• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2週間でダイエットを成功させる!無理なく健康的に痩せるコツ

Date:2018.06.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
2週間でダイエットを成功させる!無理なく健康的に痩せるコツ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/tanisyutyuudaietto6961/

大切な日までにどうしても痩せておきたい…。でもその日まで1か月を切っている!という時は焦ってしまいますよね。

焦ってつい極端な食事制限をしてしまう人も少なくありませんが、それが原因で体調を崩してしまっては元も子もありませんね。

短期間で健康的にダイエットなんて難しいと考えてしまいがちですが、2週間あれば十分に健康的にダイエットを成功させることが可能です。

そこでここでは2週間という短期間でダイエットを成功させるためのコツをご紹介します。あなたの大切な日に自信をもって臨めるように健康的な短期間のダイエットに挑戦してみましょう!


まずは目標を設定。2週間で減量できる範囲を把握する。

標準体型の人が短期間で10㎏減量する場合と、肥満度の高い人が短期間で10㎏減量する場合とではかかる負荷が変わってきますよね。

前者ではかなり頑張らなければ成果は上がりませんが、後者では比較的簡単に減量することが可能でしょう。無理をせずに短期間でダイエットを成功させるためにも、まずはあなたが、現実的にどの程度の減量が可能かということを把握する必要があります。

「肥満度」はBMIにより測定することが可能です。あなたのBMIを計算してみましょう。

BMI=体重㎏÷(身長m)²

 

BMIの数値が、高くなる程肥満度数が上がっていきます。

18.5~25未満…標準
1kg~2㎏の減量が目安
25~30未満…肥満度1
3kgから5kgの減量が目安
30~35未満…肥満度2
5kgから8kgの減量が目安
35~40未満…肥満度3 40以上は肥満度4
8㎏から10㎏の減量が目安

これらを参考にして、あなたが無理せずに頑張れるダイエットを目標に設定しましょう。

短期間ダイエットなら、食事制限&運動をセットで!

2週間という短期間でダイエットの成果をあげるためには、

  • 食事制限
  • 運動

これをセットで行うことがポイントです。

食事制限は欠かせない

短期間である場合運動だけの消費カロリーでは追い付かないため、特に食事制限は短期間ダイエットには欠かせないものです。

食事制限は面倒で、運動だけで成果を上げられたら…。と考える人もいるかもしれませんが、筋トレや運動だけで体の変化を感じるまでだいたい3か月かかると言われています。長期計画のダイエットならば問題ありませんが、短期間で痩せたい時は運動だけのダイエットでは失敗する確率が高くなってしまいます。

そのため2週間で痩せたい場合は食事制限をメインに行う方が効果的なのです。

運動をプラスすることで成功率アップ!

食事制限と一緒に有酸素運動や無酸素運動をプラスすることで、さらに成功率を上げることができます。

有酸素運動を行うことで、脂肪を燃焼させて、脂肪をため込みにくい体質を作ることができます。

また、効率的に脂肪を燃やすためにも筋肉は必要です。筋肉が少なければ脂肪も燃えにくく基礎代謝も低くなってしまいます。

無酸素運動で脂肪を燃やしやすい身体をつくり、有酸素運動で脂肪をどんどん効率的に燃やしていきましょう。

では具体的にどのようなダイエット法が短期間で成果をだすために効果的なダイエット法でしょうか。

2週間でダイエット効果を実感できる食事制限法

2週間という短期間でダイエット成果を上げるための有効な食事制限法を具体的に3つ挙げてみました。あなたの生活スタイルなどにあったものをみつけて2週間きちんと続けられる食事制限法に挑戦してみましょう。

脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープとは、何種類かの野菜をふんだんに使ってつくるスープで、野菜の酵素で体の中の毒素を排出し脂肪を燃焼さる効果があります。

野菜に含まれる食物繊維やミネラル、ビタミンを摂取することで、ダイエット中に悩まされがちが便秘を防ぐこともできます。

1日の3食をこの脂肪燃焼スープに置き換える、その他にフルーツや肉を食べる1週間限定のメニューもありますが、2週間の期間があれば

  • 夜だけスープに置き換える
  • 毎食、食事の前にスープを飲んで食べ過ぎを防ぐ

どちらかの方法がおススメです。

※脂肪燃焼スープの注意点

  • アルコールはできるだけ控える
  • 甘味料は取らない(飲み物もお茶、やブラックコーヒー、水など砂糖の入っていないものを選ぶ)
  • 夕食の前にスープを飲む場合、必ず1皿以上食べること(夕食はスープだけでもOK!)
  • 効果を得るためには1週間以上続ける
  • お腹が空いたら、スープを飲むようにする(スープならどれだけ飲んでもOK!)

以上のルールを頭に入れておくことがダイエットの成果を上げるためのポイントとなります。お米を食べる場合は、白米よりも玄米を食べるようにするとさらに効果的ですよ。

▼脂肪燃焼スープの作り方についてはコチラを参考にしてください!

脂肪燃焼スープの記事のトップ画像

炭水化物抜きダイエット

パンやパスタ、お米などの炭水化物を食べないダイエット法です。

炭水化物には糖質が多く含まれており、摂り過ぎてしまうと身体の中で使われずに余ってしまった糖質が中性脂肪として体の中に溜まっていきます。それが太る原因に繋がってしまうのです。そのため糖質が多く含まれる炭水化物を抜くことで脂肪が体の中に溜まりにくい体を作ることができます。

糖質は活動するためのエネルギー源として必要なものです。その糖質が不足することで、体脂肪がエネルギー源とて使われ、脂肪が燃焼されやすい体質へと変化することができますのです。

炭水化物だけでなく、お菓子などの甘いおやつを控えるとさらに効果的ですね。

お米やパンなどの主食が大好きだという人は少しツライダイエット法かもしれませんが、おかずは好きなものを食べられるので、空腹感は少ないダイエット法と言えるでしょう。

ファスティングダイエット

ファスティングダイエットとは、一定期間、食べ物を食べないダイエット法です。固形物を摂取しないことで、胃腸を休めることができる、代謝を上げることができるなど体の中にも良い効果があらわれます。

酵素ドリンクなどを利用して行うファスティングが人気ですが、水や野菜ジュースなどを飲む場合もあります。

しかし、間違ったやり方で行ってしまうと、思わず体調不良を起こす場合もありますので、ファスティングを始める場合はしっかりとした知識を身に着けてからルールを守って行うようにするのが成功のポイントです。

2週間でダイエット効果得る!食事制限とセットで実践したい運動方法

食事制限と一緒に運動を取り入れることでより成功率を上げることができます。以下はダイエット中におススメの運動です。是非食事制限と一緒に行ってみましょう。

消費カロリー高めの有酸素運動で脂肪の燃焼効果を得る

ウォーキングは運動が苦手だという人も手軽にできる人気の有酸素運動です。しかし、2週間という期間ではあまり効果を実感することができない運動です。

短期間で効果を実感するためにはウォーキングよりもジョギングや水泳など、消費カロリーが高めの運動がおススメです。しかし、消費カロリーが高いと言っても短い時間でさほど効果を得ることができません。どんな有酸素運動もある程度の時間継続して行うことが重要となります。

2週間で効果を得るための目安として、1日に40分~1時間の運動時間を確保するようにしたいですね。

無酸素運動も大切。スクワットなら毎日続けやすい

筋トレなどの無酸素運動と摂り入れることで筋肉量が増え、脂肪が燃えやすい体質を作ることができます。有酸素運動を効率的に行うためにも筋トレも毎日行うようにしたいですね。

胸の前にある大胸筋や、太ももの前にあるにある大腿四頭筋という大筋群から鍛えていくというのがポイントです。エネルギーを消費するために筋肉は欠かせないものです。大きい筋肉から鍛えることで、その分効率的にエネルギーを消費することがきます。

大筋群を鍛える筋トレは

  • スクワット
  • 腕立て伏せ

などです。
特にスクワットは下半身だけでなく、お腹周りや体幹までも鍛えることが出来るのでおススメです。

※スクワットを効果的に行うためのポイント

  • しゃがむ時に膝がつま先よりも前に出ないようにする。
  • 背中が丸くならないように、意識的に胸を張る

毎日少しずつでも継続して行うようにしましょう。

▼スクワットダイエットについてはこちらも参考にしてください。

スクワットダイエットの記事のトップ画像

短期間ダイエットを成功に導く!2週間で痩せるためのコツ

2週間で痩せるために必要な食事制限や運動が欠かせないものですが、それと同時に生活習慣で気を付けておきたいことや、食事方法など痩せるためのコツをつかんでダイエットの成功率をさらにアップさせましょう!

早く就寝する

十分な睡眠時間もダイエットを成功させるために実は必要なものです。起きてればその分エネルギーが消費されるからと、睡眠時間を短くするようなことは絶対にしないようにしましょう。

ダイエット中は出来るだけ早めに就寝して、最低でも7時間の睡眠時間を確保するようにしたいですね。

質の良い睡眠をとることで、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、それが代謝を促してくれます。つまり、眠っている間も脂肪燃焼されやすいということです。

また、ダイエット中は無駄に夜更かしをして、つい間食してしまうということを防ぐためにも、早めに就寝することを心掛けましょう。

極端な食事制限はNG

2週間しか時間がないからと焦って極端な食事制限をしてしまうのはNGです。

極端な食事制限で、空腹がストレスになってしまったり、体調を崩してしまったりすると、ホルモンバランスも崩が崩れ、基礎代謝も低下してしまいます。

そうなれば逆に体重が落ちにくくなってしまいます。

2週間、出来るだけストレスを感じずにダイエットを続けられることが重要ですので、あなたに合った食事制限法みつけて挑戦するようにしましょう。

野菜もしっかり食べる

炭水化物抜きダイエットをする場合、お米やパンなどお主食以外のおかずを食べることになりますが、その際お肉や魚などのタンパク質だけでなく、食物繊維が豊富に含まれている野菜もきちんと摂取するようにしましょう。

ダイエット中は食物繊維が不足して、便秘になりがちです。便秘はダイエットの敵!バランスよい食事を心掛けて便秘を防ぐにようにしたですね。

お酒、間食は控える

ダイエット中はお酒、間食に甘いお菓子などは控えるようにしましょう。お酒を飲むとどうしてもおつまみが欲しくなりますよね。お酒自体には、カロリーがほとんどないものありますが、主におつまみが太る原因となってしまいます。

また、酔うと満腹中枢が麻痺してしまうこともあり、普段食べる量よりも多く食べ過ぎてしまうということもあります。それらを防ぐためにも、ダイエット中の飲酒は出来るだけ控えたいですね。

しかし、おやつやお酒を我慢し過ぎてそれがどうしてもストレスになってしまうという場合は、おやつは一日の内で一番太りににくいとされている午後3時頃に100~200カロリー程度を摂取するようにしてください。
お酒なら、出来るだけカロリーの少ない種類を選んで、おつまみもナッツ類や枝豆、豆腐など、太りにくいものを食べるようにしましょう。

意識的に水分を摂取する

身体の中の水分は、老廃物を排出しやすくするためには必要なものです。

水分が不足してしまうと、体の中に老廃物が溜まりやすくなり、ダイエットの妨げになってしまいます。

食事制限をしていると、食事によって体の中に入れる水分が不足してしまいがちです。

そのため、水分は意識的に摂るようにしましょう。

摂取する水分は、炭酸飲料や、清涼飲料水などは避けて水や、お茶など、糖分がないものを摂るようにしてください。コーヒーならブラックを飲むようにしましょう。

運動は毎日続けて行う

運動は気が向いたとき、思いついたときだけ行うよりも、2週間毎日行うようにしましょう。

そのためにはきちんと運動する時間を確保しておくことがポイントです。

長期間計画のダイエットとは違って2週間という短期間の計画です。辛くても、「2週間だけ」と割り切って1日も無駄にしないように運動は継続して行うようにしましょう。

あまり激しすぎる運動を取り入れてしまうと2週間でも継続することが困難になってしまうこともありますので、継続するためにも自分が無理をしない程度の運動を行うようにしたいですね。

「たった2週間」のダイエット!ストイックになることも重要

大切な予定までに少しでも痩せておきたい!そんな状況は誰もが経験することでしょう。

それまでにあまり時間がなかった場合、ダイエットは無理だろうと諦めてしまうという場合も少なくありませんね。

しかし、やり方さえきちんと行えば、2週間で健康的に痩せることは可能です。

焦って無理な食事制限をしたり、激しい運動だけを続けて行ったりしてもそれは逆に遠回りになってしまいます。

2週間という短期間できちんとダイエットの成果を出すためには食事制限セットで運動を取り入ることがポイントです。

また、数か月~1年といった長期計画のダイエットと比べても2週間は短い期間です。

「2週間だけ」という気持ちもしっかりと持って、その期間中だけはある程度のストイックさも必要です。

2週間で絶対に痩せる!という強い気持ちを持ち続けて健康的に目標体重を目指していきましょう

この記事のタイトルとURLをコピーする
2週間でダイエットを成功させる!無理なく健康的に痩せるコツ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/tanisyutyuudaietto6961/

この記事をシェアする

関連記事

コメント