• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無添加でサラ艶ヘアーに!目的別オーガニックシャンプーの選び方

Date:2014.01.28

唐突ですが、以下のような髪のお悩みはありませんか?

1.加齢とともに髪に艶がなくなってきた

2.敏感肌・乾燥肌の私にぴったりのシャンプーはないか?

3.髪に若い頃のようなハリ・コシを取り戻したい

4.使用しているシャンプーの成分が不安

5.シャンプーで頭皮ケアまでできたらいいのに

私も以前は、髪のダメージに悩んでいた女性の1人、生まれつきくせ毛なのを気にして、カラーや縮毛矯正を繰り返した結果、ぱさぱさで枝毛が目立つ状態になってしまいました。

「このままではいけない」という思いのもと、目をつけたのが「オーガニックシャンプー」、普通のシャンプーと比較して、お値段は少々お高めだったのですが、わらにもすがる気持ちで挑戦しました。

ところが結果は、「思った程、髪がさらさらになるわけではないんだ」というレベル。せっかく奮発して購入したのに、大変がっかりしたのを覚えています。

オススメのオーガニックシャンプーでも自分に合うわけではない!

そんな時に、通っている美容師さんに聞いたのが、「オーガニックシャンプーは目的にあわせて選ぶことが非常に大事。また、人によって合う合わないがあるから、雑誌やサイトでオススメのシャンプーを選べばいいというものではない」ということ。

どうやら、私が試したシャンプーは、「髪のダメージを修復したい」「さらさらの手触りを目指したい」という意図の商品ではなく、「刺激をできるだけ少なくして、お肌が弱い方でも安心して利用できるように」という目的で発売されていた商品だったようです。

それから、目的に特化して、いろいろな商品を試した結果、なんとなく「こんな目的ならこのオーガニックシャンプー」というのが分かってきた気がします。

それでは、髪のお悩みを持つ皆様のために、実体験から学んだ、目的別オーガニックシャンプーの選び方とオススメ商品、包み隠さず紹介していきたいと思います。

ぱさつく髪に!オイル配合のオーガニックシャンプーがおすすめ

オーガニックシャンプーというと、通常のシャンプーと比較して、髪がきしむ、ぱさつく、というイメージがあるかと思います。

多くの市販のシャンプーのように、使い心地、髪の手触りを良くするための、”シリコン”が入っていないのが原因です。

「だったら、オーガニックじゃなくて普通のシャンプーがいいか」と考える方もいるかもしれませんが、シリコンはあくまでキューティクルをコーティングして、表面上、艶がでたように見えているだけ。

ぱさつきの根本的な解決にはいたりません。代わりに、手触りを重視するなら、アボガドオイルやアーモンドオイルなど、天然由来のオイルを配合したシャンプーを選ぶのがおすすめ。

一押しは、「ジュドプランツ」の「オーガニックアボカドオイルシャンプー」。アボガドとブロッコリーのオイルが配合されていて、ボディソープとしても利用できる石けんタイプのシャンプーです。

良質な油分で、髪に栄養を与えてあげることにより、ダメージの修復、ぱさつき防止に効果絶大!長期的に続けることで、まとまりやすく、扱いやすい髪質への変化が期待できます。

ダメージヘアなら!ダメージを最小限におさえるアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーのこと。

髪や皮膚と同じ弱酸性でできていて、低刺激、頭皮や髪の表面の潤いを逃さないので、ダメージヘアの方にはもってこいだと思います。ヘアカラーや縮毛矯正をしている方だと、ヘアスタイルの持続性を高める効果も期待できます。

注意が必要なのは、人工の洗浄成分を使っていないために、泡立ちが物足りなく感じること、最初にアミノ酸シャンプーを使用したときは、「コレ、本当にシャンプーかな」という印象を持ちました。

また、アミノ酸シャンプーと一口に言っても、アミノ酸の含有量はシャンプーごとに異なるので、必要な成分がしっかり入っていることを確認してから購入することが大切です。

オススメの選び方は、髪の汚れをしっかり落とす「ラウロイルメチルアラニンNa」と、ダメージを修復して、さらさら、しっとりの指触りをつくる「ベタイン系」のアミノ酸成分が含まれている商品を選択すること。

どちらの成分がかけてもだめで、2つの成分をバランスよく配合しているシャンプーを選ぶようにしてください。

敏感肌には!合成界面活性剤不使用のオーガニックシャンプーがおすすめ

お肌が敏感、使用しているシャンプーの成分が心配、という方におすすめなのが、合成界面活性剤不使用のオーガニックシャンプー。

とくに、人工の成分を一切使用せずに、石けん成分だけで作っている「石けんシャンプー」が適しています。

石けんシャンプーの弱点としては、お肌になるべくダメージを与えず、髪の汚れを落とすことを目的に作られているから、洗った後の指触りがきしきしして感じる方が多いこと。

このきしみは、石けんで洗ったことで、髪の毛が一時的にアルカリ性に傾いてしまうことが原因なので、気になる方はシャンプーの後に、弱酸性タイプのリンスやコンディショナーを併用することで解消できます。

個人的なおすすめは、蜂蜜や馬油が配合された「ネオナチュラル」の「ピュアハニーソープ」。ふわりと優しい香りが心地よく、お肌に栄養が浸透する感覚がお気に入りです。

手触りをカバーするために、ピュアハニーソープとあわせて、同店の「ヒーリングコンディショナー」を併用。

日光を長く浴びてしまったり、ヘアカラーをした直後など、とくにダメージが気になるときは、「ヒーリングコンディショナー」を多めに使用して、洗い流さず、成分が髪の奥までしっかり浸透するように、調整します。

シャンプーを変えるだけで、サラ艶ヘアーを目指せるなら、うれしいとは思いませんか?風になびく長い髪は、いつの時代も女の子の憧れです。

自分にあったオーガニックシャンプーをはじめることで、理想の髪が手に入るといいですね。

この記事をシェアする

関連記事