• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏の暑い日も大丈夫!脇の下の汗と匂いを押さえる方法

Date:2013.07.15

汗は私たちにとって大切な役割を果たしています。汗をかくことで私たちは自分達の上がりすぎてしまった体温を下げることができ、体内の毒素を排出することができるのです。

でも、夏はじっとしていても汗がにじみ出てきてしまう季節で、本当にストレスになるほど汗をかいてしまうこともあります。特に脇の下の汗は気になりますよね。肌が合わさっている部分のため、量も多く、放っておくとにおいも出てきてしまいます。

外出先ではシャワーも浴びることもできないし、せっかくのデートも汗と匂いが気になって楽しめないなんて悲しすぎますよね。そんな汗が気になる女性に是非試していただき他、脇の下の汗とにおいを押さえる方法をこちらではご紹介していきたいと思います。

1. 水分をしっかりと摂る

冒頭でも少し触れたように、暑さで上がってしまった体温を下げるために汗をかくよう、人間の身体はできています。そこで、体温を下げた状態にするために水を沢山飲みましょう。それで汗の量が減るはずです。

トイレに行く回数は増えるかも知れませんが、水を飲むことで体内にたまってしまった毒素や老廃物を外に排出することを促してくれます。是非ちょっと身体が火照ってきたかなと思ったら水を飲むように心がけましょう。

2. 重曹

汗を止めるというとデオドラント・制汗剤を使用する方が多いかと思いますが、代わりにキッチンにある重曹を使ってみましょう。重曹は汗を吸い込んで、詰まってしまった皮膚の毛穴を綺麗にしてくれる効果があります。

つまり、毛穴の中にとどまってしまっている毒素を排出してくれるのです。でも、重曹は使いすぎると肌に悪いので、週に1、2回、どうしても汗をかく量を最小限にしたい時のみに使用することをお勧めします。

3. レモン汁

ビタミンたっぷりのさわやかなレモン汁は、実は脇の下のにおいに効果的です。レモン汁をコットンに適量たらし、脇の下にパッティングしてあげましょう。汗をかいても匂いが気にならなくなるはずです。レモン汁に含まれる酸が悪いにおいをやっつけてくれるのです。

4. カフェインを避ける

コーヒーなどカフェインを多く含んだ飲み物を飲むと目が覚めたりといった効果がありますよね。それはカフェインが神経に刺激を与えているからなのです。

実は過度のストレス、神経過敏は汗腺を刺激してしまうのです。そこで、カフェイン飲料等の刺激物避け、そしてできる限りストレスを感じないよう、リラックスをして過ごすように心がけましょう。

5. 肉よりも野菜

肉、チョコレートなどに含まれる脂質は、汗腺を刺激し、汗や匂いを増長させてしまいます。一方、繊維質の多い海藻類や野菜類は体内を綺麗にしてくれ、汗や匂いを押さえてくれます。

6. 亜鉛のサプリメント

アトピーにも効果が期待できる、ミネラルの一種である亜鉛は、脇の下の汗にも効果があります。亜鉛は不足しやすい栄養素ですので、是非サプリメントで摂取すると良いでしょう。

7. 石鹸を避ける

汗をかいてしまってにおいが気になる脇の下には石鹸でさっぱり、匂いも汗も洗い流したいですよね。でも、実は石鹸を使って脇を洗いすぎてしまうと逆効果なのです。

石鹸を脇に使いすぎてしまうことで、本来悪玉菌をやっつけて匂いを抑えてくれるはずの善玉菌までを洗い流してしまうことになるのです。

石鹸で洗うのはほどほどにして、殺菌しすぎないように気をつけましょう。また、脇専用の石鹸も売られているので、そのようなものを利用するとよいでしょう。

いかがでしょうか?色々な制汗、消臭グッズも売っていますので、ここでご紹介したような是非身体の中から汗やにおいを抑える工夫をしながら、それらも試してみても良いかもしれませんね。

まずは脇の下を清潔に保つことを心がけながら、神経質になり過ぎない程度にケアをしてあげましょう!

この記事をシェアする

関連記事