• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

にがりの効果と使用時の注意点、肌に!髪に!使い道いろいろ

Date:2018.06.19

この記事のタイトルとURLをコピーする
にがりの効果と使用時の注意点、肌に!髪に!使い道いろいろ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/nigarikouka7982/


10年ほど前、にがりダイエットで注目を集めた「にがり」。にがりダイエットには科学的根拠がないことや、効果に個人差があること、お腹を壊す人がいたこと、味がまずいことなどから、次第にブームは下火になってしまいました。

でも、にがりはとにかくミネラルが豊富!ミネラルが不足しがちな現代人の強い味方!にがりをほんの数滴たらすだけで、簡単にミネラルを補給することができるのです。

また、にがりには便秘解消や美肌、美髪効果など、女性にうれしい効果もいろいろ!ブーム後もにがりを摂取し続けている人は、ダイエット以外の美容・健康目的がほとんどで、中には「白髪が黒くなった」「薄毛が改善された」という声も!

気になる効果いっぱいのにがりについて、改めて注目してみたいと思います。


海のミネラルたっぷりの「にがり」!商品購入や使用についての注意

にがりとは、海水から塩を作る際に最後に残った液体のことで、塩化マグネシウムを主成分とし、塩化カリウム、塩化カルシウム、亜鉛など、60種類以上の海洋ミネラルが含まれています。

人工的に作られたサプリメントと違って、天然のミネラルは吸収率もよく、体に優しく作用します。天然ミネラルの割に、コスト面でも優しいので、美容・健康のために利用しないのは実に勿体ないのです。

にがりは危険?にがり摂取の際の注意点

にがりダイエットがブームとなった際に、「にがりは飲むな!危険!」という記事もよく見かけました。中には根拠のない理由で批判するものもありましたが、マグネシウムの過剰摂取の危険性については、私も注意すべきであると考えています。

どんなサプリや食品にも過剰摂取問題はつきものですが、中でもにがりが危険である理由は、

  • にがりは商品によって、含有成分やその量に違いがある
  • 含有量が違えば摂取推奨量も異なるのに、「にがり」(商品の指定なし)として摂取量や摂取方法の紹介をしている記事が多い

という点にあります。

使用するにがりの含有成分表示を確かめたり、ミネラルの濃度によって、1日の推奨摂取量を計算したりすれば問題ありませんが、面倒だからとネット記事に書かれたにがりの摂取方法や摂取量をそのまま採用する人が多いのです。

にがりの主成分はマグネシウムですが、商品によってはマグネシウムの含有量がゼロひとつ違うものもあります。濃度の濃いにがりなら数滴しか入れないところを、濃度の薄いにがりでは小さじ1も入れることになります。

濃度の濃いにがり用のレシピを薄いにがりに使用しても、効き目が薄くなるだけで害はありませんが、逆の場合は問題です。

濃度が濃いにがりを、薄いにがり用の摂取量に合わせれば過剰摂取間違いなし!国が定める1日のマグネシウム推奨摂取量も、あっという間に超えてしまいます。

にがりを使用するにあたっては、成分表をチェックして自ら分量を計算するか、商品に使用する際の分量が明記されているものを選ぶようにしなければなりません。

にがりもいろいろ!購入の際にチェックしたい点

スーパーの棚にも普通に売っているにがり。いろいろなメーカーから販売されていて、どれを購入すればよいのか迷うかと思います。

おすすめしたいのは、

  • にがりの摂取方法や摂取量について明記されているもの
  • イオン交換膜透析法で作られたもの

にがりは大きな釜などで煮詰めて作る製法が有名ですが、電極を利用したフィルターでろ過する「イオン交換膜透析法」で作られたものがおすすめです。

この製法によるろ過では、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分は通しますが、ダイオキシンや重金属(水銀、砒素)など大きな分子は通しません。海の汚染物質を除去できる製法なのです。

また、苦味が強い硫酸イオンがほとんど含まれないため、飲みやすいのもうれしいです。

情報豊富でわかりやすくて安心!亀山堂の「赤いにがり」

イオン交換膜法で作られたにがりには、亀山堂の「赤いにがり」や菱塩の「五島灘の本にがり」などがありますが、我が家では亀山堂の「赤いにがり」を使っています。
亀山堂赤いにがりの写真

「亀山堂 赤いにがり1L」
http://www.kameyamado.com/content/nigari/

ボトル裏面には「成分及び重量%」という表記で成分説明がありますが、実際何グラム含まれているのか、よくわからないので亀山堂さんのサイトで確認しました。

にがりのボトルの裏面の成分表の写真

■赤いにがり成分100ml当り

にがりに含まれる成分 100ml当りの分量
塩化マグネシウム 27.5g
(マグネシウムのみ) 6.4g
カリウム 7.5g
カルシウム 5g
ナトリウム 5g

にがり100ml中にマグネシウム6400mgという高濃度です。

でも、私が亀山堂さんのにがりをおすすめするのは、ミネラルの含有量の多さだけが理由ではありません。にがりの摂取方法や摂取量について詳しく説明してくれているからです。

飲み物にも、お料理にも、スキンケアにも、お風呂にも!それぞれ、どのくらいの分量をどう使えばよいのか、ホームページや付属の説明書に載せてくれています。

注意したいのは、亀山堂さんの説明に出てくる『1滴』は「赤いにがり」に付属するミニボトルによるものです(亀山堂さんのサイトで購入するとミニボトルがついてきますが、他サイトから購入した場合は、ついていないこともあるようです)。

亀山堂さんのミニボトルの1滴は0.05ml。他のボトルの1滴とは分量が異なるので、別ボトルを使う場合はミリ換算して計りましょう。

過剰摂取しないように容量を守って!にがりの摂取方法と摂取量

にがりの成分やその分量は製造方法などにより、大きくことなることもあるため、本記事に記載する分量は、亀山堂さんの「赤いにがり」を使用した際の摂取量とします。

同製法で作られたもの、マグネシウム含有量が6400mgくらいのものは、だいたい同じ分量で大丈夫だとは思いますが、他のにがりを使用する際は、成分表示をちゃんと見て、各々算出されるようおすすめします。

にがりの摂取方法

にがりはメーカーによって味もさまざまです。ナトリウムや硫酸マグネシウムの含有量により、塩分や苦味があり飲みづらいものもあります。味が気になる場合は料理に使うなどして、摂取しやすい方法を見つけるとよいでしょう。

飲み物に数滴入れて
お水やお茶、ジュースなどに数滴垂らして飲みます。100mlの飲み物に2~3滴、1日5回程度を目安にするとよいでしょう。アルカリイオン水に入れて飲むとより効果が得られるそうです。
お米を炊くときに入れて
お米3合に10滴(0.5ml)ほど。ふっくらと艶やかに炊き上がります。
料理に入れて
調味料感覚で料理に振り入れて摂取するのもよいです。アクを取ったり、肉を柔らかくしたり、野菜の煮崩れを防いだりする効果もあります。

にがりの摂取量における注意点

にがりに一番多く含まれるマグネシウムの量で摂取量を調節します。マグネシウムの1日の摂取量は300mlくらいとされていますが、食事からの摂取も考えて、にがりによる摂取は100ml程度を目安にするとよいでしょう。

少しくらい多く摂りすぎても、腎臓の働きにより尿として排出されるので、過剰症を心配する必要はありません(腎臓に問題がある方はにがりは飲まないでくださいね!)。

ただ、摂りすぎると下痢になることがありますので、お腹が緩むようなら分量を減らすようにしてください。

マグネシウムはカルシウムとのバランスも大切です。カルシウム2対マグネシウム1のバランスで摂取すべきなのですが、にがりのカルシウム量はそんなに多くはありません。

食生活においてカルシウム量が足りていない人がにがりを飲む場合は、カルシウムの摂取も同時に心がけてください。

料理や飲み物に入れてにがりを摂取することによる効果

にがりを飲み物に入れて飲んだり、食事に入れて摂取した場合に期待できる効果について紹介します。

マグネシウムがお腹に効く!便秘解消効果

にがりに一番多く含まれるのはマグネシウムです。マグネシウムには水分を集める働きがあります。にがりを摂取することで便を柔らかくし、排便を促す作用が期待できます。

ダイエット効果

食前ににがりを飲むことで、インスリンの上昇を抑えることができるため、太りにくくなると言われています。

にがりに含まれる塩化マグネシウムは脂肪燃焼の促進や、老廃物や余分な水分の排出をする働きがあり、新陳代謝、水分代謝を活発にするため、代謝の悪い人は短期間でダイエット効果が得られることも。

ただ、飲むだけで痩せるという効果は、あまり期待しない方がよいでしょう。マグネシウムが下剤のような役目をすることで体重が減る人もいるようですが、それは一時的なもの。

運動前ににがり水を飲むなど、運動と組み合わせることで十分な燃焼効果を得られるようにしましょう。

花粉症改善

にがりに含まれるマグネシウムが腸の調子を整えることで、花粉症にも効果があると言われていますが、実際、にがりを摂取し始めてから花粉症の症状が軽くなったという声も多く寄せられているようです。

にがりはクエン酸と合わせて摂取すると効果もぐんとアップ!そこで、花粉症に効く香酸柑橘「じゃばら」とにがりを混ぜて一緒に飲むのはどうでしょう。かなりの効果が期待できそうです!

「にがりスプレー」に「にがり風呂」!にがりは飲むだけじゃない!

にがりは飲み物に数滴垂らして飲むというイメージがありますが、にがりを水で薄めて肌に直接つけたりすることでも美容効果が得られます。

にがりスプレーの作り方

にがりスプレーの写真
【用意するもの】

  • にがり
  • 精製水
  • スプレー容器
【にがりスプレーの作り方】

  1. スプレー容器に精製水100mlを入れます。
  2. にがり20滴(1ml)を入れてよく振れば出来上がり!

100倍希釈を目安にしますが、肌が丈夫な人はもう少し濃い濃度でも大丈夫なようです。様子を見ながら濃度を調整してみてください。

水は不純物を含まない精製水がおすすめですが、亀山堂さんのサイトでは「100mlの水」としか書いていないので、水道水でもよいかもしれません。

1週間程度で使い切るように、とのことなので、髪にも肌にもじゃんじゃんスプレーしましょう。1週間1本使い切ったとしても、1か月100円もかからないので贅沢使いも気になりませんよ!

にがり風呂の作り方

浴槽(150~180リットル)のお湯に、にがりコップ1杯(100~180cc)。約1000倍前後に薄めます。お家にいながら、毎日マグネシウムの温泉気分が味わえます!

毎日入るとなるとにがりもあっという間になくなりそうですが、そういう人のために、亀山堂さんでは「にがり温泉4L」「にがり温泉10L」も販売しています。こちらは飲用両用ということなので、飲み物に入れたり料理に使ったりもできますよ。

ただ、注意したいのが、にがり温泉お試し用として販売されている「にがり温泉1L」。飲用両用で1Lなら「赤いにがり」と一緒では?と思い、その違いを問い合わせたところ、「にがり温泉1L」は飲用や料理には使えないとのこと!

「にがり温泉1L」は「赤いにがり・にがり温泉4L・10L」より精製工程が1工程少ないそうです。ややこしいですね。温泉用としてにがりを購入してみたい人のための、お試し低価格版ということでしょうか。

飲食にも使いたい人は「にがり温泉1L」ではなく、「赤いにがり」で試してみてくださいね!

ミネラルを含むにがりを投入することで、気になるのが浴槽の傷みですが、亀山堂さんによれば、1000倍希釈ということで、ミネラルの量も微量。浴槽が傷む心配はないそうです。

「にがりスプレー」「にがり風呂」!にがりの外から使いで得られる効果

shutterstock_156073094 - コピー
にがりスプレーやにがり風呂など、薄めたにがり液を直接肌に浸透させた場合に期待できる効果について紹介します。

にがりのヘアケア効果!白髪・薄毛改善

にがりに含まれるマグネシウムをはじめとするミネラルは、健康な髪を育てるのにも欠かせません。にがりに含まれる以下の成分は、白髪や薄毛など、髪の健康に重要な役割を担っています。

鉄分
白髪の原因である過酸化水素を分解してくれる酵素の一つに「カタラーゼ」がありますが、カタラーゼの産出量を増やすのに鉄分が有効です。
セレン
過酸化水素を分解してくれるもう一つの酵素「GPX(グルタチオンペルオキシダーゼ)」の抗酸化システムは、セレンを原料としています。
亜鉛
直接的な働きはありませんが、間接的に過酸化水素の除去や、髪を黒くするメラニンの生成を助けてくれるので、白髪対策に有効だと言われています。また、亜鉛には髪を作るたんぱく質の吸収をサポートする働き、抜け毛の原因物質の生産を防止する働きもあります。
メラニン色素を合成するのに銅は欠かせません。また、銅不足は抜け毛の原因にもなります。
マグネシウム
「抗ストレスミネラル」と呼ばれるマグネシウムは、白髪・薄毛の原因となるストレスを軽減してくれます
カルシウム
メラニン色素を生成するには、色素細胞「メラノサイト」を活性化させる必要があります。この活性化に重要な役割を担っているのがカルシウムです。妊娠・出産を機に白髪になったという人はカルシウム不足によるところが大きいのではないかと言われています。

