• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その爪見られてますよ!ネイルケアで自爪を美しく保とう

ネイルケア

自分の爪って気にした事ありますか?

手の先にある、切りすぎたら痛いし伸びすぎたら不格好なもの、という程度の認識ではとっても損をしています。

実はその爪、見られていますよ!

お金を支払う時、文字を書くとき、何かを手渡す時、自分では何も考えずその行動をとりますがされた側はじっとその手先を見ているもの。

メイクも服も髪の毛も完璧なのに爪が汚い…とても残念です。

おしゃれで仕事も出来そうな人なのに爪がボロボロ…逆剥けがいっぱい…疲れてるのかな…心配です。

爪が与える印象はとっても大事。

美しければそれだけで清潔感があり、身だしなみに気を使っているデキル女になれます。

ネイルアートやマニキュアをすれば簡単に綺麗にする事ができるかと思いがちですが、そのネイルアートやマニキュアも自爪の美しさがあってこそ!

ほら、お肌でもそうでしょう…思い浮かべて見て下さい。

すっぴんが綺麗な人ってメイクしても綺麗でしょう…羨ましいでしょう…!

すっぴんの爪が美しければそれだけで他と差をつけたも同然!ネイルアートやマニキュアの仕上がりだって見違える程綺麗になるのです。

  • じゃあ美しい爪になるにはどうしたらいいの!?
  • 何をしたらいいのか分からない!

美しい爪に大事なのはネイルケア。きちんとした手順で、爪をケアしてあげることが大切です。

でもネイルケアなんてやった事がない…初めてでも大丈夫?不器用だけど大丈夫?

大丈夫です!道具さえあれば明日からでも自分でケアする事ができますよ。

そもそも、爪って何でできてるの?

爪は表皮の角質が変化し、硬化してできた板状の皮膚の付属器官。タンパク質のケラチンで構成されています。

難しいですね?何言ってるの?って思いますね?安心してください私も思いました。

簡単に言うと、爪は皮膚の一部が硬くなってできるもの、なぜ硬くなるのかというとケラチンでできているため、と思っていただいたら十分です。

ここで爪博士になる必要はありません。
私たちが目指すのは美しい爪を作るネイルケア。爪博士じゃない。

この爪、実は水分が含まれていてその水分は環境などにとても左右されやすく、冬などの乾燥する時期には爪も硬く脆くなります。

外気の乾燥だけでなく、継続的に爪の表面を塞いでしまっても(マニキュアなどを日常的に塗る、ネイルアートをするなど)十分な水分量を失い、表面が荒れて割れやすくなる事もあります。

健康的な爪
健康な爪とはずばり、ピンク色!爪を見た時にその表面が薄いピンク色でなめらかな手触りをしていればあなたの爪は健康です。目指すはこの爪!美しい薄ピンクを保ち整える事が自爪美人への近道です。
不健康な爪
逆に不健康な爪は、爪の下の赤みが減ってしまい血色が悪くなって青白く紫色をしています。貧血の時や体温が低く血行の悪い時に見られがちです。爪自体をケアする事も大事ですが、綺麗な爪を目指すなら自分自身の体の健康にも気を遣ってあげなければいけません。

気を付けたいですね。

何のためにネイルケアをするの?

  • これまで爪のトラブルは無かったのにネイルケアをしないとダメなの?
  • 伸びてる爪を切っているだけじゃダメなの?
  • 色もピンク色だし問題無いんじゃない?

無精な私は思わず首を縦に振りそうになります。でもダメダメ。

よく爪を見て。その爪本当にそれでいいの?その爪はあなたにとって綺麗だと思えますか?

清潔感や美意識が高い印象を持たせる

前述した通り、爪は意外と人に見られているものです。異性にも同性にも。

綺麗な爪の女性を見ると「あ、爪が綺麗だ。身なりにも気を遣ってるんだな」と思いませんか?

逆に爪がガタガタでそろっていなかったり、爪の端が逆剥けていたりすると「うわっ、汚い!」と一瞬思ってしまっていませんか?

印象というのはとても大事です。

爪一つでその印象を素敵にステップアップできるなら、やらないと損!面倒くさがっている人を尻目に、自分が一皮剥けるチャンスです。

爪のトラブル

印象が上がるためのネイルケアも大事ですが、爪トラブル予防のためのネイルケアも大事です。

爪トラブルは知らないうちにやってくるもの。気付かない内に爪が割れていた!辛い!

そんな風にならないために、自分の爪の状態を把握しておくためにもネイルケアはとてもおすすめなのです。

爪のトラブルといえばよく聞くのが逆剥けや割れ爪、二枚爪など。皆さんもどれか一つ、一度は経験した事があるのではないでしょうか。

一度そうなってしまうと治りにくく、手先という頻繁に動かす場所でのトラブルという事でとても厄介ですよね。

ではその爪のトラブルと原因、その対策を見ていきましょう。

逆剥け(ささくれ) 割れ爪 二枚爪
症状 爪の端の皮膚が剥ける 爪が割れる
 裂ける
三層から成る爪の、一層と二層が剥がれる。
爪と指の隙間を見て二枚重なっているように見えたら二枚爪
原因 栄養不足
生活習慣の乱れ
乾燥
栄養不足(主にタンパク質やケイ素、亜鉛)
 乾燥や加齢(水分不足)
 健康状態やストレス
乾燥と栄養(タンパク質)不足
血行不良
対処法 決して引っ張ったり割いたりせず、ハサミで根元から切る
保湿
栄養補給
栄養補給(主にタンパク質、ケイ素、亜鉛)
保湿
ストレスなどの軽減
タンパク質やアミノ酸などの栄養補給
保湿
マッサージ

爪トラブルの原因のほとんどは栄養不足と乾燥です。

これらの予防の為にもネイルケアで保湿と栄養補給をするのがとても効果的!

面倒くさがりだけれども大丈夫?と不安に思われる方もいると思います。ですがネイルケアは毎日絶対にやらなきゃダメ!というものではありません。

習慣的に継続的に行う事が大事なのでご自分のペースでいいのですよ!

ネイルケアに必要な道具と手順

いよいよネイルケアに挑戦!気合は十分!目指せすっぴん美人爪!ではまず道具を準備しましょう。

爪を綺麗にするために必要な道具はこの七つ

  • 爪切り(爪やすり)
  • キューティクルリムーバー
  • キューティクルプッシャー
  • ガーゼ
  • バッファー
  • シャイナー
  • キューティクルオイル

聞いたことのない名前の道具も入っているかもしれません。一つずつ用途と値段をご紹介します。

爪切り(爪やすり) 100円~3,500円(こだわればそれ以上のものも)

爪の形を整えるためのものです。爪切りでお好みの爪の形を作った後、爪やすりで角ばったところを滑らかにしてもいいですし、初めから爪やすりでお好きな長さに整えてもいいです。

ご自分の使いやすい方で。

キューティクルリムーバー 600円~2,700円くらい

甘皮除去をやりやすくするために塗る除去剤です。

本来、甘皮というものは爪の根元を守ってくれる大事なものです。二種類あって、キューティクルとルースキューティクルといいます。

キューティクルは爪に細菌が入ってくるのを防いだり爪の根元を保護する役割を持っています。

ちょうど爪の根元、爪にかぶさってうっすら残っている皮の事です。

ルースキューティクルはそれ以外の、爪の表面全体にある甘皮の事。目で見えなくても必ず爪はこれで覆われています。

このスールキューティクル、爪にへばりついて爪の成長を邪魔したりささくれの原因になったりと、とっても邪魔なもの!

これを取り除くのが甘皮処理のメインになります。

キューティクルリムーバーはこの甘皮処理をとっても楽ちんに行えるスグレモノ。

爪に塗って暫く経つとルースキューティクルが浮き出てくるので、大事なキューティクルを守りながら簡単に甘皮を除去できます。

キューティクルプッシャー 300円~3,000円くらい

キューティクルリムーバーで浮かせた甘皮を取り除く道具です。これで優しく爪の表面をくるくるすると浮いた甘皮が簡単に取れます。

あると便利な番外編アイテム

オイルインキューティクルプッシャーペン 500円くらい

その名の通り、キューティクルリムーバーオイル入りのプッシャーペンです。プッシャーの先が柔らかいスポンジの様なペンになっていて、爪に押し付けるとオイルがじわっと染み出て甘皮を柔らかくしてくれます。

これ一本でリムーバーとプッシャーの二役をしてくれるのでお手軽に使えてとても便利です。

ガーゼ 100円~1,000円くらい
甘皮処理した指を優しくふき取るのに使います。
バッファー 100円~500円くらい
爪の表面の凸凹を滑らかにする道具。
シャイナー 200円~1,500円くらい
その名の通り、爪に美しいツヤを与えるための道具。トップコートやベースコートを塗らなくてもぴかぴかな自然な爪になります。
キューティクルオイル 200円~3,000円くらい
爪の保湿に使うオイル。たくさんあります。可愛いのやいい匂いのするものなど、目移りするほど。自分に合ったお好きなのを選ばれるといいでしょう。

さあ、準備は整いました。後はケアをするだけ!

道具が揃ったら、あとは爪のケアを行うだけです。

しかし、爪はとてもデリケートなものですので、力を入れ過ぎずに優しく丁寧に行いましょう。

あせらずまず爪を温める

早速爪を整え…たいところですが、まずは爪を温めましょう。

爪が硬いまま爪切りややすりを使うと爪トラブルの原因になります。相当なダメージを爪に与えてしまうので注意が必要です。

温かいお湯を入れた指が五本入る入れ物を用意して、しっかり温めて爪を柔らかくしてからケアを始めましょう。

温度はお風呂よりも少しぬるめの30度~35度くらいがベストです。

爪を整える

整えるのですから、爪の切りすぎは禁物です。

爪をまっすぐに切った後、やすりで両端を整えて、最後に全体的に一定方向にやすりをかけて、滑らかにすると簡単綺麗に整います。

やすりを使い慣れていない方はこちらがお勧め。

やすりだけでお好みの長さにしてももちろん大丈夫です。

もう一度爪を温める

やすりや爪切りを使った後は爪が乾燥しているのでもう一度爪を温めましょう。はじめと同じ様にお湯に指をひたして、しばらく温めてくださいね。

甘皮処理

十分爪が保湿されたらキューティクルリムーバーを塗りましょう。

スポイトみたいな感じなのでちょんちょんと爪にのせて、甘皮が浮いてくるまで待ちます。

しばらくして浮いて来たらキューティクルプッシャーで優しく撫でながら爪から綺麗に剥がし、ガーゼを使ってリムーバーごとふき取ってください。

甘皮をそのままにしておくと爪の水分を奪って乾燥の原因になります。面倒くさがらずに丁寧に取り除くのが大事です。

また、甘皮処理をきちんとやっていればキューティクルオイルの浸透が断然よくなって効果大!

爪が作られるところに栄養分を素早くきちんと送り届けてくれて、健康な爪が育っていきます。

もしささくれがあったらこの時点で除去をしましょう。ハサミで根元から切っておいてください。そのまま放っておくと悪化する恐れがあります。

爪の表面を整えて磨く

バッファーで爪全体を優しく整えた後、シャイナーで磨きます。

爪が薄くなってしまうのであまり磨きすぎはいけません。様子を見つつ、艶が出てきたらしつこく磨くのは止めましょう。

キューティクルオイルを塗る

では最後にたっぷりのキューティクルオイルを塗って仕上げです。

爪は生まれついて持った強さのまま、その強度が変わる事がありません。

しかし、保湿を十分に行う事で爪に弾力を持たせることができ、二枚爪や割れ爪になるのを防ぐことができます。

これはネイルケアの基本ですが、初めてネイルケアを始められる人には手順が多いし使う道具も多いし、ちょっと難しいなと感じるかもしれません。

特に慣れるまでは爪をやすりで整える事と甘皮処理に苦戦します。

かくいう私も初めはやすりをうまく使えませんでした。形を整えるはずが削りすぎてしまったり…

初めてで上の様なネイルケアはちょっとまだ無理!という方は、どれか一つを取り入れてみたらいかがでしょうか。

キューティクルオイルを塗るだけでも爪は保湿されて元気になります。やすりで整えるだけでも爪は美しく伸びます。

それでも面倒くさいならハンドクリームを塗る習慣をつける事だけでも爪の保護につながります。

自分のペースで自分のできる事からネイルケアをスタートしてみるのもいいかもしれません。

そうしたらいずれ道具が欲しくなりますので、道具をそろえたら本格的に自分でネイルケアをやりたくなります。

そこまできたらあなたはもうすでに美しい自爪を手に入れているのではないでしょうか。

足のネイルケア

もうすぐ温かくなって足元も涼やかになる季節。

サンダル、オープントゥのパンプス、素足…見せたいけれども足の爪が汚い!そんなお悩みを手よりも簡単なネイルケアでお助けします。

うっかり放っておきがちな足の爪を綺麗にお手入れして、見せつけられるような美しい爪を手に入れましょう。

それでは早速足のネイルを整えましょう

必要なものは、手の爪のネイルケアと同じなので、足の爪のために特別な何かをそろえる必要はありません。

行う時は爪の柔らかいお風呂上りがおすすめです。

爪やすりで爪を整える

手の時と一緒ですね。

でも足の爪のケアの時にはなるべく爪切りを使わない方がいいでしょう。爪切りを使うと爪を切りすぎたり爪にひびが入る原因になったりします。

爪を切りすぎると深爪になります。そしてその深爪は巻き爪(指のお肉を巻き込みながら食い込んで伸びてくる)を引き起こします。

面倒ですがやすりで爪を整えるようにしてください。

巻き爪は怖いですよ…!

特に女性はハイヒールや窮屈な靴を履く機会が多いのでリスクは男性よりも高めです。気を付けましょう。

甘皮処理

爪が整ったらキューテキクルリムーバーを塗り、キューテキクルプッシャーで甘皮処理を。

爪の先(伸びたら切る部分)から下へ向けて優しくゆっくり行ってください。ガーゼで汚れをふき取って甘皮処理は終了です。

面倒くさい人はそのまま足を洗ってもオッケーです。

保湿

キューティクルオイルを塗って十分な保湿を。

足のネイルケアは足の臭いの予防や巻き爪の予防にも繋がります。

手のネイルケアを始めようと思われてる方は是非そろえて足のネイルケアにも挑戦してください!

ネイルサロンのネイルケア

ネイルケア、自分の家でもできるけれどプロは一体どういった事をしてくれるのか…
気になりますね!?

大体の手順は同じです。でも違うんです。

ネイルケアをお仕事にしている「プロ」ですからその技ははやり目を見張るもの。自己流では手が届かないところまできちんとケアしてくれます。

そしてそのケアに使われるクリームやオイルなどはサロン仕様。一度は体験してみたいもの。

まずは予約を

サロンは基本予約制です。狙いのサロンに予約を取りましょう。

最初はドキドキしますが、けれど勇気を振り絞って電話をかけるのです。

今ではメールで予約を受け付けているところが多いので、知らない人といきなりしゃべるのはちょっと…という人はメールで予約を取ってもいいですね。

ちなみに私はメール予約をしようと文章を作っていたら面倒くさくなったので最終的には電話をかける派です。

大丈夫、サロンのお姉さんはびっくりするほど優しい。

サロンに来店

ネイルサロンに行くために、特別な準備は必要ありません。

ただ爪を少し(三ミリから五ミリほど)伸ばしてから行くと、自分好みの爪の形を作ってもらいやすいです。

施術が行えないのでマニキュアやジェルネイルなどはオフしてから行きましょう。

コース選び

サロンごとに沢山のコースがあります。

基本のネイルケアに加えて、マッサージをしてくれたり爪の仕上がりをこだわれたり。

これは個人の好みなので事前にじっくり悩んでから予約しましょう。

でも私は初心者!どれがいいのかすら分からない!という人は、お店にお勧めのコースを聞いてみるといいです。

大体がリーズナブルで多くの人がまず初めに選ぶコースですから、間違いはありません。

施術の時間と料金

初めてサロンを訪れた時のカウンセリング、基本のネイルケア、マッサージなどを行って一時間3000円くらいからが目安。

時間が長くなるごとにお値段が上がって最終的に一時間半8000円くらいまでが相場です。

初めはそんなに沢山のケアは必要ないなと思ったら、一番お手頃な値段から始めてみてはどうでしょう。

健康的で美しい爪を作りましょう

自宅でやるネイルケアもサロンで施術してもらうネイルケアも目的は同じです。それは健康的で美しい爪を育てる事。

始めるのは気持ち次第。意識するだけでもいいんです。じっと爪を見て爪の変化に気づく事ができただけでもそれは立派なネイルケア。

そこにもう一つ、特別なケア(オイルや爪の整え)などを取り入れたら自分が思っている以上の変化を手に入れる事が出来るはず。

見違えるような爪になったら、もう爪を切っていただけの頃には戻れませんよ!