• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お部屋でダイエット、家にある物を使って脂肪を燃やそう!

Date:2013.06.13

ダイエットと言えば運動ですが、ジョギングやウォーキング、水泳などスポーツジムや野外で行う運動がほとんどです。ですから、仕事が忙しくて出掛ける時間が無い、出掛けることが面倒という方は長続きしないかも知れません。

今回は、お部屋にある物を使って出来る簡単なダイエット方法をご紹介します。

クッションを使ってダイエットしよう

カラフルなクッション、低反発性のクッション、マッサージ機能付きクッションなど、お部屋にあるクッションを使ってダイエットする方法をご紹介しましょう。

まずはクッションを両足首挟んで仰向けになり、足を体育座りの様に曲げます。後はクッションを落とさないように上下させるだけです。出来るだけゆっくり呼吸しながら動かすことで腹筋を鍛えつつ、脂肪を燃焼させることが出来るのでダイエットになります。

クッションを使ったこの運動が楽になってきたら、足を上げたまま数秒止めて呼吸し下ろすという風に負荷をかけていくと良いでしょう。

ペットボトルを使ってダイエットしよう

麦茶や水、ジュースなどのペットボトルはダイエットに最適なアイテムと言えるでしょう。飲み終わったペットボトルに水を注いでも良いので、まずは1本準備して下さい。

立ったまま両手で持ち上げて胸の高さで止める、再び頭の上まで持ち上げて胸の高さで止める運動を行いましょう。この際も呼吸を止めずにゆっくり動かすことがポイントです。

慣れてきたら持ち上げる時に足を伸ばし、下ろす時は足を曲げるなど体全体を使うと良いでしょう。腕の筋肉だけではなく足腰の筋肉を鍛えながら、脂肪を燃焼させることが出来ます。

布団を使ってダイエットしよう

寝る時に使っている布団を畳まず、置きっぱなしにしていることが多いと言う方は居ませんか。面倒でも布団を片付けることはダイエットになりますし、布団のカビ防止にもお勧めです。

布団一式片付けることで足腰が鍛えられますし、朝から動くことで新陳代謝が促進され目覚めにも繋がります。ベッドの場合でも、掛け布団やタオルケットなどを畳むことやシーツやカバーを定期的に取り返ることで運動になり、ダイエット効果が期待出来ます。

忙しい朝の時間に布団の片付けや寝具の交換は面倒に思われるかもしれませんが、このひと手間でダイエット出来ると考えれば無理な運動をするよりも楽ではないでしょうか。

雑巾を使ってダイエットしよう

掃除機やモップなど手軽に掃除できるアイテムが増えたことで、雑巾を使う機会が減ったかもしれませんが、雑巾は掃除だけではなくダイエットにも最適なアイテムです。床拭きや窓拭きは、足腰や腕を使うので相当のカロリーが消費されます。

例えば、床拭きの運動量は体重50kgの方なら1時間で200キロカロリー、体重50kgの方なら1時間で158キロカロリー消費出来ます。雑巾を使ったダイエットは、脂肪を燃焼させるだけではなく部屋も綺麗になるので一石二鳥と言えるでしょう。

体を動かして脂肪を燃焼させればダイエットに繋がる

今回は家にある物でダイエットする方法をご紹介しましたが、要は体を動かすと言うことです。アイテムを使わなくても腹筋や背筋などを短時間でも行うことで脂肪を燃焼させることは出来ます。

ダイエットはこれをしなければならないという決めごとによって、精神的に負担をかけることがあるので、あえて決めずに気が向いたら行うという気持ちの方が長続きするかもしれません。

布団を使ったダイエットなら「毎日ではなく2、3日に一回行えればいいな」、ペットボトルを使ったダイエットなら「ジュースを買った時だけしよう」という感じで、時間や回数をあえて決めないダイエット方法を試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事