吸収されにくい体質になることで、代謝の悪い体質にもなります。痩せたというよりも、やつれて細くなった見た目になり、引き締まった体型にはなりません。

トマトジュースで簡単!冷やす炭水化物レシピ

「炭水化物を我慢しなくていいなら、さっそく試したい!」と思った女性に、今回はトマトジュースを使って、簡単に冷やして食べる炭水化物のレシピ2品を紹介します。

冷静トマトリゾット

用意する材料(1人分)

  • 冷ご飯を茶碗1杯分
  • 冷蔵庫に余っている野菜
  • 無塩トマトジュース(200CC)
  • コンソメ(顆状小さじ2)
  • 砂糖(ひとつまみ)
  • こしょう(少々)
  • オリーブオイル(大さじ1)
作り方

  1. 無塩トマトジュースにコンソメを入れて、塩と砂糖を加える
  2. コンソメ、塩、砂糖が溶けるまでしっかりと混ぜる
  3. 冷えたご飯にかき混ぜたトマトジュースを入れる
  4. 野菜を細かく切って、ご飯にのせる
  5. 最後にこしょうとオリーブオイルをかけて完成!

冷静トマトパスタ

用意する材料(1人分)

  • 細めのパスタ(80g)
  • 無塩トマトジュース(100CC)
  • トマト(1個)
  • ニンニク(1片の半分)
  • 唐辛子(1本)
  • オリーブオイル(大さじ1)
  • 塩(少々)
  • 黒コショウ(少々)
  • シソの葉(お好みで)
作り方

  1. トマトの皮をむいてから角切りにして、塩を少々振ってざるに入れておく
  2. にんんくはみじん切り、唐辛子は半分に切って中の種を取る
  3. 弱火でオリーブオイルを熱し、にんにくと唐辛子をきつね色になるまで炒める
  4. トマトジュースに炒めたにんにく等を入れて、塩と黒コショウを少々入れる
  5. トマトジュースを混ぜて、冷蔵庫で冷やす
  6. たっぷりのお湯を沸騰させたら塩を一つまみ(分量外)入れてパスタを茹でる
  7. パスタに火が通ったらざるに移して、水でパスタを冷やして水をきります
  8. 冷蔵庫で冷やしたトマトジュースにパスタを加えて混ぜてお皿に盛りつける
  9. 切ったトマトをあえて、お好みで切ったシソの葉を振って完成

自分で調理する際に気をつけること

1度冷やしたからといって、電子レンジなどで炭水化物を温めてしまうと、デンプンの性質が冷やす前の状態に戻ってしまいます。

炭水化物を常温ぐらいの温度に戻すぐらいまでは大丈夫ですが、温めることは止めましょう。

炭水化物を冷やすと良いと言っても、食べすぎはNG!

炭水化物を冷やして食べることで、カロリーが半分ぐらいに減るだけではなく、健康面でも安心できるダイエット方法です。

しかし、食べ過ぎてはいけません。

いくら炭水化物を冷やしても糖質には変わりませんので、食べ過ぎてしまうともちろん太ってしまいます。

食べる量には注意しながらも、炭水化物を冷やして食べるダイエット方法を楽しみながら行ってくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント