• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

快適睡眠で美人になる方法。あなたの眠りを向上させる簡単なヒント

Date:2014.11.19

良質な睡眠が美人を作るのに大切な要素なのは、もう周知の事実。ただ眠るよりもなにか良さそうな方法ないかしら?でも面倒くさいことはしたくないわ。というレイジーなあなたにもぴったりな快眠美人になるヒントをご紹介します。

寝ながらマスクでうるツヤ美肌に

潤いチャージに、アンチエイジングに、いろんな効能を持ったシートマスクをつけたままベッドへGO!一晩中肌にのせておくことで、じっくりと有効成分が染み込んでいくとか。

ニキビに悩むあなたには、ティーツリーのエッセンシャルオイルがおすすめ。清潔な綿棒でとったティーツリーオイルをにきびにつけ、そのままおやすみなさい。

荒業としては、歯磨き粉をニキビにつけるのもあり。ただ、歯磨き粉に含まれる成分が肌を荒らすかもしれないので、使用には勇気が必要かも。

アイマスクにもこだわって

日中の激務で私たちの目はへとへと。寝ている間にしっかり目を休ませて、次の日に備えたいもの。ひんやりタイプのアイマスクや温めるタイプと、お気に入りのアイマスクを吟味してあなたの睡眠をワンランクアップさせましょう。

シルクのピローケースで目元も髪も美しく

シルクのピローケースを使うと、肌に寝跡がついたり、髪がもつれたりするのを防ぐことができます。

目の下の涙袋がむくんでいるようで気になる人は、背中に枕をあてて寝てみて。目の周りに水分がたまりすぎるのを防いでくれますよ。

言うまでもなく、最低7時間は寝てくださいね。

古風なコツも活用して

ちょっと古びたアイディアですが、これもレイジーな睡眠美女にはぴったり。髪の長い人は三つ編みにして寝ましょう。朝ほどけば、ナチュラルなウェーブのセクシーな髪型を手に入れられます。

もっとテクスチャーが欲しい人は、60%ほど乾かした時点でヘアスプレーやシーソルトスプレーをしてから三つ編みにしましょう。

かかとも寝ながらケアしましょう

特に冬になると気になるのが、かかとのがさがさ。ぬるま湯でふやかした角質を落としたら、ワセリンなどのこってり系のクリームを塗って、自然素材の靴下を履いて寝ましょう。

寝ている間に潤い成分が浸透して、がさがさかかとがだんだんと柔らかくつるんとしてきます。同じように手のガサガサもケアできます。

寝ている間に白い歯に!

おやすみ前の歯磨きには、重曹を使いましょう。清潔な歯ブラシに重曹をつけて歯に伸ばし、2分待ってよくすすぎます。

すっきりしたところで就寝すると、重曹の侵食作用により、歯のくすみがとれて白い歯を手に入れることができます。歯磨き後に何か飲んだり食べたりしない夜におすすめのケア方法です。

いかがでしたか?寝ている間も美しくなれたら、嬉しいですよね!ぜひお気に入りの睡眠グッズを揃えて、寝ながら綺麗になっちゃいましょう。

この記事をシェアする

関連記事