• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

わきの下のイヤな臭いを徹底的になくす方法

Date:2013.10.02

女性なら特に、わきの下の臭いには敏感になるものです。男性なら汗くさいのは男らいし、なんて思われることもありますが、女性にとってわきの下の臭いがするのは、恥ずかしいと感じられてしまいます。

わきの下の臭いは誰にでも多少はあるものです。しかし、臭いの強さは分かりませんね。臭いについては、周りの人も言いにくいもの。それだけに、臭っているのではないか?と気になってしまうものです。

そんなことを気にしなくてすむように、徹底的にわきの下の臭いを消すには、どうすればよいのでしょうか?

わきの下の臭いチェック

わきの下の臭いが強い場合、わきがの可能性もあります。わきがの特徴は、耳垢がしめっているということが一つ。

耳垢がしめっているということは、外耳道に臭いの原因となる、アポクリン腺があるということ。外耳道にアポクリン腺があるということは、わきの下にもアポクリン腺が多いと言えるのです。

また、服のわきの下の部分が黄ばんでいる、というのもわきがの特徴。アポクリン腺の汗には、糖質やタンパク質、鉄分、アンモニア、ピルビン酸、などいろいろな成分が含まれているので、服が黄ばんでしまうのです。

さらに、わき毛が濃い人も、わきがの可能性が強いです。一つの毛穴から、二本の毛が生えている場合、アポクリン腺が多いと考えられます。

自分に合ったデオドラントグッズを使う

わきの下の臭いを抑えるグッズにはいろいろあります。

スプレーやクリーム、ジェル、石けんなどさまざまですね。これらはわきの下の臭いの原因となる汗を抑える効果や、臭いの原因となる細菌を殺菌することで、臭いを防ぐものです。これらを使うだけでも、臭い対策にはなります。

しかし、全てが全ての人に合うとは限りません。いくつか試してみて、自分に一番合ったグッズを見つけるようにしましょう。

服で臭い対策

現在では、消臭機能のついたシャツなどが出ています。こういった服に消臭機能がついたものを利用する、というのも一つの方法ですね。または、服用の消臭スプレーを使う、という方法もあります。衣類にスプレーするだけで、臭いを防いでくれるスプレーです。

悪い汗をかかないようにする

汗腺の機能が低下していると、汗は悪い汗となり、臭いの原因になります。わきの下の臭いがある人が、悪い汗をかくと、臭いはさらにひどくなります。

悪い汗をかかないように、半身浴や運動をして、汗をどんどんかくようにしましょう。それだけでも、臭いが軽減されることがありますよ。

水分をたくさん摂る

水分をたくさん摂らないと、体は水分不足となり便秘しやすくなります。便秘をすると、腸内でも悪臭がひどくなります。それに伴い、呼気や汗腺からその臭いは分泌されてしまいます。

便秘にならないように、水分をたくさん摂ること。そして、食事には注意して、腸内環境を整え、便秘対策をすることも、臭い対策になりますよ。

アルコールの摂りすぎに注意

アルコールを摂ると、体内で分解されるときに活性酸素を発生させます。

活性酸素は体内の脂質を過酸化脂質に変えて、臭いの原因となります。さらに、アルコールが分解されるときにできるアセタルデヒドと、アセトアルデヒドが分解されてできる酢酸も臭いの原因となるのです。

アルコールの摂りすぎは、臭いの原因がたくさんできる、ということです。

抗酸化物質を多く含んだ食べ物

臭いの原因となる活性酸素。この活性酸素を体内において、少なくすることも臭い対策においては、大事なことです。活性酸素を少なくする方法としては、抗酸化物質を多く含む食べ物を食べることです。

ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、ファイトケミカルなどを積極的に摂りましょう。

酢でわきが対策

酢には活性酸素を減らす働きがあります。さらに、酢には腸内環境を整える働きがあります。最近では酢を使ったドリンクもいろいろな種類のものが出ていますね。酢そのものは飲みにくいかもしれませんが、酢ドリンクは飲みやすく、おいしいですよ。

また、酢を使った料理なども積極的に食べるようにしましょう。酢で活性酸素を減らし、腸内環境を整えることで、体内から発生する臭いを、改善していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事