また、肌に潤いを与えるにがり水を頭皮に吹きかけることで、薄毛の原因とされる頭皮の乾燥を防いだり、鉄・銅・亜鉛・セレン・マンガンの活性酸素除去の働きにより老化を防いだりする効果が期待できます。

にがりを飲食により摂取することでも効果は得られるようですが、直接頭皮にスプレーすることで、より効果が期待できます。

洗髪後、髪を洗い流すときの最後のお湯ににがりを入れるという方法もあり。白髪や抜け毛防止だけでなく、髪がしっとり艶やかになるという意見も多いようです。

美肌効果

にがりスプレーを顔や首、手などにスプレーすると、しっとりきめ細やかな肌になるという声も多く聞かれます。

私もにがりスプレーがお気に入りです。スプレー直後は海水のようなベタっとした感じが気になったのですが、すぐにサラッとした手触りに!そして翌日、きめが整っている感じがして肌の調子がいい!

とても安いこともあって、全身に惜しみなく使うことができるのもうれしいところ。アレルギー持ちのせいか、肌が乾燥しがちで痒みが出ることも多いのですが、にがりスプレーをしていると保湿効果からか痒みが出ることも少なくなりました。

冬場に、にがりスプレーを使用する場合には、グリセリンなどを混ぜ合わせるとしっとりしてよいですし、いつも使っている化粧水ににがりを一滴加えて使用することで、肌の調子がぐんとよくなるという意見も多数上がっています。

シミ改善

にがりを化粧水に混ぜて使ったり、にがりスプレーを通常のお手入れの前に使うことで、シミが薄くなったり、消えたりしたという報告もあります!

肌に塗布するとともに飲食で摂取も、という体の内側外側両方から取り入れている人が多いようです。

デトックス効果

にがりには老廃物を排泄する働きもあります。デトックス効果を望むのであれば、にがり温泉がおすすめです。

にがりを入れた浴槽に、ゆっくり浸かってください。マグネシウムが肌に浸透し、詰まった汚れや垢を引き出してくれます。

また、マグネシウムの働きにより体の芯からぽかぽか。しっかり汗をかいて、体の中からきれいに!

アトピー・皮膚炎改善

にがりに多く含まれるマグネシウムには、肌の潤いを保つ働きがあります。お風呂の湯船ににがりを入れたり、にがりスプレーを肌の調子が悪い箇所にスプレーしたりすることで、アトピーや皮膚炎の症状が改善されたという報告もあります。

乾燥肌の人も、お風呂ににがりを混ぜることで、お風呂上がりの肌乾燥を防ぐことができます。

にがりもいろいろ、体質もいろいろ!自分にあった使い方を

市販されているにがりは、メーカーによりミネラルの含有量も製法も異なります。

天日干のものは硫酸マグネシウムが多く苦味がきつかったり、イオン交換膜透析法で作られているものは、硫酸カルシウムや硫酸マグネシウムなどは含まれず、硫酸イオンもほとんどない状態なので苦味が少なく飲みやすいなど、それぞれに特徴があります。

マグネシウムの含有量も濃度の濃いものから薄めのものまでさまざまですので、成分表示もしっかりと見て希釈具合を考える必要があります。

マグネシウムを多少摂りすぎても問題はないと書きましたが、だからといって原液をガブガブ飲めば命を落とすこともあります。

必要摂取量を超える量を継続して摂り続けると、高血圧や高マグネシウム血症などになる恐れがあるので、摂取量にはくれぐれも気をつけてください。

また、人によって体質も異なります。下痢をしたり、肌がヒリヒリしたりすれば、摂取しすぎ、濃度が濃すぎのサインです。様子を見ながら自分にあった適量を見つけて、上手に取り入れていってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
にがりの効果と使用時の注意点、肌に!髪に!使い道いろいろ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/nigarikouka7982/

この記事をシェアする

関連記事

コメント