• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

なんとなくナナメな生理痛…女性のその不調を5分で解決するツボマッサージ

Date:2012.05.17

女性特有、生理中のなんとなく不調を解決

生理は重くないのにだるい…。生理週間は誰でも気分も体もややナナメになります。生理にともなった腰痛や腹痛、イライラ、ストレス…この女性特有の不調を短時間で解決する「ツボマッサージ」をご紹介します。

マッサージの前に

ツボマッサージは、空腹時や逆に満腹時、食事の前後1時間、飲食後は避けましょう。また、マッサージの後に急に活発に体を動かさないように、リラックスして行ってください。

マッサージで使う手や指は合わせてもんだり、さすったりして温めておきましょう。温水で5分ほど手浴をしてからマッサージを行うのも効果的です。

また、ツボを押す位置は人の体によって多少のずれがあります。ツボを正確に探すために、ツボ反応を知っておきましょう。例えば、ツボを押すと痛い、しこりがある、くぼむような感じがする、というのが代表的なツボ反応です。

ツボマッサージ

生理前、生理中に起こる不調、症状ごとのツボマッサージです。

腹痛のツボ

おへそから左右に指3本分ほどはなれた位置です。息を吐くのと同時に強めの力で押します。10回ほど。お腹が痛いときに押してください。その後お腹を温めると効果的です。消化器系の働きを整えます。

めまいのツボ

足の小指の先。左足なら左手、右足なら右手で押してください。人差し指でリズミカルにたたくように押します。血圧を下げる効果があります。

イライラ

足の甲の親指と人差し指の骨の交差部分。押すとやや痛みを感じる位置。親指で5秒ほど強く押してもみます。10回ずつ朝晩繰り返してください。自律神経の流れをスムーズにします。

むくみ

「足三里」のツボです。足のひざ下やや外側のくぼみから指4本ほど下の位置です。親指でやや強めに5秒ほど押します。生理時の腹痛も和らげます。

腰痛

膝の裏側ほぼ中央です。親指で前に向かって圧をかけます。5秒ほど押してください。座ったままできるので、オフィスでも可能です。

だるい

手のひらの中心。手を結んだ時に薬指があたるあたり。息を吐きながら反対の親指で10秒ほど強く押します。このツボは特に上半身の血行をよくします。

頭痛

足の小指と薬指の骨が交差するあたり。やや高くなっている位置です。親指で体全体を乗せる感じで圧をかけます。5秒ずつ繰り返してください。血流がよくなることで、頭痛が解消します。

不眠

足裏のかかとの中央です。両手の親指を重ねて強く押します。1回20秒ほど時間をかけてくり返しおすといいでしょう。もむのも効果的です。就寝前に。このツボは神経を落ち着かせてくれます。

つかれ

両耳の後ろ、骨の指一本分下の位置です。親指をあてて、押しもみます。就寝前が効果的です。心身をリラックスさせます。

生理を快適に過ごす工夫

生理前からホルモンのバランスの乱れによって、イライラしたり、疲労感があったり…という場合、ツボマッサージ同様に効果的なのが、ともかく体を温めることです。温めることで血行がよくなり心身もリラックスできます。

靴下をはく、腰にカイロを貼る、温かい飲み物を飲む、という簡単なことで快適に過ごせます。またストレスも大いに影響するので、仕事を入れ過ぎない、早めに就寝するというだけでも、生理痛は軽減します。

また、私が個人的におすすめなのが、「気に入った服を着る」ことです。それだけでも、気分が上向きになり、ストレスも減りますから、お試しください。

この記事をシェアする

関連記事