• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

チークしても顔色がどんより・・・それは“冷えぐすみ”が原因かも?

Date:2013.02.17

shutterstock_392698003

春より夏より紫外線量が少なくなる、冬。やけた肌が白くなって、美白肌になるはずなーのーにー、何故かどんよりとくすんでることはありませんか?そのくすみ、“冷えぐすみ”かもしれません。

この記事では、冷えぐすみの原因と対策を紹介します。冷えぐすみを解消して、目指せ!色白美人肌!!

あなたは大丈夫?冷えぐすみチェック

  • 貧血気味
  • 日によって、くすみの度合いが違う
  • ファンデやチークを塗っても、顔色が暗い
  • 頬を手で触った時、手より頬の方が冷えている
  • 夏はそれほどくすまないのに、冬になるとくすむ
  • 「怒ってる?」とか「疲れてる?」と聞かれることが多くて、老けた印象を持たれがち

YESが多いほど、重度の冷えぐすみさんです。今すぐ対策を!

冷えぐすみの原因

冷えぐすみの原因は、冷えによる血行不良。

顔色に影響を与えているのは、動脈血(赤色)と静脈血(青色)です。ぽかぽかと温まって血行が良い状態だと、全身に酸素が充分に行きわたって動脈血の色が優勢になり、肌色が良い状態になります。お風呂上がりのお肌が、この状態ですね。

逆に冷えて血行が悪い状態の時は、毛細血管に動脈血が行き渡らず、静脈血が優勢の状態になってしまいます。そしてお肌は静脈血の影響を受けて、青黒くくすんでしまう、というわけです。

さらに、冷えて身体の血流が悪くなると、老廃物の排出がスムーズに行えなくなります。老廃物の代謝が滞ると、お肌にとって必要な栄養素が届かなくなります。栄養が届かなくなったお肌はしぼみ、その結果として顔色がくすんでしまうということもあります。

内から外から、冷えぐすみ対策

大事なのは、血行。血行をよくして血流を促進し、くすみを解消しましょう。血流をよくするマッサージは、以下の通り。

  1. お肌のすべりをよくするために、美容液またはクリームを顔全体にのばします。何もつけずにマッサージすると肌のダメージになるので要注意!
  2. リンパの流れをよくするために、まずは首~鎖骨のマッサージを。両耳の下から鎖骨にかけて、撫でおろすようにマッサージ。3回ほど繰り返したら、鎖骨のくぼんだ部分に指を置いて内→外へと指をすべらせます。
  3. 両手の指を口角に置いて、指を口角→頬→目尻と持ち上げるように滑らせます。
  4. 頬上部、鼻のサイド→こめかみに指を動かして、耳に当たったらそのままフェイスラインに沿って撫でおろします。
  5. 次はおでこのマッサージ。眉間から生え際へと指を移動させたら、左右の生え際にそって撫でおろして行き、その後は4と同様にフェイスラインに沿って撫でおろします。
  6. 両目の目頭に指を置き、ぐるりと目の周りをたどるようにしてマッサージ。
  7. 最後にもう一度1と同様に首~鎖骨のマッサージをしてリンパを流したら、終了です。

注意点は、優しくなでさするように行うこと。こするようにマッサージすると、シミシワの原因になってしまいますからね。

血行を促進するために、身体を温めることを心がけましょう。冷え対策とストレス解消のために、お風呂ではなるべくゆっくりお湯につかること。ストレッチなど軽い運動をするの血行促進に効果がありますよ。

食事では、なるべくビタミンや鉄分の補給を心がけて。貧血が改善されると、顔色もよくなります。飲み物は、アイスよりホットを。水は常温のものを飲みましょう。

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は身体を冷やしてしまうので、おススメできません。代わりに、しょうがドリンクなど身体を温める飲み物を選びましょう。

身体が温まり、血行が促進されれば冷えぐすみも解消されます。ぽかぽかボディで、お肌美人になりましょうね。

この記事をシェアする

関連記事