• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

止まらない咳!苦しい時に自宅で出来る咳ケアを紹介します♪

Date:2013.10.25

風邪を引いて止まらない咳を経験したことはありませんか?電車の中で「コホン」と1回したらもう止まらない咳。映画館で、やったらダメ!やったらダメだと思えば思うほど魔法のように出てくる咳。しまいには上半身が浮いてしまうほど、眠りたいのに眠らせてくれない困った咳。

私は人生で二度、一週間以上続いた激しい咳で肋骨が痛み「肋間神経痛」になってしまったり、頭が割れるような頭痛や激しい咳を耐えるために力を入れていたのであろう目(瞼)までが痛くなった経験があります。

病院に行くのが一番いい手段ですが、風邪くらいでは病院に行かないという人も多いですし、自分ではないまだ小さな子供が咳き込み始めた場合など、夜に効果的な緩和法を紹介したいと思います。

とにかく乾燥は咳の敵!マスクと洗濯物で湿度対策を

咳にもいろんな原因がありますが、湿度を上げて損をすることはありません。喉がイガイガしたらまずはうがい!そしてマスクをつけて喉を潤すことが大事です。ガムや飴を口に含むのも効果的ですよ。

そして、夜寝るときには寝室の湿度も上げること!部屋に使えるナノスチーマーなどがあればすごく便利ですよ。ちなみに私はナノスチーマーを持っていて、子供が咳込み始めて風邪の諸症状かな?と思った夜につけてあげると一発でおさまります。

なければ洗濯物が有効!寝室のあちこちに大きなバスタオルを何枚か干して湿度をあげましょう。枕元にお湯をはった洗面器を置くだけでもいいですよ。

寝る姿勢にも気をつけて!

天井を見上げるように仰向けで寝ていると不思議と咳が出やすいのです。咳に悩まされている時はなるべく寝返って横に体を倒してみましょう。出来たら心臓が上にくるように体を右に倒して寝るのがベスト!

横隔膜を開くケアをして呼吸を楽に!

咳が出るひとつの原因として、呼吸が浅く狭くなっていることが挙げられます。その呼吸を深く広くするには横隔膜を広げること。

体を平坦にして寝るのではなく、胸が大きく開くように枕を使って工夫してみたり、小さい子供だったら座布団やクッションなどを使って布団自体を上半身が少し持ち上がるようにしてあげると呼吸がずいぶん楽になりますよ。

リラクゼーションで気持ちを落ち着かせてみて

これは私の経験からです。一定の咳が何時間も止まらずに頭痛も眼球も痛くなって泣いてしまうほどツラい咳がありました。

見ている方もしてあげられることが少なくてツラいと思うのですが、そんなとき直接効くかはわからないけれどホットタオルを作って背中に当ててくれたのです。それがすごく効果的だったことを覚えています。

背中に温かいタオルをふわっと乗せてもらうと本当に心が癒されて体から力が抜けていくのがわかりました。

病院の薬を飲んでも止まらない激しい咳に体は硬くなっていたし、気持ちが相当焦っていたんだと思います。ホットタオルのリラクゼーション効果で深く呼吸をすることを体が思い出して少し楽になったので是非試してみてくださいね。

ホットタオルの作り方は、濡らして絞ったタオルを電子レンジで1分加熱するだけ!小さなお子さまにしてあげる時は熱さに気をつけて癒してあげてください。

この記事をシェアする

関連記事