• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

こびりついた茶渋の取り方。みかんの皮と塩が大活躍!

Date:2016.04.07

11画像1

湯呑や急須などに付着した茶渋は、スポンジでゴシゴシこすって洗っても簡単にはとれません。

今流行りの重曹を使えば、落ちるかもしれませんが、わざわざ買いに行くのも面倒ですよね。もっと身近な、ちょっとしたものを使って、茶渋を落とす方法があるんです。

それは、みかんの皮と塩です!

みかんの皮をつぶすと、ぴゅっと汁が出てきます。その汁の中には、「リモネン」という消臭効果と汚れを落す効果がある成分が入っていて、この「リモネン」が汚れをを落としてくれるのです。

また塩は、粒子が粗いので、クレンザーとして使うことができます。

この二つを使って茶渋を落とす方法をご紹介しましょう。

用意するもの

  • 茶渋の付いた器
  • みかんの皮
  • 塩(粗塩がいいと思います)

手順の説明

W500Q75_11画像2

みかんの皮の白い部分に塩をつけます。

W500Q75_11画像3

よく付くように、ギュッギュッと押し付けてください。このぐらい塩をつけてくださいね。

W500Q75_11画像4

茶渋がついた部分をみかんの皮でこすってください。みかんの皮を強く押すと汁が出ますので、その汁を使ってこすります。

W500Q75_11画像5

ポットや急須の先は、みかんの皮を小さく切り、割りばしやマドラーなど、細いものを使ってこすります。

みかんの皮は柔らかいので、傷も付かず、複雑な形の部分の汚れも綺麗にできます。

W500Q75_11画像6

水洗いをして、塩やみかんの皮の汁を落とします。このように茶渋汚れが付いて、くすんでいたティーポットが・・・

W500Q75_11画像7

こんなにきれいになりました!

W500Q75_11画像8

ティーポットの先の落としにくい茶渋も・・・

W500Q75_11画像9

ちゃんととれていますね!

環境にやさしく、手荒れの心配もありません

W500Q75_11画像10

みかんの皮だけではなく、

  • オレンジ
  • レモン

ゆず

などの柑橘類の皮ならなんでも利用できます。

みかんの皮も塩も食品なので、湯呑みや急須など直接口に触れるものを洗うのにピッタリですね。

手荒れの心配もなく、環境にやさしいエコな方法なので、ぜひお試しください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント